「Australia:オーストラリア」カテゴリーアーカイブ

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:サメ襲撃による死者7人、86年ぶりの多さ

サメ襲撃による死者7人、86年ぶりの多さ

” オーストラリアの西オーストラリア州で、サーファーの男性がサメに襲われて行方不明になった。

当局はドローンや船舶を使って上空と海上で捜索を行い、救急隊は海岸で待機した。

数日後に男性のサーフボードは発見されたが、男性は見つからなかった。

サメの襲撃による犠牲者は、今年に入ってこれで7人目。1934年以来、86年ぶりの多さだった。

サメの襲撃は東海岸のクイーンズランド州やニューサウスウェールズ州、南部のタスマニア州などオーストラリア各地で発生している。

このうち1月にスキューバダイビングをしていてサメに襲われたとみられる男性は、行方不明になったまま今も発見されていない。

2019年にオーストラリアでサメに襲われて死亡した人は皆無だった。

それ以前は50年もの間、年間の死者は平均で1~2人にとどまっており、7人の死者が出たのは1984年以来。最も死者が多かったのは1929年の9人だった。

ただし人がサメに襲われる件数が今年に入って急増したわけではない。

今年、人がサメに襲われた件数は21件で、これは前年までと変わっていない。違いは死者の数にある。

その理由についてはさまざまな説があり、気候変動が影響を及ぼしている可能性もある。

海洋の温度が上がると生態系が破壊されて順応を強いられる。魚はそれまで生息したことのなかった場所に移動し、種の行動は変化する。

海洋の環境が変われば、サメは獲物を追って人の多い海岸近くに移動する。

オーストラリアは気候変動の影響で大規模な山火事が発生し、極端な熱波や史上最悪級の干ばつに見舞われている。

海洋も酸性化や気温上昇で生態系が壊滅的な影響を受ける。

特にオーストラリア南東部は気候変動の最前線にあり、海面付近は世界平均の約4倍のペースで温暖化している。”(出典:CNN.co.jp via livedoor NEWS

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:サメ襲撃による死者7人、86年ぶりの多さ

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ワラビーズ、オールブラックスに7-27で屈す(2020ブレディスローカップ第2戦)

ワラビーズ、オールブラックスに7-27で屈す(2020ブレディスローカップ第2戦)

” ニュージーランドとオーストラリアのラグビー対抗戦「ブレディスローカップ(Bledisloe Cup)」第2戦が18日、ニュージーランド・オークランド(Auckland)で行われ、オールブラックス(All Blacks、ニュージーランド代表の愛称)が27-7の快勝を収めた。

ウイングのケイレブ・クラーク(Caleb Clarke)が先発デビュー戦で鮮烈なプレーを見せたオールブラックスは、積極的な戦いで後半に相手を圧倒。引き分けに終わった前週の第1戦に対する批判に回答を出した。

16-16の劇的なドローに終わった初戦を経て、オールブラックスは10-7とリードして前半を終えると、迎えた後半は立て続けの3トライで17点を奪取し、相手には1点も許さずに快勝を収めた。

チームがフィジカルの強さと団結力を改めて示す中で、ウイングのクラークはボールを持つたびに観客に期待を抱かせる猛烈なプレーで相手の守備をなぎ倒し、ジョナ・ロムー(Jonah Lomu)氏を思わせる先発デビューを飾った。

オールブラックスがブレディスローカップ初戦で敗戦か引き分けに終わり、次の試合ですぐさま勝利するのは珍しいことではない。

主将のサム・ケイン(Sam Cane)は、「厳しい試合だったが、めちゃくちゃうれしい」「多くの面でかなり新しい陣容だから、今週は相当なプレッシャーがあった。

プランを貫いた自分たちを誇らしく思う」「本当にハードワークして、最後にはなんとか相手を打ち破ることができた」とコメントした。

4トライを挙げて勝利したオールブラックスは、イーデン・パーク(Eden Park)での驚異的な戦績をさらに更新し、1994年以降のテストマッチ無敗は44試合に伸びている。

逆にワラビー(Wallabies、オーストラリア代表の愛称)は、同地で1986年を最後に1回も勝てていない。

豪主将のマイケル・フーパー(Michael Hooper)は「今週は相手の方が上手だった。プレーのレベルを上げ、こちらを上回った」「この後はホームへ戻り、数日オフを取ってから再集合する。知っての通り、われわれは発展途上のチームだ。

きょうは少し自信を砕かれたが、また前に進むだけだ」と話した。

オールブラックスは、オーストラリアに場所を移して行われる残りブレディスローカップ2試合のうち、1試合に勝てば2003年から保持しているカップの獲得が決まる。

こちらの2試合は、南アフリカが出場を辞退して3か国対抗戦となったザ・ラグビーチャンピオンシップ(The Rugby Championship 2020)の試合も兼ねる。”(出典:JIJI.COM via Yahoo! JAPAN

