「Sports」カテゴリーアーカイブ

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ジャリッド・デール 16歳、福岡ソフトバンクホークスで才能開花?!

ジャリッド・デール 16歳、福岡ソフトバンクホークスで才能開花?!

” 福岡ソフトバンクがU-18(18歳以下)オーストラリア代表のジャリッド・デール内野手(16)をファームの練習にテスト生として参加させている。

右投げ右打ちの遊撃手で、期間は今週いっぱいの予定。関係者によると粗削りながらもセンスがあり、18日は3軍練習で打撃や守備などを行った。

週末に予定されている2軍と3軍の試合にも出場する。チームは10日にいずれもキューバ人の2選手との育成契約を発表。今回のデールも、獲得する場合は育成契約が有力だ。”(出典:西日本スポーツ

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ジャリッド・デール 16歳、福岡ソフトバンクホークスで才能開花?!

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:アダム・アシュリークーパー 神戸製鋼コベルコスティーラーズ入り間近報道

アダム・アシュリークーパー 神戸製鋼コベルコスティーラズ入り間近報道

” ラグビー・トップリーグ(TL)の神戸製鋼が、オーストラリア代表116キャップを誇るWTBアダム・アシュリークーパー(33)を獲得することが決定的になったと18日、分かった。

現在はフランス1部のボルドーでプレー。交渉は最終段階に入っているという。加入すれば、08年からサントリーに所属した元同代表SHグレーガンの139に次ぎ、TLで2番目の多数キャップ保持者となる。

アシュリークーパーはCTBやFBもこなす万能型BKで、惜しくも敗れた15年W杯決勝のニュージーランド戦にもフル出場した。切れ味鋭いステップや走りに定評がある。

15日に昨季TL優勝のサントリーが、同代表103キャップのCTBマット・ギタウの加入を発表。

2季目を迎えるオーストラリア人のマッケイ・ヘッドコーチの下、西の強豪も大型補強で14季ぶり優勝を目指す。”(出典:日刊スポーツ

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:アダム・アシュリークーパー 神戸製鋼コベルコスティーラーズ入り間近報道

ブラッドリー・ビール(ワシントン・ウィザーズ)の夢、ボストンで散る。願いは2017-2018シーズンへ

カンファレンス決勝を迎え、プレーオフ戦線佳境を迎えているNBA

昨年の同じ時期に来日してファンを楽しませてくれたWashington Wizards:ワシントン・ウィザーズのBradley Beal:ブラッドリー・ビール、

今シーズンの躍進ぶりは先日記事↓にした通りですが、

<< 2017年4月15日投稿:画像は記事にリンク >> ブラッドリー・ビール(ワシントン・ウィザーズ)が過ごした充実のNBA2016-2017シーズン

その後、進出したプレーオフ第1ラウンドを突破。

第2ラウンドはEastern Conference:イースタン・カンファレンス No.1シードのBoston Celtics:ボストン・セルティックス相手に

カンファレンス決勝進出を賭けた天王山第7戦(4勝で勝ち抜け)まで持ち込んだものの

出典:NBA JAPAN(画像はサイト/動画にリンク)

あと一歩及ばすシーズンを終えることになってしまいました。

続きを読む ブラッドリー・ビール(ワシントン・ウィザーズ)の夢、ボストンで散る。願いは2017-2018シーズンへ

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:マイケル・チェイカ ヘッドコーチがラグビーワールドカップ予選リーグ組合せ抽選会後に語った豊富

マイケル・チェイカ ヘッドコーチがラグビーワールドカップ予選リーグ組合せ抽選会後に語った豊富

” 2019年に日本で初めて開催される第9回ラグビーワールドカップの予選リーグの組み合わせ抽選会が、5月10日、京都迎賓館であり、元日本代表ヘッドコーチのエディー・ジョーンズ氏がイングランド代表の指揮官として出席。

