今どきの歯医者さんは痛くない?!(現代歯科医院考)

先日、(おそらく)5年ぶりで歯科医院へ。

その数日前から「あれっ?」といった感じで口内に異変を感じるようになり、

当初は「まぁ、でもこれくらい普段感じる感覚だよなぁ」と自分に言い聞かせ、(自分を)納得させるというのか、自分にウソをつくいうのか ^^;A

それがある夜、突然「これはダメだぁ、、」と寝付けず、しかも日中は花粉症に見舞われていることもあり、「ダブルは無理!」と観念(=通院を決断)。

続きを読む 今どきの歯医者さんは痛くない?!(現代歯科医院考)

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:日本産食品などの対豪輸出額、5年で倍増 ①

日本産食品などの対豪輸出額、5年で倍増 ①

” オーストラリア市場での日本食人気を背景に、日本からの食品などの輸出が伸びている。

2015年の日本産農林水産物のオーストラリア向け輸入額(速報値)は121億円と前年比28.1%増加し、前年に続き過去最高を更新した。

日本の農林水産相が2月2日に発表した「平成27年日本産農林水産物・食品の輸出実績」で明らかになった。

オーストラリア向けの同輸出額は、国・地域別で9番目に多い。5年連続で増加しており、10年(53億円)の2倍以上に増えた。

品目別で最も多いのは清涼飲料水(20億円)。次にソース混合調味料(15億円)、アルコール飲料(14億円)などが多い。

アルコール飲料の内訳は、ビール5億円、ウィスキー4億円、日本酒3億円などとなっている。”(出典:『NICHIGO PRESS』2016年3月 p8)

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:日本産食品などの対豪輸出額、5年で倍増 ①

川崎宗則選手、無念!(>_<) の シカゴ・カブスで開幕メジャーならずも、昇格へ挑戦は続く

「あぁー ダメだったかぁ、、」と、

スクリーンショット 2016-03-30 12.13.57
出典:日刊ゲンダイ(画像は記事にリンク)

メジャーリーグ・ベースボール(MLB)開幕を目前にして、Chicago Cubs:シカゴ・カブス川崎宗則選手の契約解除のニュース。

この数日間は(厳しいながらも)下掲のような期待を抱かせる記事がちらほら散見されていたことから

スクリーンショット 2016-03-30 12.29.43
出典:Full-Count(画像は記事にリンク)

人事を尽くしての「強運」の片鱗も感じていましたが、ワールドシリーズ制覇を目指す戦力を整えているチームだけに、壁は厚かったという現状。

続きを読む 川崎宗則選手、無念!(>_< ) の シカゴ・カブスで開幕メジャーならずも、昇格へ挑戦は続く

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:日本人観光客市場に回復の兆し

日本人観光客市場に回復の兆し

” オーストラリアの日本人観光市場に回復傾向が現れている。オーストラリア統計局(ABS)が2月12日に発表した統計によると、

2015年にオーストラリアを訪れた日本人の短期渡航者数は33万5,500人と前年比で2.9%増加した。

12月単月では、3万6,000人と前年同月比で12.5%増え、7年ぶりに3万5,000人を超えた。

日本人渡航者数が増加した主な要因について、オーストラリア政府観光局は「昨年8月にカンタス航空が羽田ーシドニー線、成田ーブリスベン線を、

さらに、12月に全日本空輸が羽田ーシドニー線を開設し、航空座席の供給数が拡大したこと」が挙げている。

同局は、日本市場の海外旅行需要が低迷している一方で、オーストラリアが旅行先として再び注目され、「シェア拡大につながる兆しだ」と指摘している。

オーストラリアを訪れる日本人渡航者数は1990年代後期に年間90万人を超えた。しかし、需要の縮小や航空路線の減便を背景に2000年代以降は長期的な低迷が続き、ピーク時のほぼ3分の1の水準に落ち込んだ。”(出典:『NICHIGO PRESS』2016年3月 p7)

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:日本人観光客市場に回復の兆し

心屋仁之助さんに学ぶ、目標も努力もがんばることもしないで得られる想像の範囲を超えた新しい成長:『がんばらない成長論』読了

心理カウンセラー 心屋仁之助さんの新刊『がんばらない成長論』を読了.-

昨秋、心屋仁之助さんの本を読み始めた際は「(心屋さん本は)3冊」なんて思っていたところ、本書で6冊目。

購入の動機は、来月(2016年4月)開催予定のイベントに参加するための対象書籍であったためですが、

そこへわざわざ出かけて行こうとしているのは、本書のタイトルにもなっていて、心屋仁之助さんの著書のメッセージで一貫している「がんばらない」生き方に感化されているところがありますねー。

続きを読む 心屋仁之助さんに学ぶ、目標も努力もがんばることもしないで得られる想像の範囲を超えた新しい成長:『がんばらない成長論』読了

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:演劇及び芸術活動(オーストラリア・カウンシル & 国立演劇芸術学校(NIDA)etc )

演劇及び芸術活動(オーストラリア・カウンシル & 国立演劇芸術学校(NIDA)etc )

” 人口の少ないオーストラリアにおいて、芸術家が芸術活動を職業として成り立たせることは難しい。

国内外の演劇上演には、様々なサポート・システムが必要である。

1968年、オーストラリア政府は「オーストラリア・カウンシル」を設立、オーストラリアの文学、芸術の育成と発展に大きく寄与している。

また、演劇の育成、発展には、演劇学校の存在も欠かせない。

代表的なものとしては、1959年に創立された国立演劇芸術学校(NIDA)(1966年にジェーン・ストリート劇場を設立)などがある。

卒業生には、メル・ギブソン、ケイト・ブランシェット、バズ・ラーマンなどがいる。

さらに、1976年にメルボルンに設立されたビクトリア・カレッジ・オブ・アート、パースに設立された西オーストラリア・アカデミー・オブ・パフォーミング・アーツがあり、数多くのオーストラリアの演劇人を輩出している。”(出典:『オーストラリア入門 第2版』p46)

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:演劇及び芸術活動(オーストラリア・カウンシル & 国立演劇芸術学校(NIDA)etc )

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:オージー流ビジネスランチ

オージー流ビジネスランチ

” オーストラリアのビジネスパーソンにとって、昼間からお酒を飲みながら接待や商談をするのは当たり前。

オーストラリアワインとともに、本格的なコース料理をゆっくり楽しむのだ。

日本人は日没前の飲酒に抵抗を感じる人も多いが、大切なビジネスパートナーと胸筋を開いて打ち解ける格好のチャンス。躊躇しないで一献傾けよう。

その際、いきなり本題から入るのではなく、まずはスポーツや旅の話、気の利いたジョークなどで盛り上がるのが無難だ。

そんなオージー流ビジネスランチにお薦めなのが、シドニーの目抜き通りジョージストリートにあるレストラン・バー「エスタブリッシュメント(Establishment)」。

同じビルの中に、創作料理の高級レストラン「エスト(est.)」、高級寿司店「スシイー(Sushi-e)」などもある。

いずれも料理やサービスが秀逸で、権威あるレストラン評価本「グッドフード・ガイド」の評価も高い。

こうした店は、特に金曜の午後、ボトルワインを何本も空けて談笑するビジネスパーソンであふれている。

そもそもオフィスに戻るつもりもなのだろう。日本人も、「豪」に入れば「豪」に従え。オージー流ビジネスランチを楽しもう。”(出典『ANA AZURE 2016春号』 p12)

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:オージー流ビジネスランチ