「Australia:オーストラリア」カテゴリーアーカイブ

オーストラリア ライフスタイル & ビジネス研究所:連邦政府、美容室の「接客30分ルール」を撤回

連邦政府、美容室の「接客30分ルール」を撤回

” オーストラリア政府は、新型コロナウイルス対策として美容院の接客時間を30分に制限した。ところが強い反発を招き、早々にこれを撤回した。

スコット・モリソン豪首相は24日、図書館や美術館の閉鎖などの規制を翌25日から導入すると発表した。

これに伴って多くの商店が閉鎖となるなか、美容院や理髪店は社会的距離を取り、店内の客数を制限し、接客時間を1人につき30分に限定する場合は営業を続けられるとされた。

ところがこの「30分ルール」に批判が噴出。政府は26日、これを取り下げた。

オーストラリアでは、新型ウイルスによる感染症の死者は13人に上っている。感染の流行中は、全ての美容院や理髪店を閉鎖するよう求める声も上がっている。

客と距離を保つのは「不可能」

接客時間の制限はなくなったが、「1人につき4平方メートル」の空間を確保するという条件は残っており、店舗はこれを守らなくてはならない。

美容院チェーン「ジャスト・カッツ」のデニス・マクファデン最高経営責任者は、社会的距離を保つのは不可能だと述べた。

「もう政府には私たちを閉鎖してもらうしかない」

マクファデン氏は、「筋が通る話だろうか? 私は今、客の髪を触っている。私たちのスタイリストは毎日こうしている」と、自社店舗の1つで撮影した動画で説明。

また、全ての美容院の閉鎖を決めない限り、従業員の生活を守るための対策が取れないと付け加えた。

そして、「閉鎖となれば、従業員にはセーフティーネット(安全網)が用意されるだろうし、私たちが払うことになる賃料について家主が同情してくれるかもしれない」と述べた。

「州や連邦政府には、これが危険なことだと考えてもらいたい」

一方、南アフリカの美容師は25日、医師による自主隔離命令に従わなかったとして、殺人未遂罪で訴追された。”(出典:BBC NEWS JAPAN

続きを読む オーストラリア ライフスタイル & ビジネス研究所:連邦政府、美容室の「接客30分ルール」を撤回

オーストラリア ライフスタイル & ビジネス研究所:トム・ハンクス夫妻 ロサンゼルスに帰宅

トム・ハンクス夫妻 ロサンゼルスに帰宅

” 今月上旬に、訪問先のオーストラリアで新型コロナウイルス感染を公表していた俳優のトム・ハンクス(63)と、妻で女優・プロデューサーのリタ・ウィルソン(63)が快復し、アメリカ・ロサンゼルスの自宅に戻った。

トムとリタは、新作映画の撮影準備のため訪れていたオーストラリアで感染が発覚。Instagramなどで状況を報告していた。

その後、現地で数週間にわたる隔離を経て、このほど、プライベートジェットでロサンゼルスに戻ったという。

Page Six は、ロサンゼルスに到着したトムが、お祝いのダンスをしながらターミナルに入る様子を伝えている。

ハンクス夫妻は、バズ・ラーマン監督のエルヴィス・プレスリーを題材にした映画のためオーストラリア入り。

トムはプレスリーの長年にわたるマネージャー、トム・パーカー役を務めることになっている。

検査で陽性が判明した際、トムはSNSで「リタと僕はオーストラリアにいます。

僕たちは風邪をひいた時のように少しだるくて、体に痛みがありました。リタには悪寒もありました。微熱もありました。

今必要なことを正しくやるべく、僕たちはコロナウイルスの検査を受け、陽性だと判明しました」と経緯を報告していた。”(出典:シネマトゥディ via Yahoo! JAPAN

続きを読む オーストラリア ライフスタイル & ビジネス研究所:トム・ハンクス夫妻 ロサンゼルスに帰宅

オーストラリア ライフスタイル & ビジネス研究所:失業者らが長蛇の列。「大恐慌以来危機」に高まる不安

失業者らが長蛇の列。「大恐慌以来危機」に高まる不安

” オーストラリアで新型コロナウイルスの感染防止策が強化され、各地の飲食店や娯楽施設などが閉鎖された。

対策強化は失業という「副作用」をもたらし、職を失った人々が手当を受け取ろうと長蛇の行列をつくった。「世界大恐慌以来の経済危機」(モリソン首相)に、国民は生活の不安を募らせている。

