「Rock’n Roll」カテゴリーアーカイブ

Ozzy Osbourne、Zakk Wyldeと2006年以来のタッグを組んでのツアー火蓋

2月に ↓

<< 2017年2月8日投稿:画像は記事にリンク >> BLACK SABBATH THE END TOUR、バンド生誕の地 BIRMINGHAMで迎えた終焉

1年以上に及んだBLACK SABBATHのTHE ENDを熱狂とともに閉幕させた Ozzy Osbourne.-

THE ENDツアー中から新作のレコーディングが情報として流れていましたが、

それに先行する形でソロとしてステージにカムバック。

続きを読む Ozzy Osbourne、Zakk Wyldeと2006年以来のタッグを組んでのツアー火蓋

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ロック界注目!?のシドニー在住13歳ギターキッズ Jeremy Yong

ロック界注目!?のシドニー在住13歳ギターキッズ Jeremy Yong

” 13歳の速弾き少年ギタリスト、ジェレミー・ヤングが地元のTV番組に出演、ヴァン・ヘイレン(Van Halen)「Jump」のカヴァーを披露して話題に。

ジェレミーは、10歳の時に撮影したジョー・サトリアーニ「Surfing with the Alien」のカヴァー・パフォーマンス映像で注目を集めた、オーストラリアのシドニーに住む少年ギタリスト。

その後、様々なテレビ番組に出演するなど、キャリアを積んでいます。”(出典:amass

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ロック界注目!?のシドニー在住13歳ギターキッズ Jeremy Yong

Rolling StoneによるU2 TOP50曲選を見て、自分でも3曲選んでみた

日中なかなかチェック出来ず、時間が出来たところで「何か音楽関連でニュースあるかな・・」と、amassを眺めていれば・・

出典:amass(画像は記事にリンク)

U2が、キャリアでリリースしてきた曲のRolling Stonesによる50選。

興味惹かれ「何が選ばれているんだろう」などと、しばし見入ってましたが、

Rolling StoneはTop 3に・・

続きを読む Rolling StoneによるU2 TOP50曲選を見て、自分でも3曲選んでみた

John Sykesっていいね!倶楽部主催のJohn Sykes Fan Convention(Chapter 4)で熱く楽しい時間を過ごしてきた

スタジオライヴ&セッション+飲み会の形態となってから2015年12月を皮切りに

半年ごとに開催しているFacebookグループ John Sykesっていいね!倶楽部  

Facebookグループ:John Sykesっていいね!倶楽部(画像はFbグループにリンク)ファンの方、奮ってご参加下さぃ lml

のオフ会、John Sykes Fan Convention Chapter 4 無事終了.-

続きを読む John Sykesっていいね!倶楽部主催のJohn Sykes Fan Convention(Chapter 4)で熱く楽しい時間を過ごしてきた

街中で音楽認識アプリSHAZAMを大活躍させてみた(SYSTEM OF A DOWN, ZZ TOP, A TASTE OF HONEY)

以前、一度記事にした音楽認識アプリShazam活用で第2弾.-

<< 2017年3月1日投稿:画像は記事にリンク >> マック(マクドナルド)で音楽認識アプリSHAZAMを大活躍させてみた

今回は、まず近所のロックテイストなアパレル店でBGMになっていた ↓

SYSTEM OF A DOWN  –  X  

バンド名に馴染みはありましたが、バンド名を意識して聴き込んだ経験はなく「こんな感じかぁ〜」 と。

重たいノリに、ザクザクとした切れ味良いサウンド、ドコドコ来る感じが奥に引っ込んでいた氣を引っ張り出されるような ^^

もう一曲、後日、同店舗を通り過ぎようとした際に耳にした軽快なナンバー

続きを読む 街中で音楽認識アプリSHAZAMを大活躍させてみた(SYSTEM OF A DOWN, ZZ TOP, A TASTE OF HONEY)

AEROSMITH Kept A Rollin’ : AERO-VEDERCI-BABY!で魅せる日替わりのステージ

4月上旬、Steven Tyler初のJapan Tour敢行後、

<< 2017年4月17日投稿:画像は記事にリンク >> STEVEN TYLER JAPAN TOUR 2017 大阪公演に行って、STEVENの優しさとロックの伝説の凄みを体感してきた

