「Rock’n Roll」カテゴリーアーカイブ

今、訪れているZZ TOPブームの最中 ハマっている3曲

先週、ZZ TOP Dusty Hillの追悼記事 ⬇︎

<< 2021年8月1日投稿:画像は記事にリンク >> 今週(2021/7/26〜8/1)ちょっとしんみりさせられたこと:DUSTY HILL(ZZ TOP)訃報もろもろ

を書く前後、YouTubeで次々と頭に浮かんだ曲を再生して懐かしさに浸っているうち推奨動画のZZ TOP割合が高くなってしまい、今ZZ TOPブームの真っ只中 ^〜^♪

選曲の中心は何といっても、ライヴでもラストを飾る代表曲 Tush

  ZZ Top – Tush

ワイルドに軽快なノリは病みつきにさせられるに十分なキラーチューンで、ヘビーローテーション状態 ^^

ZZ TOPを自身が引き寄せられた履歴を紐解くと・・

続きを読む 今、訪れているZZ TOPブームの最中 ハマっている3曲

今週(2021/7/26〜8/1)ちょっとしんみりさせられたこと:Dusty Hill(ZZ TOP)訃報もろもろ

このところは起床後のSNS & インターネットアクセスで、ミュージシャンの訃報を知ることが多くなっていますが、

今週も元SlipknotのドラマーJoey Jordison に

まだ46歳、、 出典:amass(画像は記事にリンク)

ZZ TOPのベーシストDusty Hill に

出典:amass(画像は記事にリンク)

両アーティストとも、来日公演を観に行っていたことから当時の状況に思いを及ばされ、しんみりと。

2021 >> 1987

特にZZ TOPは本国(アメリカ)での人気に対して、日本では知る人ぞ知るに近い印象で、半世紀に及ぶバンド歴ながら

来日公演は僅か2回にとどまり、そのうち初来日公演(1987年2月)を横浜文化体育館で観られたのは貴重と捉えていて、

続きを読む 今週(2021/7/26〜8/1)ちょっとしんみりさせられたこと:Dusty Hill(ZZ TOP)訃報もろもろ

GREG RENOFFが辿った VAN HALEN伝説が築かれるまでの軌跡:『ヴァン・ヘイレン・ライジング 伝説への導火線』読了

今週、読み始め記に、中間記⬇︎と、

<< 2021年7月23日投稿:画像は記事にリンク >> Greg Renoffが辿った VAN HALEN伝説が築かれるまでの軌跡:『ヴァン・ヘイレン・ライジング 伝説への導火線』中間記

二度に及んで内容をおさらいしてきた『ヴァン・ヘイレン・ライジング 伝説への導火線 』を読了。

中間記後に読み進めたのは

 第10章 まさに映画のような

 第11章 「炎の導火線」

 第12章 嵐の前の静けさ

 第13章 そして世界へ

の4章に、あとがき等。

遂に迎えた輝きと衝撃が解き放たれる瞬間

いよいよVAN HALENのデヴューアルバム 邦題『炎の導火線』をプロデュースしたTed Templemanの名が本文に登場してくるようになり、

続きを読む GREG RENOFFが辿った VAN HALEN伝説が築かれるまでの軌跡:『ヴァン・ヘイレン・ライジング 伝説への導火線』読了

Greg Renoffが辿った VAN HALEN伝説が築かれるまでの軌跡:『ヴァン・ヘイレン・ライジング 伝説への導火線』中間記

前々回 ⬇︎

<< 2021年7月21日投稿:画像は記事にリンク >> Greg Renoffが辿った VAN HALEN伝説が築かれるまでの軌跡:『ヴァン・ヘイレン・ライジング 伝説への導火線』読み始め

読み始め記をアップロードした『ヴァン・ヘイレン・ライジング 伝説の導火線』を、その後

 第5章 画期的進展

 第6章 パサデナの闘い

 第7章 競争

 第8章 ゴールデン・ウェスト

 第9章 商業的将来性ゼロ

と読み進め、(全体の)3分の2程度まで来ました。

Michael Anthony加入、Gene Simmonsに見出され

今回、読み進めていった中に書かれていたことは

” (ヴァン・ヘイレンの)PAがサウンドチェックの最中に壊れてしまったんだ。で、俺の記憶では、エディが俺のところへ来て、俺達のPAを借りられないかと言ってきたんだよ」。気さくなアンソニーはこう返事をした。「もちろんいいよ」”(p195)

前任のベーシスト マーク・ストーンの素行にスタイルに不満を抱いていたメンバーが、

2020年、マーク・ストーンの訃報を知らせる記事 出典:amass(画像は記事にリンク)

後任として目星をつけたMichael Anthonyとのきっかけは、David Lee Rothの場合と同じくPAが絡んでいたという史実に(!)

