オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:日本で意外な初体験をしたオーストラリア人3人組、印象に残った景色とは

日本で意外な初体験をしたオーストラリア人3人組、印象に残った景色とは

” 四季折々の美しい風景が見られる日本。外国人観光客は、季節に合わせた計画を練って日本に訪れるようです。

オーストラリアからやってきた女性3人組は、冬しか見ることができない絶景を堪能。さらに人生で初めての体験もしたといいます。目的地はどこだったのでしょうか?

近年、オーストラリア人が急増している場所

オーストラリアから旅行に来ていた仲良し3人組のニキータさん、ローレンさん、クロウィーさん。学生時代からの友人同士で、今回は18日間の滞在を予定しています。

この日、3人は築地市場で食べ歩きをしていました。東京観光を楽しんだあとは、大阪や京都など関西地方を回る予定なのだそう。そこで、3人にここまでの旅で印象に残った場所を聞いてみました。

その場所とは長野県の白馬村。1998年の長野五輪で競技が行われるなど、日本を代表するスキー場があることで知られています。ニキータさんは、北アルプスの大パノラマを一望し、とても感動したといいます。

「日本で印象に残ったことといえば、断然、白馬の雪景色だわ。すごく美しかった」

実は、白馬村は国内スキー客の減少に悩まされてきました。しかし、近年はニキータさんたちのようなオースラリア人観光客が急増。白馬村観光局が発表したデータ分析によると、今冬の観光客数は、過去20年で最大を記録しています。

「3人とも人生で初めて雪に触れました。そして、人生初のスノボも。日本風のロッジにも泊まって、満喫できました」とニキータさん。美しい日本の自然を堪能したようです。”(出典:Hint-Pot

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:日本で意外な初体験をしたオーストラリア人3人組、印象に残った景色とは

養老孟司先生の読書(書評集)を通じて学べた:『時間をかけて考える  養老先生の読書論』読了

養老孟司先生の『時間をかけて考える  養老先生の読書論』を読了。

タイミング良くサイン本入荷情報に

出典:紀伊國屋書店 新宿本店 X(画像はpostにリンク)

アクセス出来、入手していた経緯。

本書は、タイトルからてっきり本の読み方?

” 定期的に書評を書いていると、こんなに溜まるものか、と思う。本書で二つ目の書評集である。”(p2)

と思いきや書評集で、

続きを読む 養老孟司先生の読書(書評集)を通じて学べた:『時間をかけて考える  養老先生の読書論』読了

元広島東洋カープ大野豊さんの飾らぬ人柄に惹き込まれてきた:ズバッ!ズバッ!! “男”大野豊の熱血解説LIVE 参加記

自身で定義した2024年若干長めのゴールデンウィーク期間が過ぎ

<< 2024年5月12日投稿:画像は記事にリンク >> 楽しみ多め、ちょっと長めに過ごせた2024年のゴールデンウィーク

迎えた最初の週末は・・

出典:株式会社シャイニングFacebookページ(画像は投稿にリンク)

広島東洋カープのエースで時代を築いた大野豊さん登壇イベントへ。

イベントは承知していたものの、なかなか参加に踏ん切れ無かったところ決め手になったのは、

<< 2017年4月7日投稿:画像は記事にリンク >> 広島東洋カープの黄金期をエースの立場で牽引した北別府学さんの厳しさと優しさ:開幕スペシャル企画 北別府学さんトークショー参加記

7年前(2017年4月)に参加した北別府学さんイベントの参加特典で所有していたサインボールに、

7年前に頂いた北別府学さんサインボール(赤い札はイベント整理番号)

大野豊さんからもサイン頂ければ、

< 広島東洋カープ 投手通算勝利数 > 1位 北別府学 213、2位 長谷川良平 197、3位 大野豊 148、4位 佐々岡真司 138、5位 外木場義郎 131 出典:SPAIA

広島東洋カープの歴代勝利数1位及び3位揃い踏みとなり、ボールへの思いが深まるであろうと考えてのこと。

プレーボール、そして大野豊さん

初往訪となる会場の 鯉の応援スタジアム COISTA を開演時間直後に訪れ、まずはグラスを片手に雰囲気慣れするところから。

角っこでカープファンの熱気を90°の方向で感じながらシャンディガフとともに雰囲気慣れ

イベント形式が初となる登壇者による生解説で、対象となる広島東洋カープ対讀賣ジャイアンツのプレーボールは14:00で、

大型スクリーンに映し出されたゲーム経過で一喜一憂

予告されていた大野豊さんの登場時間は15:30。

ゲームは讀賣ジャイアンツが序盤に2点先行。広島東洋カープがチャンスを掴みかけるも、なかなか活かせず追いつけずといった状況から

出典:Sportsnavi(画像はサイトにリンク)

何と!大野豊さん登場直後に広島東洋カープが3-2と逆転に成功。大野豊さん登場と逆転劇で最初のクライマックス到来 ^^

店内の雰囲気盛り上がりゆく中、大野豊さんのゲーム解説。NHKの解説で抱いて印象を覆すぶっちゃけぶり(=生々しさ)に参加の醍醐味を感じつつ、話題は大野豊さんの野球史に及んだり、苦楽をともにしたチームメイトの素顔であったり、ゲームに限定されない内容。