翌月から始まったAERO-VEDERCI BABY!  EUROPEAN TOUR 2017、

出典:AEROSMITH公式サイト(画像はサイトにリンク)

公演が消化されるにつれ関連情報も多く打電され、Chris Cornell追悼であったり、

出典:BARKS(画像は記事にリンク)
出典:ALTERNATIVE NATION(画像は記事にリンク)

マンチェスター爆破事件の被害者への追悼であったり、

出典:Steven Tyler公式Facebookページ(画像は投稿にリンク)

不幸な出来事ながらショウの中で世の中の出来事を採り入れ、細かいところでは下掲のBARKSの記事を参照すると、

続きを読む AEROSMITH Kept A Rollin’ : AERO-VEDERCI-BABY!で魅せる日替わりのステージ

ANTHRAXとMEGADETHが一緒にライヴすりゃ、そりゃ盛り上がる:MEGADETH JAPAN TOUR 2017 SPECIAL GUEST ANTHRAX 参加記(MEGADETH編)

先週、熱狂のうちに幕を閉じたMEGADETH JAPAN TOUR 2017 SPECIAL GUEST ANTHRAX

<< 2017年5月19日投稿:画像は投稿にリンク>> ANTHRAXとMEGADETHが一緒にライヴすりゃ、そりゃ盛り上がる:MEGADETH JAPAN TOUR 2017 SPECIAL GUEST ANTHRAX 参加記(ANTHRAX編)

ANTHRAX編↑のつづきで、 ヘッドライナーMEGADETH編。

体感 Zepp DiverCity TOKYO 1F客席

・・の前に、初めて足を踏み入れたZepp DiverCity TOKYO 1Fの様子。

整理券番号170番台で、やや待たされたなぁといったインターバルを経て会場に足を踏み入れれば・・

最前方と2ブロック目のバーにもたれられるところは既にふさがっていたものの

細かくバーで区切られたCブロックでも呼べるゾーンは、殆どフリーな状態で、ブロック最前のバー越しの好位置(赤丸箇所↙️)をキープ。

2ブロック(↑青色ゾーン)ほど下がると段差があり、視界が広がるため、早々にそこをターゲットしている人たちも多かった様子。

自分が居たところは前に高い人が立たれたので、ところどころ視界を遮られましたが、臨場感満点!

当初は「2Fで・・」なんて思っていましたが、1F前方を選択した結果、強く今回の思い出を脳裏に焼きつけることができました。

Countdown to ..

遂に迎えるオープニング

で、MEGADETH。

ANTHRAXが終わったのは20:00頃で、「なかなか始まらないなぁー」と、途中でChris Cornellの訃報を知ってびっくりしたりで、

<<2017年5月23日投稿:画像は記事にリンク >> BLACK HOLE SUNが心に沁みる(追悼 Chris Cornell:クリス・コーネル)

19:40頃遂に場内暗転!… で ↓

続きを読む ANTHRAXとMEGADETHが一緒にライヴすりゃ、そりゃ盛り上がる:MEGADETH JAPAN TOUR 2017 SPECIAL GUEST ANTHRAX 参加記(MEGADETH編)

Black Hole Sunが心に沁みる(追悼 Chris Cornell:クリス・コーネル)

先週は音楽界でChris Cornell:クリス・コーネル(SOUNDGARDENAUDIOSLAVE etc)死去というびっくりの知らせが世界を駆け巡りましたが、

出典:amass(画像は記事にリンク)

享年52歳。亡くなった日にも公演を行っていたことから余計に衝撃を受けました。

出典:amass(画像は記事にリンク)

報じられたところによると、死因は自殺のようで・・。

出典:amass(画像は記事にリンク)

訃報を知った時はZepp DiverCity TOKYOANTHRAXのライヴを見た後、

<< 2017年5月19日投稿:画像は記事にリンク >> ANTHRAXとMEGADETHが一緒にライヴすりゃ、そりゃ盛り上がる:MEGADETH JAPAN TOUR 2017 SPECIAL GUEST ANTHRAX 参加記(ANTHRAX編)

MEGADETHの登場を待っている状態でしたが、登場後、アンコールで急遽といった形でSOUNDGARDENの曲 Outshined で追悼を行い、

出典:amass(画像は記事にリンク)

長く印象に残るであろうワンシーンでした。

続きを読む Black Hole Sunが心に沁みる(追悼 Chris Cornell:クリス・コーネル)