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ワラビーズ、オールブラックスに7-27で屈す(2020ブレディスローカップ第2戦)

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:グレートバリアリーフでサンゴ礁の生息、20年間で半減

グレートバリアリーフでサンゴ礁の生息、20年間で半減

” オーストラリアの研究機関「ARCサンゴ礁研究所」は、東部沿岸に広がる世界最大のサンゴ礁グレートバリアリーフで、生息するサンゴが1995年からの約20年間に半減したとの調査結果を発表した。

気候変動の影響で頻発する白化現象などが原因としており、生息減によってサンゴの回復力も損なわれたと警告している。

14日付の発表によれば、調査チームは95~2017年の期間を対象に、全長2300キロにわたるグレートバリアリーフに生息するサンゴの規模などを比較。

枝状やテーブル型のサンゴを中心に「ほぼ全ての種類のサンゴで(生息の)減少が起きた」ことが分かった。

特にサンゴの体内から藻類が抜ける白化現象が16、17両年に大規模に発生したことで、サンゴの生息に過去最悪の打撃を与えたという。

白化現象は海水面温度が上昇した今年初めにも発生したことが確認されている。

調査に参加したテリー・ヒューズ教授は「今回の結果は、世界最大で比較的しっかりと守られたサンゴ礁でさえも次第に損なわれ、減少していることを示している」と指摘した。”(出典:JIJI.COM via Yahoo! JAPAN

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:グレートバリアリーフでサンゴ礁の生息、20年間で半減

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:シドニー、メルボルンの2020年第2四半期の集合住宅賃料、大幅下落

シドニー、メルボルンの2020年第2四半期の集合住宅賃料、大幅下落

” オーストラリアの第2四半期(7~9月)の集合住宅賃料が、シドニーとメルボルンで大きく下落したことが不動産情報ドメイン・グループの調べで分かった。

一方で2大都市以外では、戸建て住宅賃料と集合住宅賃料共に上昇している。15日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビュー(AFR)などが伝えた。

シドニーでは、集合住宅賃料の提示価格中央値は前年同期比4.8%下落の週495豪ドル(約3万7,200円)と、6年来の低水準となった。

下がっているのは市内中心部で、パラマタやサザランド、セントラルコーストなどは賃料は横ばいとなっている。

メルボルンでは、8月からのロックダウン(都市封鎖)を受け、2004年以来の下げ幅となる同4.8%下落の400豪ドルと、初めてホバートと同水準となった。

ドメインのシニア・リサーチ・アナリスト、パウエル氏は、「移民と留学生の増減に影響を受けやすい2大都市のインナーシティー地区で賃料が下がっている。特にメルボルンでは空室の賃貸物件が3月から倍増した」と述べた。

また、広さを求めて中心部から少し離れた地区や郊外で戸建て物件を探す傾向が増えているとした。

規模別の戸建て住宅賃料では、寝室4部屋の住宅賃料が最も上昇したという。

一方、シドニーとメルボルン以外では集合住宅賃料は上昇。ブリスベンやアデレードでは提示価格中央値が過去最高となっている。”(出典:NNA ASIA

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:シドニー、メルボルンの2020年第2四半期の集合住宅賃料、大幅下落

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:失業率 − 2020年9月

失業率 − 2020年9月

” オーストラリア統計局が15日発表した9月の失業率は6.9%と、前月の6.8%から小幅悪化した。ただ、エコノミスト予想中央値の7%は若干下回った。

新型コロナウイルス感染拡大を受けたビクトリア州のロックダウン(都市封鎖)が、労働市場の改善に水を差した。

一方、同州以外の地域は経済回復に伴い雇用情勢も改善されつつある。

9月の雇用者数は前月比2万9,500人減と、4カ月ぶりのマイナスとなった。減少幅はエコノミスト予想の4万人より少なかった。
内訳はフルタイム雇用者数が2万100人減、パートタイム雇用者数は9,400人減。労働参加率は64.8%と、前月から低下した。
豪統計局の雇用統計責任者、ビョルン・ジャービス氏は「ビクトリア州の雇用は8月の3万7,000人減に続き、3万6,000人減少した」とした上で、
9月のデータは、同州の厳しいロックダウン措置に伴う労働市場への影響をさらに裏付けると指摘した。”(出典:Bloomberg

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:失業率 − 2020年9月

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ニューサウスウェールズ州で再び感染拡大の緊張感高まる

ニューサウスウェールズ州で再び感染拡大の緊張感高まる

” シドニー都市圏南西部、西部でコロナウイルス陽性者が増えつつあることに危機感を持ったNSW州政府は、10月14日には、「NSW州は再びアウトブレークの危機」と訴え、予定していた社会規制の段階的緩和を延期すると発表した。シドニー・モーニング・ヘラルド紙(SMH、電子版)が伝えた。

