オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所: トランプ大統領のインフラ整備計画、オーストラリアの年金基金が後押しへ

トランプ大統領のインフラ整備計画、オーストラリアの年金基金が後押しへ

” 米国の老朽化した道路や橋、空港を改修するトランプ米大統領の公約は、遠く離れたオースラリアの年金基金から思いも寄らない後押しを受ける可能性がある。

ターンブル豪首相は今週のホワイトハウスでの首脳会談で、豪州の年金基金2兆5,300億豪ドル(約212兆円)の一部を使ってトランプ米大統領のインフラ整備計画の資金調達を支援する案を提示する。

世界4位の規模を持つ豪年金基金の管理運用に携わるマネーマネジャーも首相の訪米に随行する。

チオボー豪貿易・投資相は訪米前のインタビューで、「米国のインフラを推進しようという極めて大胆な野心があり、

オーストラリアはプロジェクト設計や建設、資金調達、管理の面で中心になるはずだ」と述べた。

トランプ米大統領の1兆5,000億米ドル(約161兆円)規模の公共事業計画は、議会で超党派の支持が確保できていない上、財源を巡る疑念もあり、ハードルに直面している。

豪当局者らは、新たに借金することなく公有資産の売却やリースを通じて建設資金を調達する「アセット・リサイクリング」いう仕組みの成功に言及。

財務相時代にこうしたイニシアチブの重要な推進派だったホッキー豪駐米大使は21日、「インフラとそのより良い導入に関しては、オーストラリアには米国の役に立つ事例がある」と語った。”(出典:Bloomberg

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所: トランプ大統領のインフラ整備計画、オーストラリアの年金基金が後押しへ

落合陽一さんに学ぶ、停滞に終止符を打ち、戦況を好転させる日本再興のグランドデザイン:『日本再興戦略』読了

先日、中間記↓をアップロードした

<< 2018年2月19日投稿:画像は記事にリンク >> 落合陽一さんに学ぶ、停滞に終止符を打ち、戦況を好転させる日本再興のグランドデザイン:『日本再興戦略』中間記