オーストラリア代表のマイケル・チェイカヘッドコーチ、南アフリカ代表のアリスター・クッツェーヘッドコーチとともに記者会見に応じた。

なお、プール組分けの詳細は以下の通り。

■ プールA:アイルランド代表、スコットランド代表、日本代表、ヨーロッパ予選1位、ヨーロッパ予選2位-オセアニア予選3位のプレーオフ勝者

■プールB:ニュージーランド代表、南アフリカ代表、イタリア代表、アフリカ予選1位、敗者復活予選優勝

■プールC:イングランド代表、フランス代表、アルゼンチン代表、アメリカ予選1位、オセアニア予選2位

■プールD:オーストラリア代表、ウェールズ代表、ジョージア代表、オセアニア予選1位、アメリカ予選2位

以下、当該発言のあった会見中の一問一答の一部(編集箇所あり)。

――抽選会のあった京都への印象をお願いします。

チェイカ

「個人的に初めて京都に来ました。オーストラリアではたくさんの仕事があり、ややストレスを抱えてきたんです。

ただ、まだ48時間しか京都にいませんが、リフレッシュできています。

静かな街で、人も素晴らしい。いい経験ができています。これからお気に入りのいい場所を発見できる」

――オーストラリア代表は今秋、日本代表と対戦します。

チェイカ

「貴重な機会。日本はスーパーラグビーでも活躍するなど進化を遂げている。競争力もぎりぎりまで高める可能性が強い。手ごわい試合になるでしょう。

しかし会場は(決勝戦のおこなわれる)横浜国際競技場。素晴らしい試合にもなる。我々ワラビーズを支援するファンもそこにいることを、願っています」

――オーストラリア代表の入った組はたやすいか。

チェイカ

「他のチームがどこにいるかは気にせず、我々の準備をする。国際レベルに来ると、どこのチームが簡単、難しいといったことは関係ない。

国家を歌い、お互いに相当な熱意で試合をする。想定と違ったことが起こる。自分たち自身にフォーカスをして、自分たちのラグビーをするしかない」”(出典:Yahoo!ニュースから抜粋)

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:マイケル・チェイカ ヘッドコーチがラグビーワールドカップ予選リーグ組合せ抽選会後に語った豊富

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ラグビーワールドカップ2019、ワラビーズは POOL D

ラグビーワールドカップ2019、ワラビーズは POOL D

” 2019年に開かれるラグビーの第9回ワールドカップ(W杯)日本大会のグループリーグ組み合わせ抽選会が10日、京都市の京都迎賓館で行われ、

9大会連続出場となる日本(世界ランキング11位)はA組となり、アイルランド(同4位)、スコットランド(同5位)との対戦が決まった。

欧州予選代表、欧州・オセアニアプレーオフ勝者の2チームを加えた5チームで争う。

前回の15年イングランド大会で、優勝候補の南アフリカを破る金星を挙げるなど躍進した日本は、地元開催で初の8強入りを目指す。スコットランドとは前回大会に続く対戦となる。

アジア初開催となる日本大会は20チームが出場。5チームずつA~D組に分かれて総当たりで戦い、各組上位2チームが準々決勝に進む。

全国12会場が舞台となり、日本が登場する開幕戦は19年9月20日に東京スタジアムで、決勝は11月2日、横浜国際総合競技場で行われる。試合日程や会場は今年秋に決まる予定。”(出典:讀賣新聞

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ラグビーワールドカップ2019、ワラビーズは POOL D

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:百田尚樹さんが讃えたオーストラリア人の公正さ

百田尚樹さんが讃えたオーストラリア人の公正さ

” こうした当時の記録を見ていると、オーストラリア人の持つ公正さに感心する。イギリス流のスポーツマンシップの伝統があったのか、これは民度の高さといっていいのだろう。

ボクシング興行の持つ醜い側面が浮き彫りになったこの試合での、これはひとつの救いである。

原田もまた翌日の新聞を見て、悔しさが癒された思いがしたと語っている。

余談だが、オーストラリア人がこの時の原田にいかに感銘を受けたかということを示す面白いエピソードがある。

この試合の三十七年後の二〇〇六年にオーストラリア競馬史上採鉱額の二千二百五十万豪ドルでアイルランドに所有権を移された名馬に「ハラダサン(Haradasun)」という名前が付けられた。

この名前の由来はファイティング原田の「原田さん」という日本の呼び名を英語表記したものだ。いかにオーストラリア人たちの間で「原田」が尊敬されているのかがわかる逸話だ。”(『「黄金のバンタム」を破った男』p300)

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:百田尚樹さんが讃えたオーストラリア人の公正さ

百田尚樹さんがファイティング原田さんの現役生活を通じて描いた一九六〇年代の日本:『「黄金のバンタム」を破った男』読了

作家 百田尚樹さんが、ファイティング原田さんの現役時代を描いたノンフィクション『「黄金のバンタム」を破った男』を読了。

購入時のレシートを確認すると、2014年1月。サイン本ということに飛びついてから

しばらく積読本となっていましたが、手持ちの未読本が切れたタイミングで手に取ったら

程なく本の中で展開されている世界に魅了されていきました。

続きを読む 百田尚樹さんがファイティング原田さんの現役生活を通じて描いた一九六〇年代の日本:『「黄金のバンタム」を破った男』読了

シカゴ・ベアーズ、5つの可能性を選択してNFLドラフト2017を終える

現地時間4月27日から29日の3日間に渡って開催されたNFL Draft 2017が終了。

初日の1巡目指名でファン、アナリスト、関係者等を驚かせたシカゴ・ベアーズ:Chicago Bears

<< 2017年4月28日投稿:画像は記事にリンク >> シカゴ・ベアーズ、まさかのトレードアップで QB ミッチェル・トゥルビスキーを全体2位指名:NFLドラフト2017

2日目(前日の指名権譲渡により、2巡目指名のみ)は一転トレードダウンして、

出典:Chicago Bears 公式Twitterアカウント(画像はアカウントにリンク)

指名権を回復。

続きを読む シカゴ・ベアーズ、5つの可能性を選択してNFLドラフト2017を終える