J-WAVEな日々に魅了された曲紹介 PART 58 〜 Mime, JERU THE DAMAJA & Everything But The Girl

J-WAVEを日中のBGMとしている日々に「!」となった曲紹介の第58弾.-

最初は、スケール感漂うイントロ(ダクション)に引き込まれていく

 Mime – Driftin’(Official Music Video)

Mimeのナンバー♪

歌が始まるとタメの効いた曲調に日本語がのり、ギターサウンドに間奏のソロパートなど随所に印象に残るパートが点在 ^^

続いては

ヒップホップにピアノサウンドが印象的に絡む

 Jeru The Damaja – Me Or The Papes 

Jeru The Damajaのナンバー ^o^♪

どこぞRobert Glasper的フレーバーを感じましたが、

普段、自分で好んで選曲するタイプのジャンルでない分、たまに聴く新鮮さはあり、余韻を引きづることの一例であるように。

ラストは、再び女性Vocal曲で

 Everything But The Girl – Driving

Everything But The Girl.

切なさに淡々とクールダウンしていく感じに、何とも ^〜^♪ 今回は(Mimeの)新曲に、2曲は1990年代に遡ることになりました〜


Comments

comments