落合陽一さんの『日本再興戦略』を読了。

時代を風を捉えるリーダー 2.0

本の後半、まとめ的なところ、これからの個人の在りようについて・・

” これから日本全体が非中央集権化していきますが、リーダーのあり方にも同じような変化が起きています。

これまでのリーダーの理想像は、一人で何でもできて、マッチョで、強い人でした。中央集権的なリーダーです。これをリーダー 1.0と名付けましょう。

しかし、これからのリーダーは、一個の独立した完璧な個人である必要はありません。

そもそも独立した個人という考え方じたいが、近代が生んだ幻想です。それ自体が古くさい。日本には合わない考え方です。

リーダー 2.0時代のリーダーは、すべて自分でできなくてもまったく構いません。

何かひとつ、ものすごくとがっている能力がよくて、足りない能力は参謀などほかの人に補ってもらえばいいのです。

リーダー 2.0時代のリーダーのひとつ目の条件は「弱さ」です。共感性の高さが求められるのです。

2つ目の条件は、「意思決定の象徴と実務権限の象徴は別でいい」ということです。

言い換えると、個々人は自分の得意分野に特化すればよくて、すべての実務権限を統括している人がいないということです。

・・中略・・

たとえば、スティーブ・ジョブズのように「俺がかっこいい製品をつくるから、意思決定も全部やらせろ」という独裁的なスタイルは、リーダー 2.0的ではないのです。

3つ目の条件は、後継者ではなく後発を育てる」ということです。自分の後を継ぐ人ではなく、新しいジャンルや会社をつくっていくような人材を育てられる人です。

たとえば、米国のペイパルという会社からは、ペイパルマフィアと呼ばれるくらい、多くの有名起業家たちが生まれました。

こうしたリーダー 2.0の逆が、まさにリーダー 1.0のリーダーです。マッチョで強く、意思決定と実務決定をすべて握り、後発ではなく後継者を育てるリーダーです。

いうなれば、リーダー 1.0の時代は、歌謡曲のボーカルの時代でした。エルビス・プレスリーのようなカリスマ的なボーカルが活躍する時代です。

政治家でいうと、トランプも完全にリーダー  1.0タイプでしょう。田中角栄もリーダー 1.0です。

それに対して、リーダー 2.0はバンドです。とがった個人が集まって音楽を奏でるビートルズのような形です。

リーダー 2.0に大切なのは愛されることです。カリスマというと、憧れみたいな感じなので近寄りがたい。

愛されるのはもっと貴重で、「この人が地球上からいなくなってしまったら、寂しい」という感情です。

愛されるためには、「自分は何でもできる」と言ってはいけません。

つまり、偏りのある人、ある分野にとても才能があるけれども、全然だめなところもあるような人のほうが、周囲が手を差し伸べやすいですし、バンドとしてうまくいきやすい。”(出典:位置 No.-2760-2777)

100の生業をマネジメントしていく考え方

或いは、

” 新しい時代に磨くべき能力とは何でしょうか。それは、ポートフォリオマネジメントと金融的投資能力です。

(中略)これからほぼすべての日本人が百姓になります。百姓とは100の生業を持つ人という意味ですが、

ひとつの職業訓練を受けて永遠にその職業についていれば大丈夫という考え方はなくなるということです。

これからの時代は、あらゆる人が、職業のポートフォリオを組みながら、暮らしていくことになります。

僕の場合も、大学教員としての稼ぎだけでは研究に関わるお金を自分で払いながら暮らしていくのは不可能です。

そもそも僕は、大学教員としての賃金を自分の会社から大学に入金しています。

それよりも本を書いたり、講演をしたり、自分の会社を経営したりすることから多くの収入を得ています。

それでも大学教員をやることは自分のミッションとして大事なのでやっているわけです。

つまり、これからの時代は、複数の職業を持った上で、どの職業をコストセンター(コストがかさむ部門)とするか、どの職業をプロフィットセンター(利益を多く生む部門)とするかをマネジメントしないといけません。

・・中略・・

今の教育スタイルは、ポートフォリオマネジメントの考え方がないので、どうしても専門家を育てようとしてしまいます。

すると、コストセンターとプロフィットセンターを分けるような考え方が出てこないので、優秀な人はみんな医者か弁護士か金融屋になってしまうのです。

・・中略・・

これまでの価値観では、ひとつのことを専門家としてするほうがかっこよく見えていますが、今後は、いくつもの職業を掛け持ちすることが大切になってきます。

・・中略・・

トップ研究者になるためには、時代感覚をつかむことが大事なのですが、日本人はこれがすごく苦手です。時代感覚をつかむ能力は、実は投資能力と近い。

だからこそ、ポートフォリオマネジメントの能力に加えて、金融的投資能力が求められるのです。

金融的投資能力とは、「何に張るべきか」を予測する能力です。

たとえば、うちのラボでも、つねにどのテーマに張るべきかを考え抜いた上で決めて、ライバルとの戦いを繰り返しています。

このサイクルで戦い続けるには、時代性を理解しなければならないのです。

一般的に、日本人は時代を読むのが苦手ですが、それは時代性に分かれたからだと思います。

ポートフォリオマネジメントをしたり、いろんなところに行ったりしていないので、タコつぼでしかものを見られないのです。

タコつぼにならないようにするためのコツは明確です。横に展開していけばいいのです。

ひとつの専門性でトップレベルに上りつめれば、他の分野のトップ人材にも会えるようになります。”(位置No.-2820-2853)

といった具合。

近未来を視る目

先日、読了した佐藤航陽さんの『お金 2.0』と同じく、

<< 2018年2月17日投稿:画像は記事にリンク >> 佐藤航陽さんに学ぶ、お金の問題を解決し、未来から歓迎される生き方:『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』読了

時代の風を捉え、それを個人の生き方に落とし込んでいけるような内容、構成となっており、

読後、近未来への視界がクリアとなり、爽快な感覚を得られるものと思います。

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:テルストラと政府 5G周波数入札前倒しを巡り協議

テルストラと政府 5G周波数入札前倒しを巡り協議

” オーストラリア通信大手テルストラのアンドリュー・ペン最高経営責任者(CEO)は、次世代通信規格「第5世代(5G)」の周波数帯割り当て入札を巡り、連邦政府と実施の前倒しを協議していることを明らかにした。豪紙オーストラリアンが伝えた。

