桑田 恭 のすべての投稿

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:2019年3月 消費者マインド18ヶ月ぶりの低水準

2019年3月 消費者マインド18ヶ月ぶりの低水準

” ウエストパック・メルボルン研究所は13日、オーストラリアの3月の消費者マインドが、前月の103.8ポイントから4.8%下落の98.8ポイントとなったと発表した。

2018年は「慎重だが楽観的な」消費者の傾向が続いていたが、指数が100ポイントを切る「悲観」に転じ、18カ月ぶりの低水準に落ち込んだ。

消費者マインド指数は約1,200人を対象に、個人の財政状態や景況感、出費状況などについての質問から割り出した経済指標。

100ポイントを超えた場合は「楽観」が「悲観」を上回り、100ポイント未満は「悲観」が「楽観」を上回っていることを示す。調査は今月4〜8日に実施した。

主要指標は全て悪化した。家計への信頼感は、「前年比の家計」が5.6%、「今後12カ月の家計見通し」が5.9%、それぞれ悪化したほか、「今後12カ月の経済見通し」も6.9%、「今後5年間の経済見通し」も5.5%、悪化した。

今後12カ月間の失業者数の増加見込みを示す失業予測指数は、前月比8.9%上昇の130.6ポイントとなった。

一方で「住宅の買い時」は3.5%改善の116.6ポイントとなり、住宅価格予想指数は2.7%悪化の85.4ポイントだった。

ウエストパック銀行のエコノミストは、国内総生産(GDP)成長率がオーストラリア連邦準備銀行(RBA)の見通しよりも減速しており、

多くのメディアが景気後退と報道したことが消費者に影響を与えたとの見方を示した。

また政策金利については、RBAが19年末までに8月から段階的に利下げを行うと予想している。”(出典:NNA ASIA

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:2019年3月 消費者マインド18ヶ月ぶりの低水準

J-WAVEな日々に魅了された曲紹介 PART 71 〜 Giovanca, Joss Stone & Jamie Cullum

J-WAVEを日中のBGMとしている「!」となった曲紹介の第71弾.-

最初は、アップテンポにスタリッシュな感じが心地良い

 GIOVANCA – ALL COLOURFUL

Giovancaのナンバー♪

真正面から聴かせてくるVocalに聴きやすきサウンドに、(歌詞で歌われている内容は?ながら)春到来にフィットする一曲です。

続いては

続きを読む J-WAVEな日々に魅了された曲紹介 PART 71 〜 Giovanca, Joss Stone & Jamie Cullum

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:「デスメタルファンはいい人」マッコーリー大学研究チーム

「デスメタルファンはいい人」マッコーリー大学研究チーム

” オーストラリアのマッコーリー大学の研究チームによる新しい研究によると「デスメタルはリスナーを暴力的にしない、喜びやうれしさを刺激する」とのこと。

英BBCニュースによると、ビル・トンプソン教授と彼の研究スタッフによって実施されたこの研究には、デスメタル・ファン32人とデスメタルのファンではない48人が参加。

各参加者は、左右の眼で異なる画像(暴力的な画像と非暴力的な画像)を見ながら、ヘッドフォンでファレル・ウィリアムスの「Happy」、またはスウェーデンのデスメタル・バンド、ブラッドバス(BLOODBATH)の「Eaten」を聴くように依頼されています。

この研究は「両眼視野闘争」と呼ばれる現象を利用したもの。「両眼視野闘争」は、右眼と左眼のそれぞれに別々の画像を見せたときに、

その見えは両者が混ざったようなものではなくて、右眼に呈示しているものと左眼に呈示しているものとが時間的に交互に現れる、という現象です。

同研究チームによると、このようなテストが行われた場合、参加者は暴力的な画像をより多く見る傾向があるという事実があります。

今回の研究の結果でも、参加者はデスメタルのファンである/ないは関係なく、同じように暴力的な画像をより多く見る傾向があり、その判断はファンである人も、ファンではない人も同じように反応しています。

トンプソン教授は「この音楽に対する主な感情的反応は、喜びとエンパワーメント(自信を与えること)です。

この音楽を聴いてそれを力強く素晴らしい体験に変えることができると思います」と語っています。

また教授は「(デスメタル)ファンは、いい人」「彼らは誰かを傷つけることはない」とBBCに語っています。

ブラッドバスのリードシンガーNick HolmesはBBCに「驚いたことはない」と語っています。

「デスメタル・ファンの大多数は、音楽に情熱を持っている知的で思慮深い人たちだ」「ホラー映画などに夢中になっている人々と同じ」と語っています。”(出典:amass

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:「デスメタルファンはいい人」マッコーリー大学研究チーム

スティーヴ・ルカサーが赤裸々に振り返った光と影:『スティーヴ・ルカサー自伝 福音書ーTOTOと時代の「音」を作った男たち』中間記 ①

『スティーヴ・ルカサー自伝  福音書ーTOTOと時代の「音」を作った男たち』を読み始めて

27章(+α)あるうち第10章(幼少期から「ロザーナ」がスマッシュヒットする手前)まで読み終えたので、一旦整理。

先月(2月)に出たトーク&サイン会👇の

<< 2019年2月20日投稿:画像は記事にリンク >> 『スティーヴ・ルカサー 自伝』刊行記念:スティーヴ・ルカサー トーク&サイン会 参加記

イベント対象書籍として入手していた一冊で、

その際「人生はいいことばかりじゃないし、無茶も散々してきたし、ダークなことも含めて正直に書いた」といった発言をスティーヴ・ルカサーがしていましたが、

その通り!赤裸々。見事、口述筆記が分かる語り口調(笑)で、

続きを読む スティーヴ・ルカサーが赤裸々に振り返った光と影:『スティーヴ・ルカサー自伝 福音書ーTOTOと時代の「音」を作った男たち』中間記 ①

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:感動を呼んだメルボルン ヴィクトリーのサンフレッチェ広島戦後のロッカールーム

