「Rock’n Roll」カテゴリーアーカイブ

『スティーヴ・ルカサー 自伝』刊行記念:スティーヴ・ルカサー トーク&サイン会 参加記

デビュー40周年記念ジャパン・ツアーで来日中のTOTOのギタリスト

会場は御茶ノ水駅前のディスクユニオンJazz TOKYO

Steve Lukather:スティーヴ・ルカサー  トーク&サイン会に参加。

スティーヴ・ルカサーはEddie Van Halen:エディ・ヴァン・ヘイレンつながりでチェックするようになり、

最近も二人のオフショットを見たような気ぃしますが、

時を遡ること30年前・・

初のソロ作「LUKATHER」を引っさげてのKIRIN “BEER’S NEW GIG’S ’89″を観に横浜アリーナに観に行ったことなど懐かしき思い出。

本イベントは先週、Facebookでタイムラインに流れてきた情報に対してアクションを起こし、

出典:amass(画像は記事にリンク)

参加券配布直前「Steve Lukatherで限定50名って、どんなバランスだろう?」と、

念のため会場のディスクユニオンJazz TOKYOの開店70分前に到着して

ダメ元的な心情もあったところ無事、整理券確保(画像は整理券入手前の購入整理券)

11番目の整理券を入手して、迎えた当日。

久々の降雨が気になりましたが、幸い傘の出番はなく、開演前倒しの情報も運良く入手して現地入り。

会場前の特設イベントスペース

席を確保して、待つこと30分ほど。福岡からの飛行機→ホテルチェックイン→タクシー移動ってな経路であったようですが

店員の方の「今、到着しました」の一言に場内が反応して、

満場の拍手に迎え入れられてSteve Lukather登場。

ready, standby

自伝に込められた思い

これまで消化してきた3公演(広島、金沢、福岡)の出来が良かったことも手伝い、ご機嫌な感じでインタビュースタート。

冒頭、David Paichの来日不参加に言及があり、

深刻な状況にあるのではなく、前日にメッセージの着信があったりしながらも、飛行機に搭乗できる状態ではないそうな。

トークショー中の一コマ(進行役は金澤寿和さん)

そこからイベント対象の『スティーヴ・ルカサー自伝』に

話題が及び、元々は本を書くつもりはなかったものの、GRAMMY Museumに呼ばれた際の受け答えが好評で、

周囲の勧めもあり、

ロッカー然とした佇まいも印象的だったSteve Lukacther

当初は700ページに及んだものの2年ほどの編集期間を経て、「そうそろそろいいだろう」との判断から出版に至ったそうな。

「全てこの本に書いてある」という自信作。

進行役を務められた金澤寿和さんのお話しでは赤裸々に綴られているそうで、Steve Lukather自身も

「人生はいいことばかりじゃないし、無茶も散々してきたし、ダークなことも含めて正直に書いた」と述懐。

その他は再び来日(3〜4月)が決まっているRINGO STARR And  His All Starr Bandに因んで、

John Lennon以外の各メンバーとの思い出話しなど。

Californiaな雰囲気

トークは30分ほど。1つの質問に対してSteve Lukatherが饒舌に語り、通訳の方も(長い回答の訳で)大変そうでしたが ^〜^;

いかにもカリフォルニア(アメリカン)といった陽気なキャラクター全開の楽しいトークショーでした。

購入特典のポストカード&サイン会で頂戴したサイン

その後のサイン会で、当初は対象書籍以外のサイン、握手NGとのアナウンスでしたが、

CDやギターへのサインに、グータッチなど、ファンの思いに応えてくれた姿も印象的でした。

John Sykes、The 2019 NAMM Showで2019年夏のアルバムリリースとツアー計画をアナウンス

先週突如といった感じで管理しているFacebookグループ↙️

Facebookグループ:John Sykexっていいね!倶楽部(画像はFbグループへリンク)ファンの方のご参加、待望しておりますlml

John Sykesっていいね!倶楽部 への投稿(シェアほか)作業が忙しくなり ^〜^;

アメリカ西海岸で開催された Hall of Heavy Metal History

出典:John Sykes Official Facebookページ(画像はアカウントにリンク)

The 2019 NAMM Show に相次いでJohn Sykesが顔を出し、しかも、予期せぬ形で取材動画がアップロードされ👇

続きを読む John Sykes、The 2019 NAMM Showで2019年夏のアルバムリリースとツアー計画をアナウンス

John Sykesっていいね!倶楽部主催 John Sykes Fan Convention 〜 Chapter 7 〜 を熱く濃く開催!届けJohn Sykesへの願い

John Sykesの復活を願って開催を続けている John Sykes Fan Convention

2015年12月の開催👇を皮切りに

<< 2015年12月20日投稿:画像は記事にリンク >> JOHN SYKESっていいね!倶楽部、半年振りのオフ会。今回はセッション+飲み会で絆を感じた6時間

2016年以降は6月と12月の年2回開催で、👇 先日告知の

<< 2018年11月26日開催:画像は記事にリンク >> JOHN SYKESっていいね!倶楽部 主催、JOHN SYKES FAN CONVENTION 〜 CHAPTER 7〜 2018年12月1日(土曜日)開催です!

2018年2回目の開催となる Chapter 7 の開催を無事終えることが出来ました。

前回:Chapter 6 はバンド(3組)パフォーマンス中心でしたが、今回はセッション中心(9曲)の構成。

選曲はThin Lizzyのナンバーに、 続きを読む John Sykesっていいね!倶楽部主催 John Sykes Fan Convention 〜 Chapter 7 〜 を熱く濃く開催!届けJohn Sykesへの願い

John Sykesっていいね!倶楽部 主催、John Sykes Fan Convention 〜 Chapter 7〜 2018年12月1日(土曜日)開催です!