中途でバトンは参加者に向けられ質問コーナー到来。解説の中で江夏豊さんの話題が出てきて興味を持ち、挙手すればいの一番にご指名頂き、

進行は大野豊さんが広島東洋カープに入団していなかったらこの世に存在していなかったであろうという古田ちさこさん  出典:古田ちさこさん X(画像はpostにリンク)

ご回答頂けた期待していた以上の内容に、更にMC古田ちさこさんの掘り下げに繋がる追質問から奥深いお話しも飛び出して、双方向なひと時は最も印象に残ったひと時となりました。

そんなこんな試合は終盤へ・・ 4-2 広島東洋カープリードで最終回を迎え、守護神 栗林良吏選手がマウンドに上がり盤石と思いきや・・

出典:Sportsnavi(画像はサイトにリンク)

1点差に詰め寄られ、決着がつく直前の状況は 9回表 2死満塁 3ボール 2ストライク、、 大野豊さんは「開幕投手を務めながらここまで未勝利の先発九里亜蓮選手が勝つことに意味がある」と仰っていた条件があとボール一つで崩壊してしまう崖っぷちまで行き、最後空振り三振に仕留め店内再び盛り上がりのるつぼへ 🔥

9回に入っていた時点で当初予定されていたイベント終了時間を過ぎていたそうで、仮に同点になって延長にもつれ込んだり逆転されていたらグダグタになっていたかもしれない?!なか、見事な締め括りでした ^〜^/

温かみ伝わった直のひと時

そこから休憩を挟み、大野豊さんはジャケットをユニフォームに着替えられ写真撮影タイム(1ショット)に、

大野豊さん登場後は撮影禁止となっていたところから迎えた撮影解禁.-

サイン会&ツーショット撮影会へ。晴れて仕込んでいったサインボールにペンを走らせて頂いた後、

ボールにサインを頂いた後、大野豊さんと記念の一枚 📸

記念撮影で大満足〆。

痺れるゲーム展開に、質問機会に恵まれたことに、何より大野豊さんのハートフルな人間性伝わった約2時間で、高揚感を感じながらついた帰路の歩行がとても心地良く感じられました 🙏

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:連邦政府、留学生数の上限を検討。教育機関は反対

連邦政府、留学生数の上限を検討。教育機関は反対

” 連邦政府は、全国的な住宅危機を背景に海外からの留学生受け入れに上限を定める計画を発表した。国内の教育機関らはこれに反対する。

昨年、パンデミック前を上回る留学生78万7,000人が国内で学んだ。変更案のもと、上限を上回って留学生を受け入れる教育機関は、独自で専用の住居を建設しなければならない。

教育プロバイダーに対し、入学数を制限する権限を教育大臣が持てるよう、「留学生向け教育サービス法」を改正する計画だ。

オニール内務省とクレア教育相は13日午前、教育機関らと協議する。連邦のガラガー金融相は、「留学生数を減らすよう大学セクターに連携してほしい」と訴えた。14日夜発表の連邦予算案でも、大学に焦点を充てるという。

オーストラリア国際教育協議会(IEAA)のフィル・ハニーウッドCEOはABC局に対し、「行き過ぎ、早すぎる政策は、安全で世界トップクラスの学習先であるオーストラリアの評判にダメージを与える」と述べた。

また、「国内の全政府が大学の資金不足に目を背け、研究費不足や国内学生の内部補助のために、大学は留学生を受け入れざるを得ない」と指摘した。

さらに、「影響は大学だけでなく、長年運営してきた数百の英語学校、公立のハイスクールおよび私立校にも及び、雇用20万をリスクにさらす可能性もある」と警告した。”(出典:JAMS.TV

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:連邦政府、留学生数の上限を検討。教育機関は反対

楽しみ多め、ちょっと長めに過ごせた2024年のゴールデンウィーク

世の中的に2024年のゴールデンウィークは4/27(土)〜5/6(月・祝)という捉えになろうかと思います。

その期間、中には10連休というような方もいらっしゃったようですが、私は断続的に自分の時間であったりなかったりの切り替わりで、始まりは4/26(金)から。

実質的な稼働は4/27から  << 2024年4月28日投稿:画像は記事にリンク >> 正田耕三さん、前田智則さんの広島東洋カープ先輩後輩トークに惹き込まれた:前田智則氏 X 正田耕三氏 トークショー サイン&撮影会 参加記

世間が連休明けとなった5/7以降も↓ Justin Reid選手に、

<< 2024年5月11日投稿・画像は記事にリンク >> SUPER BOWL(LVII, LVIII)CHAMPION チームメンバーを眼前にしてきた: KANSAS CITY CHIEFS JUSTIN REID 選手 サイン&ツーショット撮影会 参加記