豪州で失業手当などの申請を行う「センターリンク」。24日、シドニー郊外の事務所の建物前には午前8時半の受け付け開始前に100人以上が並んでいた。

ジャクソン・トーマスさん(21)はスポーツジムで22日まで働いていたが、豪州では感染防止のために23日昼からジムが全面閉鎖されたため、失職。

窓口で相談する予定といい、「家賃も払えない。本当に厳しい」と語った。

イベントの企画や運営を行うプランナーのブレンダン・ブレナンさん(51)は、自ら手掛けたイベントの中止が相次いで決まった。

政府が不要不急の屋外での集まりを500人、屋内は100人に制限したことでイベントの実施が難しくなった。「悪夢だ。昨夜は眠れなかった」と落ち込んだ様子だった。

地元のウエストパック銀行は24日、現在5%強の失業率が6月までに約11%に急上昇すると予想。「最近の異常な状況」を踏まえ、先週示した7%から大幅に修正したと説明した。

鉄鉱石や石炭など豊富な資源に恵まれた豪州は、過去30年近く不況を経験していない。

地元メディアによると、モリソン首相は「100年に1度の出来事だ。パンデミック(世界的流行)が経済危機に発展した」と指摘。国民に身構えるよう呼び掛けている。”(出典:JIJJI.COM

続きを読む オーストラリア ライフスタイル & ビジネス研究所:失業者らが長蛇の列。「大恐慌以来危機」に高まる不安

オーストラリア ライフスタイル & ビジネス研究所:感染拡大防止へ、葬式参列は10人まで結婚式は5人まで

感染拡大防止へ、葬式参列は10人まで結婚式は5人まで

” オーストラリアのスコット・モリソン首相は24日の閣議後、新型コロナウイルスの感染拡大を食い止めるため、集会の規模を最小限に抑えることを目的とした一連の対抗措置を発表した。

葬式への参列は10人まで、結婚式は5人までに制限される。

新たな措置は25日午前0時から施行された。支援活動目的などを除くほとんどの海外への渡航が禁止され、多くの公共スペースも閉鎖される。

モリソン首相は、「絶対に必要不可欠な外出がない限り、自宅にとどまって」と市民に呼びかけた。

オーストラリアではすでに、パブや礼拝所などが閉鎖されるなどの厳しい措置が実施されている。一方で、ほかの国とは異なり、学校の多くは閉鎖されていない。

モリソン首相は24日、封鎖措置の対象範囲の拡大を発表。公共放送オーストラリア放送協会(ABC)によると、遊び場や図書館、博物館などの公共スペースが含まれる。

オーストラリア保健当局によると、感染者数が過去24時間で427人増え、2136人に上った。これまでに8人が死亡した。

感染者の多くは、シドニーに停泊中のクルーズ船「ルビー・プリンセス」を下船した人々だった。

「ルビー・プリンセス」は11日間の航海を経て今月19日にシドニー湾に入港。乗客2,700人の多くがせきなどをしていたものの、

ほとんどが新型コロナウイルスに警戒するよう言われず、そのまま電車やバスでの帰宅を認められた。中には飛行機の国際便に乗ってイギリスなど海外へ帰国した人もいる。

その後、乗客130人以上が新型コロナウイルス陽性と判定され、19日に船から直接救急搬送された70代の女性1人が24日に病院で死亡。オーストラリアで最大の感染源となった。”(出典:BBC NEWS JAPAN via gooニュース

続きを読む オーストラリア ライフスタイル & ビジネス研究所:感染拡大防止へ、葬式参列は10人まで結婚式は5人まで

オーストラリア ライフスタイル & ビジネス研究所:ウールワース、パニック買い対策で「高齢者・障害者」向け開店時間導入

ウールワース、パニック買い対策で「高齢者・障害者」向け開店時間導入

” オーストラリアで全国展開するスーパーマーケットチェーン、ウールワース・スーパーマーケッツ(Woolworths Supermarkets)は16日、1日につき1時間は60歳超の高齢者と障害者だけを対象に開店すると発表した。

