「Rock’n Roll」カテゴリーアーカイブ

オーストラリア ライフスタイル & ビジネス研究所:連邦政府 「AC/DC 45周年記念硬貨」発行を発表

連邦政府 「AC/DC 45周年記念硬貨」発行を発表

” オーストラリア政府は、AC/DCの45周年を祝した記念硬貨『AC/DC – 45 Years of Thunder』の発行を発表。

王立オーストラリア造幣局から発行されるのは、オーストラリア50セント硬貨(30,000枚)と5オーストラリア・ドル硬貨(10,000枚)の計2種類。

また王立オーストラリア造幣局はオーストラリアの国立科学技術センターと協力して、350万ボルトの人工雷を硬貨に落雷させる実験を実施。

この実験は50セント硬貨10枚のみ行われ、この10枚は王立オーストラリア造幣局のオンラインサイトで記念硬貨『AC/DC – 45 Years of Thunder』を購入した方を対象にランダムに発送されます。

5オーストラリア・ドル硬貨は、ギターピックのような形をしており、本物のギターピックと共にアンプ型のボックスに収納されて販売されます。

残念ながら、王立オーストラリア造幣局のオンラインサイトでは、記念硬貨『AC/DC – 45 Years of Thunder』の購入はオーストラリアとニュージーランドに住んでいる方のみ。”(出典:amass

続きを読む オーストラリア ライフスタイル & ビジネス研究所:連邦政府 「AC/DC 45周年記念硬貨」発行を発表

三連休のど真ん中のシビれる大音量♪体感ロックサウンド:Black Hindenburg & 松川純一郎, Michiaki, 嶋田吉隆トリオ ライヴ体感記

年によって祝祭日の並びの当たり外れが指摘されたりしますが、今年(2018年)の9月は

2週連続で月曜休みの3連休続きで、比較的、当たりであるような。

そんな巡り合わせの最初の連休中日は、お声がけ頂いたライヴへ。

会場はJR桜木町駅徒歩圏のTHE CLUB SENSATION.-

近年はすっかり、年に数回といったライブ観戦のペースも、今年は1月の米米CLUBが唯一という状況。

<< 2018年1月10日投稿:画像は記事にリンク >> 米米CLUB A K2C ENTERTAINMENT TOUR 2017 〜おせきはん〜 追加公演に行って、すっかり米米CLUBの世界観に魅了されてきた♪

出演は2バンドで最初はLED ZEPPELINのトリヴュートバンド Black Lindenburg.-

2年振りの復活ステージとのBlack Hindenburg.-

LED ZEPPELINはロック好きの通過儀礼として、👇などの作品を買い込んで一時期聴き込んだものの

続きを読む 三連休のど真ん中のシビれる大音量♪体感ロックサウンド:Black Hindenburg & 松川純一郎, Michiaki, 嶋田吉隆トリオ ライヴ体感記

BLUE MURDERを支えたNik GreenのためにJohn Sykesも立ち上がり、Gibson Les Paulをオークションへ寄贈

夕方、Facebookを眺めていたら、久々 John Sykes のアカウントからの発信を発見👇

出典:John Sykes Facebookページ(画像は投稿にリンク)

先月(2018年8月)👇のTony Franklinに続いて

<< 2018年8月8日投稿:画像は記事にリンク >> BLUE MURDERを支えたNIK GREENへTONY FRANKLINが、NIK GREEN MEMORIAL & MEDICAL ORGANIZED BY TONY FRANKLIN に込めた思いに共感

Blue Murder結成時からKeyboardistの立場で支えたバンドをNik Greenのご遺族支援に立ち上がり、 自身所有のGibson Les Paulを提供。

愛器にはJohn Sykes自身のほか、Carmine Appice, Tony Franklinの直筆サインが入れらており、

出典:The Way Team Auction(画像は商品説明ページにリンク)

ファン垂涎の逸品となっています。

出典:The Way Sean Auction(画像はサイトにリンク)

気になる最低入札価格は、$3,500.-(約392,000円程度/9月16日時点)

Facebookグルース:John Sykexっていいね!倶楽部(画像はFbグループにリンク)ファンの方のご参加お待ちしています lml

なお、Carmine Appiceもistanbul Cymbal👇ほかを

出典:The Away Auction Team(画像は商品説明ページにリンク)

(John Sykesと同じく)The Away Auction Teamを通じて提供しています。

久々でファンにとっては嬉しい発信となりましたが、

John Sykesが重い腰を上げた背景のNik Greenご遺族の経済的負担は気になるところで、

一連の動きが解決、大きな助けとなることを切に願います🙏

BLUE MURDERを支えたNik GreenへTony Franklinが、Nik Green Memorial & Medical organized by Tony Franklin に込めた思いに共感