入札の時期は当初予定していた2019年から18年10月に前倒しされている。ペン氏はこれをさらに前倒しし、できるだけ早い時期に行う必要性を強調した。

テルストラは19年の5Gサービス提供を目指している。18年2月上旬には豪東部ゴールドコーストに5G技術の実証実験を行うイノベーション・センターを開設した。”(出典:日本経済新聞)

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:テルストラと政府 5G周波数入札前倒しを巡り協議

喪黒福造(笑ゥせぇするまん)、怪物くんご一行、デビルマン 我が家への巻

先日↓記事にした笑ゥせぇるすまんに、

<< 2018年2月12日投稿:画像は記事にリンク >> 連休中に引きずり込まれる『笑ゥせぇするまん』喪黒福造が誘(いざな)うブラックな世界

(ウルトラマンをはじめとした)ヒーローものの余波で、

<< 2018年2月12日投稿:画像は記事にリンク >> デビルマン、ウルトラマンほか、YOUTUBEで呼び起こす懐かしの昭和40、50年代

ここ数日で普段、手を出さないフィギュアを立て続けに購入。

数ある喪黒福造でも名刺(を差し出す)バージョンはレアとの情報も。・・につき支出もやや高め。

怪物くんは全然作品を視聴してなかったのだけれども、

続きを読む 喪黒福造(笑ゥせぇするまん)、怪物くんご一行、デビルマン 我が家への巻

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所: オーストラリア出身のNBA選手の通信簿(2017-2018シーズン前半終了時点)

オーストラリア出身のNBA選手の通信簿(2017-2018シーズン前半終了時点)

” 2017-18シーズン開幕の時点で、オーストラリア出身の8名がロースターに登録されていた。

この数字は1位のカナダ(11名)、2位のフランス(10名)に次いで3位であり、

オーストラリアの選手たちが着実に増加し、所属チームで活躍していることがわかる結果となった。

<オーストラリア出身のNBA選手(所属は開幕時のもの)>
カイリー・アービング(ボストン・セルティックス)
アーロン・ベインズ(ボストン・セルティックス)
アンドリュー・ボーガット(ロサンゼルス・レイカーズ)
マシュー・デラベドーバ(ミルウォーキー・バックス)
ベン・シモンズ(フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)
パティ・ミルズ(サンアントニオ・スパーズ)
ダンテ・エクサム(ユタ・ジャズ)
ジョー・イングルズ(ユタ・ジャズ)

今回は、現地メディア『FOX SPORTS』に掲載された、オーストラリア出身選手の通信簿をランキング順で紹介したい。

シモンズをはじめ、イングルズやベインズなど上位にランクインした面々は、所属チームにとって不可欠な選手として活躍していると言えるだろう。

なお、カイリーはアメリカとの二重国籍であり、アメリカ代表として国際大会に出場しているため、エクサムは肩の負傷により今季出場していないため、それぞれ除外とする。※成績はすべて2月16日(現地時間15日)終了時点

■1.ベン・シモンズ:Grade: A+
主要成績:平均16.4得点7.8リバウンド7.3アシスト1.9スティール

208センチでポイントガードをこなすスター候補

昨季はケガのため全休し、満を持してNBAデビューを飾った大型新人。208センチながら先発ポイントガードをこなし、トリプルダブルはリーグ3位となる6回達成している。

特筆すべきは、攻防両面で存在感を見せていることだろう。オフェンスでは208センチの高さとストライド(歩幅)を存分に生かしてコートを縦断。見事なパスセンスでチームメートの得点を演出し、自らは主にペイント内で効果的に得点できている。

ディフェンス面でもスティールを量産しているだけでなく、センターを除く4つのポジションをガードできる点は見過ごされがちだ。

■2.ジョー・イングルズ:Grade: A
主要成績:平均10.8得点4.1リバウンド4.1アシスト3ポイントシュート成功率45.3パーセント

攻防両面でジャズの主軸を務めるロールプレーヤー

4年目の今季は、リーグ有数の3ポイントシューターへと成長。昨季の3ポイントシュート成功率(44.1パーセント)をさらに上回っており、平均2.5本決めていることから、精度が高くなったと言えるだろう。

