オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:世界のUFO出現スポット(ナラボー平原、ウィクリフ・ウェル)

世界のUFO出現スポット(ナラボー平原、ウィクリフ・ウェル)

” UFO(未確認飛行物体)は本当に存在するの?目撃情報を元に、世界各地の有名なUFO出現スポットをご紹介します。”(出典:msn

というmsnの特集記事で、オーストラリアから

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:世界のUFO出現スポット(ナラボー平原、ウィクリフ・ウェル)

カープOB12名、ファン代表13名が振り返った広島東洋カープ25年ぶりの優勝:『カープが優勝した25の理由』読了

『カープが優勝した25の理由』を読了。

古葉竹識元監督やOBの北別府学さん、大野豊さん、監督を務めたこともある達川光男さん(元監督)などが

2016年にペナントレースを25年ぶりに制した広島東洋カープの優勝を振り返った企画本。

続きを読む カープOB12名、ファン代表13名が振り返った広島東洋カープ25年ぶりの優勝:『カープが優勝した25の理由』読了

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:トランプ大統領、オーストラリア認定の難民受け入れへ

トランプ大統領、オーストラリア認定の難民受け入れへ

” 豪州訪問中のペンス米副大統領は22日、米国が、豪州で認定された難民を一定数受け入れるとしたオバマ前政権時の合意について「敬意を払う」と述べ、実行する考えを明らかにした。

この合意を巡っては、トランプ大統領が就任直後の1月、ターンブル豪首相との電話会談で不満を爆発させ、一方的に会談を打ち切った経緯があり、問題の収束を図った形だ。

ペンス氏は記者会見で報道陣の質問に対し、「米国は合意を果たすための手続きを始めた」と述べた。ターンブル氏は「大変重要な約束をしてもらい、感謝する」と応じた。

ただ、ペンス氏は「合意を称賛しているわけではない。イランとの核合意など、トランプ大統領は前政権が結んだ他の国際合意には不満を持っている」とも述べ、合意内容への不満をにじませた。”(出典:読売新聞

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:トランプ大統領、オーストラリア認定の難民受け入れへ

ヴァンサン・ランドンが演じたフランス舞台の中高年の悲哀:映画『ティエリー・トグルドーの憂鬱』鑑賞記

(2017年)1月にレンタル店に立ち寄った際、新作コーナーで「面白そうだな」と思ったものの

その時は20本近く見事に全て貸出中で「また、今度」と思い、しばらく忘れていたところ

先日「そういえば!」と思い出したは良いが、タイトルをしっかりと覚えておらず

店内で「どれだったかなぁ・・」と(苦笑)それでも何とか記憶の断片を寄せ集めた挙句、検索エンジンで探し当てた

3ヶ月ぶりの再会 ^^;

ティエリー・トグルドーの憂鬱』をDVD鑑賞。

続きを読む ヴァンサン・ランドンが演じたフランス舞台の中高年の悲哀:映画『ティエリー・トグルドーの憂鬱』鑑賞記

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:「世界のベストレストラン50」( #44 Brae、#32 ATTICA)

「世界のベストレストラン50」( #44 Brae、#32 ATTICA)

” 毎年恒例、グルメ界のアカデミー賞とも称される「世界のベストレストラン50 (The World’s 50 Best Restaurants )」2017年度版ランキングが発表されました。

食のプロたち(シェフ、レストラン経営者、フード批評家・コラムニストら外食業界の専門家)が厳正な採点の上、

世界最高のレストランを選ぶランキングで、今回は5大陸22か国より選出され、日本からも2店がランクインしました。注目のランキングをご覧ください。”(出典:msn

で、記事を検索していくと、オーストラリアから・・

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:「世界のベストレストラン50」( #44 Brae、#32 ATTICA)

シカゴ・ベアーズGM職を「未練・或爺杯モックドラフト2017」に参加して感じたきた

4月27日(〜29日/現地時間)に開催されるNFL Draft 2017を前に、

都内で開催された「未練・或爺杯モックドラフト2017」に参加。

未練・或爺杯モックドラフト2017

モックドラフトの表現に馴染みのない方は少なくなかろうと、日本では模擬ドラフトと称されるもの。

要はファンが本職になって予想を先取りしたり、自分の願望?を満たしたり・・ といった特にNFLでは注目度の高い行事。

開催直前、日本のChicago Bears:シカゴ・ベアーズファンのBEAR DOWN!Chicago Bears 管理人のLTDさんからお声がかかり、

最初は(知識量の絶対的不足等)任の重さを感じて及び腰であったものの

状況を把握するにつれ「これは引き受けなれば・・」と使命感に駆られ参加を決心。

続きを読む シカゴ・ベアーズGM職を「未練・或爺杯モックドラフト2017」に参加して感じたきた

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:市民権取得要件に「堪能な英語力」

市民権取得要件に「堪能な英語力」

” オーストラリアのターンブル首相は20日、市民権の取得要件に「堪能な英語力」や「豪州的な価値観への理解」を加え、審査を厳格化すると発表した。

移民が社会になじめず、テロや犯罪に走るのを防ぐため、市民権申請者に「社会と交わり、貢献する意志」を確認するのが狙いだ。

ターンブル氏は「英語力は経済活動への参加に必須だ」と指摘し、英語力の合格基準を引き上げる考えを示した。

試験問題を改め、民主主義や多文化主義など豪州の根幹をなす価値への理解を問う内容にする。「犯罪歴や女性や子どもへの暴力の過去も考慮する」(ターンブル氏)という。

申請資格のうち、永住権取得後の居住期間を現在の1年から4年に延長し、その間の地域社会との関わりも審査する。

ターンブル氏は「市民権は懸命に働いて国づくりに参加する人に与えられるべきだ」と強調した。

豪州は18日、就労ビザを廃止し、代わりに発給要件を厳格化したビザを導入することも発表している。

豪州は移民大国で多文化主義を掲げるが、アジアや中東からの移民が増え、英国をルーツとする国民との融和などが課題に浮上している。”(出典:日本経済新聞

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:市民権取得要件に「堪能な英語力」

全貌を現したGINZA SIX:ギンザ シックス。オープン日に感じた期待と熱気

計画時から新聞紙上等、世の中の高い注目を集めていたGINZA SIX:ギンザ シックスへ 〜

GINZA SIX

オープン日の4月20日(木曜日)に行き、向かう道中「混んでると分かってても行く人が多いのか」

「混んでると分かっているから行かないのか」の二択を頭に描いていましたが・・

続きを読む 全貌を現したGINZA SIX:ギンザ シックス。オープン日に感じた期待と熱気

「冒険」に出たものだけが、大きな果実を手にすることができる