感動を呼んだメルボルン ヴィクトリーのサンフレッチェ広島戦後のロッカールーム

” 元日本代表の本田圭佑が所属するメルボルン・ヴィクトリーの行動に、注目が集まっている。

3月12日、アジア・チャンピオンズリーグのグループステージ2節が広島広域公園陸上競技場で行なわれ、サンフレッチェ広島がメルボルン・Vに2-1で勝利した。

日本サッカー界のカリスマを一目見ようと、高い関心が寄せられていたこの一戦。

前売り券は完売し、試合前から平日のゲームとは思えないほどの盛り上がりを見せた。チームは敗れたものの、

本田は一時同点に追いつくファインゴールを決めるなど、多くのファンにその健在ぶりをアピールした。

そして試合後、メルボルン・Vが示した振る舞いが話題を呼んだのだ。

2016年に現役を退いた広島OBの森﨑浩司氏が、自身のツイッターを更新。

投稿したのは、綺麗さっぱりに清掃されたメルボルン・Vのロッカールーム画像だった。

「メルボルン・ヴィクトリーは素晴らしいチームです。また会いましょう」とのメッセージが添えられている。

据え置かれたホワイトボードには、メルボルン・Vからのメッセージが。

「サンフレッチェの皆さん。とてもすばらしいおもてなし、ありがとうございました! また、メルボルンでお会いしましょう!Thank you Very much!! メルボルンビクトリー一同」と、感動的な言葉が記されている。

もしかしたらこれは、本田の筆致かもしれない。

この投稿には数多くのフォロワーが賛辞を贈り、すでに1500件近いリツイートと、4,000件を超える「いいね」が付けられている。”(出典:SOCCER DIGEST Web

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:感動を呼んだメルボルン ヴィクトリーのサンフレッチェ広島戦後のロッカールーム

小泉純一郎元首相が説く原発ゼロへの思い:小泉純一郎講演会「3.11から8年 日本の歩むべき道」参加記

昨年(2018年)末、初の著書『原発ゼロ、やればできる』を上梓された

小泉純一郎元首相の

会場ば文京シビック大ホール

「3.11から8年  日本の歩むべき道」と題された講演会に参加。

週初め、ウーマンラッシュアワー村本大輔さんとの対談の模様が、インターネットで流され、

出典:AERA dot.(画像は記事にリンク)

「他にないのかな?」と情報を検索していた際に見つけていた次第。

3.11以降の原子力発電

開場前から長蛇の列が出来るほどの盛況ぶりでしたが、小泉純一郎元首相は「風邪をひきまして・・」とのことで、往年のお馴染みのテンションではなく控えめな感じで講演は進行。

続きを読む 小泉純一郎元首相が説く原発ゼロへの思い:小泉純一郎講演会「3.11から8年 日本の歩むべき道」参加記

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:メルボルンヴィクトリー、サンフレッチェ広島に惜敗(ACL)

メルボルンヴィクトリー、サンフレッチェ広島に惜敗(ACL)

 ” 元日本代表MF本田圭佑が先発したメルボルンV(オーストラリア)は広島に1―2で敗れた。

前半3分に広島FWパトリックが右サイドを突破し、クロスをMF東俊希が押し込んで先制。

後半26分に本田が右サイドからのグラウンダーのクロスに滑り込みながら左足を合わせて同点弾を決めたが、同41分にFW渡大生に決勝点を与えた。

本田は名古屋時代の2007年以来となるJクラブとの対戦で凱旋(がいせん)ゴールを決めるなど躍動したが、チームを勝利に導くことはできず。

初のアジア制覇を目指すメルボルンVは2試合を終えて勝ち点0と厳しい船出となった。

本田は「勝ちに来たので、実現できなくて残念。残り4試合あるので全勝するつもりでプレーしていく。

まだまだ伸びしろはあると思っているので、向上心を持って励んでいきたい」と話した。”(出典:スポーツ報知

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:メルボルンヴィクトリー、サンフレッチェ広島に惜敗(ACL)

五木寛之さんが振り返った半世紀以上に及ぶ作家としての軌跡:『作家のおしごと』読了

作家 五木寛之さんの『作家のおしごと』を読了。

(2019年)1月に開催された👇

<< 2019年1月26日投稿:画像は記事にリンク >> 五木寛之さんが語った「作家のおしごと」:『作家のおしごと』刊行記念トークイベント 参加記

本書の刊行記念トークイベントの対象書籍として入手していたもの。

カテゴリー別に振り返る五木寛之史

書店に立ち寄って著作の数多さを実感させられずにはいられない五木寛之さんをして

” 仕事となれば、苦しいこともあり、思うようにならないこともある。それでもいつか自分の好きなように一冊の本を作りたいという夢は、心のどこかに抱いているものです。

この『作家のおしごと』は、そんな勝手な夢を現実のものとすることができた思いがけない一冊でした。”(p320)

との自負が綴られている快心作で、

第一部/モノローグ

 1 作家のおしごとについて

 2 ぼくの目指してきたもの

 3 長く続ける中で考えてきたこと

第二部/実践編

 1 対談について

 2 あそび(ギャンブル)について

 3 歌・作詞について

 4 解説について

 5 インタビュー・写真について

 6 コラム(雑文)・連載・思い出の記について

 7 「あとがき」について

 8 講演について

 9 ロシア文学について

  10    紀行について

という目次立てのもと、

続きを読む 五木寛之さんが振り返った半世紀以上に及ぶ作家としての軌跡:『作家のおしごと』読了