また、身体能力は高くないが、自身の経験と頭脳を使って相手選手を苦しめるディフェンスはもっと評価されるべきである。

■3.アーロン・ベインズ:Grade: B+
主要成績:平均5.7得点5.3リバウンド0.6ブロック

リーグトップレベルのディフェンスを裏方としてサポート

6シーズン目をプレーするハードワーカーは、イースト2位のセルティックスにおいて、献身的な働きを見せている。

リーグトップクラスのディフェンス力を誇るチームにおいて、欠かせない存在となり、プレータイム(平均18.1分)はキャリアベストを記録中だ。

ベインズがコートにいる時、セルティックスのディフェンシブ・レーティングは100失点ながら、ベインズがベンチにいるだけで106.3失点へと増えてしまっていることが、この男の貢献度を示している。

■4.マシュー・デラベドーバ:Grade: C
主要成績:平均4.4得点1.7リバウンド3.8アシスト3ポイントシュート成功率37.7パーセント

自己ベストのペースでアシストを記録中

足首の負傷もあり、今季は欠場が目立っている。昨年11月にエリック・ブレッドソーが加入すると、マルコム・ブログドン、ブレッドソーに次ぐ3番手となってしまったことで、プレータイムも減少。

それでも、36分換算では平均7.3アシストを記録、自己ベストのペースでチームメートにパスを供給している。

後半戦、バックスがプレーオフ上位シードを手にするためにはこの男の働きがマストとなるだろう。

■5.パティ・ミルズ:Grade: B-
主要成績:平均9.4得点1.8リバウンド2.6アシスト3ポイントシュート成功率38.6パーセント

安定感を増すことが今後のカギ

アップ&ダウンの激しいオーストラリア出身のスコアラー。今季は自己最高のプレータイム(平均23.8分)を得ており、ベンチから爆発力をもたらしている。今後は安定感を増すことで、活躍の場は広がるはずだ。

■6.アンドリュー・ボーガット:Grade: C-
主要成績:平均1.5得点3.3リバウンド0.5ブロック

ディフェンス面に定評のあるベテランセンター

キャリア13年目、33歳のベテランは、今年1月上旬にロサンゼルス・レイカーズをウェイブされ、未所属となっている。

オールスターブレイク以降、プレーオフに出場するチームが経験豊富なビッグマンとして獲得を狙っているという。特にディフェンス面では、まだまだ貢献できるだろう。”(出典:BASKETBALL KING

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所: オーストラリア出身のNBA選手の通信簿(2017-2018シーズン前半終了時点)

J-WAVEな日々に魅了された曲紹介 PART 30 〜 Kendrick Lamar, SZA + RADWIMPS & WORKSHY

J-WAVEを日中のBGMとしている日々に、!となった曲紹介のPart30.-

まずは、曲中からの女性のVocalの導入が印象的な

Kendrick Lamar, SZA – All The Stars

Kendrick Lamar, SZA

脱力系のメロディに脈打つ感のビートに、ヴァイタルな感じでメインヴォーカルが絡んできて余韻引きづられる一曲です♪

続いては一転、身を引き締められる感の

続きを読む J-WAVEな日々に魅了された曲紹介 PART 30 〜 Kendrick Lamar, SZA + RADWIMPS & WORKSHY

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所: 地下に広がる「オパールの都」クーバーペディ

地下に広がる「オパールの都」クーバーペディ

” オーストラリアのクーバーペディは一見何もないような街に思える。しかし、実は地下に広大な世界が広がっているのだ。

オパール鉱山で働く人々は暑さから逃れるために地下に家をつくり、そこでコミュニティーをつくって生きている。

クーバーペディは、正直ぱっとしない街だ。建物と砂山が点在するだけで、スチュアート・ハイウェイに分断された灼熱の砂漠に囲まれている。

街の名前は先住民の言葉「穴に住む白人」からきているが、それはまさに適切な表現だ。なぜなら、3,500人いる住民の半分以上が地下に住んでいるのだから。

住居、レストラン、そして教会までもが地下にある。「一見、ゴーストタウンのようです」と写真家のタマラ・メリノは語る。「実際には、地下に文化があるのですが」

クーバーペディは「オパールの都」を名乗っており、独自の統計によれば世界のおよそ70パーセントのオパールを生産している。オパールの生産は1915年に金探鉱者の10代の息子がオパールを発見したことから始まった。