7月にはシドニー都市圏南西部カシュラ地区のパブ、クロスローズ・ホテルで、メルボルンのトラック運転手から感染が広がり、シドニー市内ポッツ・ポイントのレストランにも飛び火していくつものクラスターが発生したばかり。

今度は、ラケンバでメディカル・センターなどを中心にクラスターが発生しており、グラディス・ベレジクリアン州首相は、「7月と同様のブレークアウトになりかねない」と語っている。

14日、ケリー・チャント主席医務官は、「13日午後8時までの24時間にホテル隔離の海外帰国者3人と市中感染の12人が新たに陽性者と判定された」と発表した。

VIC州では同じ24時間に新陽性者は7人、死者は5人と発表している。

NSW州では15日の統計に繰り込まれる14日午後にオーバーン市の数学塾Al-Jabr-A Different Class of Mathematicsとパラマッタ市のACE Tutoringの関係者にコロナウイルス警報が出されている。

また、マウント・ドルイッドのウェストフィールド・ショッピング・センターも10月12日昼頃に感染者が来場していたことが確認され、警報が出されている。

チャント主席医務官は、「NSW州は危機的な段階にあるが、14日発表の市中感染はいずれも感染源のクラスターが明らかになっていることは助かる。

しかし、これまでの感染の広がりはウイルスが社会のあらゆるところに潜んでいることを教えている。このような感染の連鎖を早めに発見することが大事だ」と語っている。

ベレジクリアン州首相とブラッド・ハザード保健相は、「毎日の検査件数が十分な大きさになっておらず、懸念される」として、予定されていた規制緩和の延期を発表している。”(出典:NICHIGO PRESS

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ニューサウスウェールズ州で再び感染拡大の緊張感高まる

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:CSIRO、新型コロナウイルスがスマホ画面やお札に最大4週間残存との研究結果発表

CSIRO、新型コロナウイルスがスマホ画面やお札に最大4週間残存との研究結果発表

” オーストラリアの連邦科学産業研究機構(CSIRO)は12日、新型コロナウイルスがスマートフォンの画面やお札などに付着した後も、最大4週間にわたり残存することができると結論付けた研究成果を発表した。

一般に考えられている期間よりも長いとしており、研究チームは「定期的な手洗いや表面の掃除などの必要性が強まった」と説明している。

それによると、通常の室温に近い20度の暗室で実験したところ、ウイルスは非常に強く、ガラスやステンレス鋼、お札などなめらかな表面上では28日間残存した。

これはインフルエンザのA型ウイルスの17日間を大きく上回っている。”(出典:時事通信社 via Yahoo! JAPAN

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:CSIRO、新型コロナウイルスがスマホ画面やお札に最大4週間残存との研究結果発表

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:クレジットカード債務残高、2004年以来の低水準

クレジットカード債務残高、2004年以来の低水準

” オーストラリアのクレジットカード債務の残高が206億豪ドル(約1兆5,720億円)と2004年以降の最低水準になったことが、オーストラリア連邦準備銀行(RBA)の統計で分かった。

オーストラリア人の多くがクレジットカードから「即購入、後払い(BNPL)」などのサービスに切り替えたのが理由とみられる。オーストラリアンなどが伝えた。

RBAによれば、国内のクレジットカードの口座の数は、新型コロナウイルスの感染拡大が始まる以前の今年3月時点には1,364万1,553だったが、8月には1,305万7,684と4.3%減少し、2008年4月以降で最少となった。

クレジットカードの債務残高は、同期間に270億豪ドルから63億豪ドル(23.5%)減少した。

8月の債務残高は7月と比べて8億3,100万豪ドル(3.9%)減少している。

金融サービス比較サイトのレートシティー(RateCity)のティンドール調査部長は、クレジットカード債務の1カ月当たりの総返済額は5月の16億豪ドルをピークに下降していると述べた。

同部長は、多くの人々がクレジットカードに背を向けており、口座の数も急減していると指摘。

プロバイダーはクレジットカードの全盛期が終わったことを認識しており、BNPL市場への参入の可能性を探っているが、すでに手遅れである可能性があると述べている。

市場調査会社キャンスターの財務専門家のミッケンベッカー氏は、財政的に圧力が高まっている新型コロナの感染流行の間にクレジットカードの債務残高が減少を続けたことは驚くべきことだとした上で、

オーストラリア人が厳しい時期に備えていることの表れだと指摘している。”(出典:NNA ASIA

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:クレジットカード債務残高、2004年以来の低水準