昼ごろ、漫然とFacebookを眺めていれば・・

出典:Tony Fretless The Fretless Monster(画像はgofundmeの詳細にリンク)

Tony Franklinの公式ページ(Tony Franklin The Fretless Monster)の投稿に目が止まり、一読した範囲・・

続きを読む BLUE MURDERを支えたNik GreenへTony Franklinが、Nik Green Memorial & Medical organized by Tony Franklin に込めた思いに共感

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:郵便公社発行 AC/DC切手シリーズが物議

郵便公社発行 AC/DC切手シリーズが物議

” オーストラリア郵便公社がAC/DCの結成45周年を記念し発行した、

彼らのアルバム・ジャケットをフィーチャーした記念切手シリーズが、同国でリリースされたジャケ写と違うと、一部で波紋を呼んでいる。

切手は20種(アートワーク)で1セットとなっているが、オーストラリアの音楽サイト『Noise 11』によると、

その中で、『High Voltage』(1975年)と『Dirty Deeds Done Dirt Cheap』(1976年)は本国オーストラリアではなくアメリカでリリースされたときのアートワークが使用されている上、オーストラリアでは発表されなかったEP『’74 Jailbreak』が含まれているという。

オーストラリア以外のファンにはアメリカ・ヴァージョンのほうが馴染み深いだろうが、オーストラリアで発行されたオーストラリアを代表するバンドの切手であることから、『Noise 11』はかなりご立腹。

読者からも「大問題」とのコメントが寄せられている。

海外のファンはそれほど問題視しないであろうこの切手シリーズは、オーストラリア郵便公社のオンラインショップ(Shop.auspost.com.au)で日本からも購入可能(切手セット23豪ドル+送料9豪ドル)。”(出典:BARKS

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:郵便公社発行 AC/DC切手シリーズが物議

Cinderellaのブルージーなノリ、グルーヴが心地良く体内に響く日々♪

このところの自分時間のBGM、(狭義の)マイブームは Cinderella.-

もともと(Cinderella)その名を世に知らしめた Shake Me

 Cinderella – Shake Me

のノリ良きストレートなRn’Rはたまに聴きたくなって、iPod等で時折再生させていたものの

先日、Youtubeのオススメで上がってきた Live in Japan 1987

 Cinderella – Live in Japan 1987【Full Concert】

スタジオテイクとは別途、ライヴならではの良さが見事に伝わってきて、見事(昔を思い出すかの如く)惹き込まれていきました ^〜^♪

一度再生すると、Youtubeの仕組み上?次から、次とオススメがモニター右側に表示されだして、

近年のライヴは一見したところ、VocalのTom Keiferが(wikipedia情報↓では)

続きを読む Cinderellaのブルージーなノリ、グルーヴが心地良く体内に響く日々♪

John Sykesっていいね!倶楽部主催 John Sykes Fan Convention 〜 Chapter 6 〜 で、熱く楽しい時間を過ごしてきた

2018年上半期〆の一日は、2015年12月以降、半年に一度開催している  John Sykes Fan Convention

Facebookイベントページ(画像はFbページにリンク)

回を重ねて今回で6回目(=Chapter 6)。

最初は「企画として成立するのか?」といったよちよち歩きの段階から

回を重ねるごとに「John Sykesにまたシーンに戻ってきて欲しい」の思いを共有してもらえる人たちの輪が広がり、

<< 2017年3月11日投稿:画像は記事にリンク >> JOHN SYKESがYOUNG GUITAR(2017年4月号)のインタヴューで語った復活及び新譜SY-OPS への意気込み

昨年(2017年)は、John Sykesがメディア(Young Guitar)に登場し、

続きを読む John Sykesっていいね!倶楽部主催 John Sykes Fan Convention 〜 Chapter 6 〜 で、熱く楽しい時間を過ごしてきた

追悼 Vinnie Paul。悲しいけど、弟(Dimebag Darrell)と再会の時を心ゆくまで

土曜日、責務から解放され、携帯でFacebookにアクセスすれば・・

出典:Classic Rock Magazine Facebookページ(画像は記事にリンク)

「1964-2018」の表記が、死亡(記事)を意味することは分かったものの

写真にあるVinnie Paulと結びつかず、頭の中での整理に時間を要すること。しばし。

続きを読む 追悼 Vinnie Paul。悲しいけど、弟(Dimebag Darrell)と再会の時を心ゆくまで