その2年後、大陸横断鉄道が一攫千金を目指す人々を運んできた。荒地であり、夏は117℉(約47℃)を超えることもある焼け付くような気温のため、人々は暑さから逃れるため、地面を掘って地下に家をつくるようになった。

時が流れ、ほとんどの人は立ち去ったが、たくましいわずかな人々はいまだにオーストラリア公認の宝石を地下から掘り出し、世界中のブローカーや宝石商に売り続けているのだ。

南オーストラリアのアデレードから北に525マイル(約845km)進んだところに位置するクーバーペディへたどり着くには、ある程度の努力が必要だ。

メリノは2015年11月に彼女の車がパンクしたときにこの街を見つけた。

彼女とボーイフレンドがしばらくここに留まることにしたところ、5日後にある家族が地下50フィート(約15m)にある彼らの家へ招待してくれたのだ。

メリノがトンネルを降りているとそこは別世界のように感じられ、あまりにも魅了されて2週間以上も過ごした。そして彼女は3月にさらにもう1カ月過ごすために戻ってきた。

発電機とソーラーパネルで発電をし、空気は通気孔から取り入れる。飲料水は15マイル(約24km)北にある地下水脈から手に入れる。

ほとんどの人は採掘と観光業で生計を立てている。『マッドマックス/サンダードーム』やオーストラリア版『トップ・ギア』のとある回はここで撮影された。

クーバーペディは絆の強いコミュニティーをつくっているが、孤独や孤立を好む人々もいる。メリノは、宝を守るために鉱山で寝泊まりする人々の話を聞いたこともある。

彼女は地下の家に何年もひとりで住んでいるという男に会った。「彼は自分の声が壁にこだまする音しか聞こえないんです。彼にとってはそんな生活こそが自由なのです」と彼女は語る。

彼女が撮る、暗く塞ぎこんだような写真は、しばしば閉所恐怖症を感じさせる。それはオパールの都の地下に広がる世界の一瞬をとらえているのだ “(出典:WIRED.jp

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所: 地下に広がる「オパールの都」クーバーペディ

落合陽一さんに学ぶ、停滞に終止符を打ち、戦況を好転させる日本再興のグランドデザイン:『日本再興戦略』中間記

「現代の魔法使い」との異名を持ち、教育分野に、ビジネスに、アートなど特定のカテゴリーに捉われることなく、

幅広い分野で才能を発揮されている落合陽一さんの新著『日本再興戦略』を読み始め

 第1章 欧米とは何か

 第2章 日本とは何か

 第3章 テクノロジーは世界をどう変えるか?

 第4章 日本再興のグランドデザイン

 第5章 政治(国防・外交・民主主義・リーダー)

 第6章 教育

 第7章 会社・仕事・コミュニティ

と、全部で7章あるうちの第3章まで読み終えたので、そこまでのおさらい。

日本の現在地、志向すべき未来

落合陽一さんと聞くと、ベクトルが未来に向かっているイメージが強いですが、

本書では

” 今の日本は、自虐的な批評に飽きて自信を喪失している気がします。そこで過度に自信をつくろうとして、内部的には「日本はすごい」と自画自賛するコンテンツばかりになってしまっています。

日本が自信を取り戻すためにまず大事なことは、「過去において日本は根本的に何がすごかったのか、何がすごくなかったのか」について我々の常識を更新しながら考えることです。”(位置 No.89/電子書籍のページ数)

” 日本は国策によって急激に近代化を果たした国です。明治時代以降に我々が手本にしたのは、いわゆる欧米型といわれる欧州型と米国型でした。

明治維新では、主に欧州型を手本にして、1945年以降は、米国主導で、戦勝国型を手本にして国をつくってきました。

この欧州型と米国型が合わさって、「欧米」という概念になったわけですが、それをもう一度見直してみるのもこの本の趣旨です。”(位置 No.111)

とここまで読むと、本のタイトルも腹落ちしてきますが、一旦、ほつれた糸をほぐして、

続きを読む 落合陽一さんに学ぶ、停滞に終止符を打ち、戦況を好転させる日本再興のグランドデザイン:『日本再興戦略』中間記

「冒険」に出たものだけが、大きな果実を手にすることができる