こちらでの告知のタイミングが直前となりましたが、半年に1度のペースで開催している

Facebookイベントページ(画像は詳細情報にリンク)

John Sykes Fan Convention、回を重ねて7回目=Chapter 7の開催が、いよいよ12月1日(土)14:00スタート!

今回も、最初は Studio 24 関内店でセッション&ライヴ♪ その後、場所を近くの飲食店に移して飲み会という構成.-

前回の模様 ↑<< 2018年7月1日投稿:画像は記事にリンク >> JOHN SYKESっていいね!倶楽部主催 JOHN SYKES FAN CONVENTION 〜 CHAPTER 6 〜 で、熱く楽しい時間を過ごしてきた

セッションはレアなナンバーが含まれ、

詳細はイベントページ(👈をclick)で、ご確認頂ければと思いますが、

続きを読む John Sykesっていいね!倶楽部 主催、John Sykes Fan Convention 〜 Chapter 7〜 2018年12月1日(土曜日)開催です!

オーストラリア ライフスタイル & ビジネス研究所:連邦政府 「AC/DC 45周年記念硬貨」発行を発表

連邦政府 「AC/DC 45周年記念硬貨」発行を発表

” オーストラリア政府は、AC/DCの45周年を祝した記念硬貨『AC/DC – 45 Years of Thunder』の発行を発表。

王立オーストラリア造幣局から発行されるのは、オーストラリア50セント硬貨(30,000枚)と5オーストラリア・ドル硬貨(10,000枚)の計2種類。

また王立オーストラリア造幣局はオーストラリアの国立科学技術センターと協力して、350万ボルトの人工雷を硬貨に落雷させる実験を実施。

この実験は50セント硬貨10枚のみ行われ、この10枚は王立オーストラリア造幣局のオンラインサイトで記念硬貨『AC/DC – 45 Years of Thunder』を購入した方を対象にランダムに発送されます。

5オーストラリア・ドル硬貨は、ギターピックのような形をしており、本物のギターピックと共にアンプ型のボックスに収納されて販売されます。

残念ながら、王立オーストラリア造幣局のオンラインサイトでは、記念硬貨『AC/DC – 45 Years of Thunder』の購入はオーストラリアとニュージーランドに住んでいる方のみ。”(出典:amass

続きを読む オーストラリア ライフスタイル & ビジネス研究所:連邦政府 「AC/DC 45周年記念硬貨」発行を発表

三連休のど真ん中のシビれる大音量♪体感ロックサウンド:Black Hindenburg & 松川純一郎, Michiaki, 嶋田吉隆トリオ ライヴ体感記

年によって祝祭日の並びの当たり外れが指摘されたりしますが、今年(2018年)の9月は

2週連続で月曜休みの3連休続きで、比較的、当たりであるような。

そんな巡り合わせの最初の連休中日は、お声がけ頂いたライヴへ。

会場はJR桜木町駅徒歩圏のTHE CLUB SENSATION.-

近年はすっかり、年に数回といったライブ観戦のペースも、今年は1月の米米CLUBが唯一という状況。

<< 2018年1月10日投稿:画像は記事にリンク >> 米米CLUB A K2C ENTERTAINMENT TOUR 2017 〜おせきはん〜 追加公演に行って、すっかり米米CLUBの世界観に魅了されてきた♪

出演は2バンドで最初はLED ZEPPELINのトリヴュートバンド Black Lindenburg.-

2年振りの復活ステージとのBlack Hindenburg.-

LED ZEPPELINはロック好きの通過儀礼として、👇などの作品を買い込んで一時期聴き込んだものの

続きを読む 三連休のど真ん中のシビれる大音量♪体感ロックサウンド:Black Hindenburg & 松川純一郎, Michiaki, 嶋田吉隆トリオ ライヴ体感記

BLUE MURDERを支えたNik GreenのためにJohn Sykesも立ち上がり、Gibson Les Paulをオークションへ寄贈

夕方、Facebookを眺めていたら、久々 John Sykes のアカウントからの発信を発見👇

出典:John Sykes Facebookページ(画像は投稿にリンク)

先月(2018年8月)👇のTony Franklinに続いて

<< 2018年8月8日投稿:画像は記事にリンク >> BLUE MURDERを支えたNIK GREENへTONY FRANKLINが、NIK GREEN MEMORIAL & MEDICAL ORGANIZED BY TONY FRANKLIN に込めた思いに共感

Blue Murder結成時からKeyboardistの立場で支えたバンドをNik Greenのご遺族支援に立ち上がり、 自身所有のGibson Les Paulを提供。

愛器にはJohn Sykes自身のほか、Carmine Appice, Tony Franklinの直筆サインが入れらており、

出典:The Way Team Auction(画像は商品説明ページにリンク)

ファン垂涎の逸品となっています。

出典:The Way Sean Auction(画像はサイトにリンク)

気になる最低入札価格は、$3,500.-(約392,000円程度/9月16日時点)

Facebookグルース:John Sykexっていいね!倶楽部(画像はFbグループにリンク)ファンの方のご参加お待ちしています lml

なお、Carmine Appiceもistanbul Cymbal👇ほかを

出典:The Away Auction Team(画像は商品説明ページにリンク)

(John Sykesと同じく)The Away Auction Teamを通じて提供しています。

久々でファンにとっては嬉しい発信となりましたが、

John Sykesが重い腰を上げた背景のNik Greenご遺族の経済的負担は気になるところで、

一連の動きが解決、大きな助けとなることを切に願います🙏