本分である音楽活動の方は、

続きを読む Greg Renoffが辿った VAN HALEN伝説が築かれるまでの軌跡:『ヴァン・ヘイレン・ライジング 伝説への導火線』中間記

Greg Renoffが辿った VAN HALEN伝説が築かれるまでの軌跡:『ヴァン・ヘイレン・ライジング 伝説への導火線』読み始め

原書が発売された当時話題になり、遂に日本語版がリリースされた『ヴァン・ヘイレン・ライジング  伝説への導火線』を読み始め

 第1章 はじまり

 第2章 マンモスの創生

 第3章 レッド・ボール・ジェットの冒険

 第4章 デイヴィッド・リー・ロス、ヴァン・ヘイレンに加入

 第5章 画期的進展

 第6章 パサデナの闘い

 第7章 競争

 第8章 ゴールデン・ウェスト

 第9章 商業的将来性ゼロ

 第10章 まさに映画のような

 第11章 「炎の導火線」

 第12章 嵐の前の静けさ

 第13章 そして世界へ

と章立てされているうち「第4章  デイヴィッド・リー・ロス 、ヴァン・ヘイレンに加入」まで読み終えたので、そこまでのおさらい。

このところずっと本を買った時期(≒購入順)に応じて読んでいましたが、本書は先週買ったばかり。

周囲から「買った?」「読んだ?」、更には感想が寄せられてきた状況に・・ 「早く読まねば」の心情に駆られ、早々に読書開始。

導火線への序章

訳文に関しての難を聞いたり、目にしたりしていましたが、これまでのところさほど気になるまでの点はなく

特に出だしは馴染みない(人物に地名等の)名称に、背景に、とっつきづらい部分はあるものの

VAN HALENファンであれば頭に入っているであろう

続きを読む Greg Renoffが辿った VAN HALEN伝説が築かれるまでの軌跡:『ヴァン・ヘイレン・ライジング 伝説への導火線』読み始め

伊藤政則さんが振り返った2021年ロックの現在地と、これから:「伊藤政則の『遺言』オンライン・スペシャル3」視聴記

「今年(2021年)はないなぁ」と感じ始めていた折、告知があり、2020年末以来7ヶ月ぶりでの開催となった

2020年末以来の開催 << 2020年12月27日投稿:画像は記事にリンク >> 伊藤政則さんが振り返ったVAN HALEN初来日1978年の衝撃:伊藤政則の『遺言』オンライン・スペシャル 2 〜今のうちに語っておきたいロックの歴史がある〜 視聴記

音楽評論家 伊藤政則さんのシリーズ化しているトークイベント『遺言』の「伊藤政則の『遺言』オンライン・スペシャル3」を週の締め括りに(アーカイブ)視聴。

配信ライヴの限界、アルバム制作にシフト

冒頭、進行の広瀬和生 BURRN!編集長から上半期の総括を問われ、伊藤政則さんは

続きを読む 伊藤政則さんが振り返った2021年ロックの現在地と、これから:「伊藤政則の『遺言』オンライン・スペシャル3」視聴記

John Sykes、New Video ‘ Out Alive ‘ をリリース

月初(2021年7月)、突如といった感じでJohn Sykes公式Facebookページが更新され、

出典:John Sykes 公式Facebookページ

Out Aliveが、New Videoとして公開されると。

長く準公式?といった形で同曲を視聴出来る状態となっていましたが、「さて、どのような仕上げになるのか・・」と注視。

John Sykes 2021

(日本時間)日曜朝、予告通りアップロードされ、

続きを読む John Sykes、New Video ‘ Out Alive ‘ をリリース

高見澤俊彦さんが描いた70年代にプロデビューを目指した若者たちの苦悩と脚光:『音叉』読了

THE ALFEEを率いる高見澤俊彦さんの小説デビュー作『音叉』を読了。

文庫版発売後、瞬く間に売場から消えて(売れて)いったサイン本に、「これは無理でしょう、、」と白旗を上げていた状況、

昼食前に何気なく立ち寄った書店で

まさかのサイン本発見 >> 即購入の決断

一冊だけ残されていた?!巡り合わせから購入。

実話交じりの

帯に

> 音楽と恋で奏でる青春群像

とあり、

” 圧巻は一九七一年の七月に来日した後楽園球場でのグランド・ファンク・レイルロード公演。雷鳴が轟く、豪雨の中でのライブに俺達は大興奮だった。”(p20)

に、

” 何があったんだ?考えるだけでイライラする毎日。俺はそれを振り切るために、ギターにのめり込んだ。

さらに恋の痛みとその愁傷が俺の中で楽曲創作という扉を開けさせた。”(p30)

と具体的、リアリティ感じさせられる記述の数々に「これって、小説仕立てのアルフィーの回顧録?」と思えば、

続きを読む 高見澤俊彦さんが描いた70年代にプロデビューを目指した若者たちの苦悩と脚光:『音叉』読了