新型コロナウイルス感染拡大に伴うパニック買いが、社会的弱者に与える悪影響を軽減する取り組みの一環となる。

同社の発表によると、系列店は「午前7時から8時まで、高齢者と障害のある方限定で開店する」という。

続きを読む オーストラリア ライフスタイル & ビジネス研究所:ウールワース、パニック買い対策で「高齢者・障害者」向け開店時間導入

オーストラリア ライフスタイル & ビジネス研究所:トム・ハンクス夫妻、新型コロナウイルス感染徴候から2週間で回復間近

トム・ハンクス夫妻、新型コロナウイルス感染徴候から2週間で回復間近

” トム・ハンクスとリタ・ウィルソンが、新型コロナウイルス感染の症状が出始めてから2週間を経て、ほぼ回復してきた様子を報告した。

3月初めに滞在先のオーストラリアでウイルス感染が発覚したことを報告していた夫妻は、回復の兆しが見えてきたことを伝えると同時に、人々に自主隔離を徹底するよう呼び掛けた。

ツイッターでトムはこう綴る。「やぁ、みんな。最初の症状が出てから2週間、ずいぶん良くなったよ。

拡大防止の仕組みはこうだ。人が誰にもうつさなければ、誰もかからない」「常識だろ?しばらく時間はかかるけど、僕らがお互いを気遣い、助け合い、ちょっと快適さを捨てれば、この状況だって終わるだろう。みんなで解決するんだ」

夫妻は3月19日(現地時間)、代理人のレスリー・ダートを通して次第に回復してきていることを伝えていた。

「トムとリタは順調に回復しているところです。2人の回復状況はウイルスに感染した健康な成人の経過にほぼ合致しています。日ごとに気分が良くなってきています」

また先日、新型コロナウイルス感染を公表したトムの行動に触発され、イドリス・エルバは新型コロナウイルスに感染したことを公にしたと明かしていた。”(出典:VOGUE

続きを読む オーストラリア ライフスタイル & ビジネス研究所:トム・ハンクス夫妻、新型コロナウイルス感染徴候から2週間で回復間近

オーストラリア ライフスタイル & ビジネス研究所:AOC、選手に「2021年」東京五輪に備えるよう提唱

AOC、選手に「2021年」東京五輪に備えるよう提唱

オーストラリアオリンピック委員会(AOC)は23日、東京五輪が予定通り開催できないのは「明らか」だとし、同国の選手たちには2021年大会に備えるよう提唱した。

前夜、国際オリンピック委員会(IOC)は五輪に対する論調を変え、延期を含むさまざまなシナリオの計画を進めると言及した。

これを受けてAOCはこの日理事会を招集し、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)をめぐる不確実性を考慮し、東京五輪の7月開幕は不可能だと全会で一致した。

豪選手団の団長を務めるイアン・チェスターマン(Ian Chesterman)氏は「7月に五輪が開催されないのは明らか」だとし、「選手たちはトレーニングや準備に前向きな姿勢をみせているが、ストレスや不安は非常に大きい」とコメント。

AOCのマット・キャロル(Matt Carroll)最高経営責任者(CEO)は、選手たちには確実性が必要であり、自身や家族の健康を優先しなくてはならないと述べた。

理事会では「国内外の情勢の変化の中で」オーストラリア代表選手団を招集しないことが決まり、今後は来年夏の五輪に向けた計画を立てることになる。”(出典:AFPBB News

続きを読む オーストラリア ライフスタイル & ビジネス研究所:AOC、選手に「2021年」東京五輪に備えるよう提唱

オーストラリア ライフスタイル & ビジネス研究所:飲食店や映画館などの屋内施設閉鎖へ

飲食店や映画館などの屋内施設閉鎖へ

” 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、オーストラリア政府は22日、パブ、レストラン、カフェ、映画館、カジノのほか、ジムなど屋内のスポーツ施設に対して、23日正午以降の営業を認めないと発表した。

宗教の集まりも認めない。飲食店の持ち帰りや宅配サービスの提供、スーパーマーケット、薬局などの営業は引き続き認める。

豪州では22日、国内の感染者数が1千人を超えた。すでに屋外は500人以上、屋内も100人以上の集まりを禁止してきたが、感染者の広がりに歯止めがかからないことから、さらに強い措置に踏み切る。

学校については、一斉休校を求める声が強いが、引き続き開校させつつ、保護者の意思で通わせないこともできるとした。”(出典:朝日新聞  via gooニュース

続きを読む オーストラリア ライフスタイル & ビジネス研究所:飲食店や映画館などの屋内施設閉鎖へ