↓掛布雅之さん

続きを読む 楽しみ多め、ちょっと長めに過ごせた2024年のゴールデンウィーク

中村憲剛さんが振り返った「こころ」が辿ってきた軌跡:『中村憲剛の「こころ」の話』読了

週中(5/8)現役時代、川崎フロンターレ及び日本代表でサッカー界を牽引された中村憲剛さんの『中村憲剛の「こころ」の話』を読了。

本書は、先月オンラインで ↓

<< 2024年4月21日投稿:画像は記事にリンク >> 『中村憲剛の「こころ」の話 今日より明日を生きやすくする処方箋』刊行記念 中村憲剛さんトークイベント&サイン会 視聴記

概要について触れていましたが、川崎フロンターレの内科チームドクターとして出会った(本書監修者)木村謙介さんからの

” エリート街道を突き進み、何かを成し遂げた人が、自分の人生観や「こころ」の持ちようについてつづった書籍は、自分自身も目にする機会があった。

一方の自分は、学生時代は全く日の当たる場所を歩くことのなかった、いわば非エリートだ。先生は、そんな非エリートである自分が、挫折を乗り越え、自分自身と向き合い、「こころ」を鍛え、育てていったことで、日本代表にまで駆け上がり、 J1リーグという日本最高峰のプロサッカーリーグで優勝を達成し、40歳まで選手生活を続けたことは多くの人の参考になり、希望になると言ってくれた。”(p3-4)

という助言に、

” 僕自身が向き合ってきた日常や「こころ」の変遷、「こころ」の在り方は、多くの人が楽しく、そしてよりよく生きるための参考になるのではないか、と。”(p4)

との考えに達し上梓に至った著書。

 第1章 心って、何だろう?

 第2章 信頼を得るための処方箋

 第3章 コミュニケーションの処方箋

 第4章 生きる知恵と考える力の処方箋

 第5章 挫折・失敗から学ぶための処方箋

 第6章 人生の質を高める心の処方箋

と章立てられ、

” 心が揺れるから面白く、心が揺さぶられるから楽しく、そして心が揺れ動くから驚き、感動もする。”(p16)

なる前提に、

続きを読む 中村憲剛さんが振り返った「こころ」が辿ってきた軌跡:『中村憲剛の「こころ」の話』読了

掛布雅之さんの優しく包み込まれるオーラを再び体感してきた:掛布雅之氏 トークショー&サイン・撮影会 参加記

天気予報で雨模様のチェックを強いられる晴天が続かぬ日々に、気温の上げ下げも振れ幅有るところ「今日は暑かったなぁ」という(2024年)5月中旬の土曜日、先月に続いて新幹線に乗車し大阪市へ。

今回の目当ては1月以来となる

<< 2024年1月21日投稿:画像は記事にリンク >> 掛布雅之さんの優しく包み込まれるオーラに4年ぶりに触れてきた:プロ野球温故知新 「4番・サード・掛布!」ミスタータイガースが東京にやって来る!! 掛布雅之 参加記

阪神タイガース掛布雅之さん。

今月もB-CRAZYさんのイベントへ 出典:ビークレイジー X(画像は post にリンク)

掛布雅之さん登壇イベントは今回で3度目でしたが、

長年愛用してきた掛布モデルのグローブを持参しての大阪入り

希望するものにサイン頂ける機会は初で、ワクワク度高めでの往路。

整理券配布時刻に余裕を持って現地入りし、

早めの現地入りで最前列中央を確保 🙏

願ってもない座席を確保

会場の隣部屋が掛布雅之さんの控室とのことで、開始1時間前から壁越しに聞こえてくる掛布雅之さんの快活な話し声にじわじわと高められる期待感 ↗️

続きを読む 掛布雅之さんの優しく包み込まれるオーラを再び体感してきた:掛布雅之氏 トークショー&サイン・撮影会 参加記

Super Bowl(LVII, LVIII)Champion チームメンバーを眼前にしてきた: Kansas City Chiefs Justin Reid 選手 サイン&ツーショット撮影会 参加記

告知を見た直後は「 Kansan City Chiefs :カンザスシティ・チーフス ファンじゃないしなぁ」と飛びつく感じでなかったものの

告知から20時間を経て・・ 出典:ミント本部 スポーツトレカ&TCGショップ X(画像は post にリンク)

翌日となり考えてみれば・・  OBを含めNFLの選手に会える機会は稀有だし、ましてやそれが現役のSuper Bowl Champion チームメンバーとなれば「こんな機会ないでしょう!」と申し込み。

やはり行くと決めると開催日まで俄然楽しみに包まれ、当日を迎えいざ会場のMINT 横浜店 へ。

会場を確認して一安心 ^〜^

(横浜駅直結等)分かりやすい場所ながらアウェー感あるエリアで早めに現地到着。

「ここかぁ」と会場を確認した後、周辺をうろうろしながら開場待ち。定刻を迎え早々に受付を経て、最前列中央部に着座。

好位置を確保でき、開演までのカウントダウン・・

開始時間になってもJustin Reid :ジャスティン・リード選手がまだ到着しておらず10、15分遅れると通達あり、良からぬ予感が頭に浮き上がるも、

続きを読む Super Bowl(LVII, LVIII)Champion チームメンバーを眼前にしてきた: Kansas City Chiefs Justin Reid 選手 サイン&ツーショット撮影会 参加記