「movie」カテゴリーアーカイブ

映画『感染列島』(2009年公開)で描かれた状況が、今を予見したかのリアリティさでガツン!とやられた

週末は連夜の映画鑑賞。

数日前の新型コロナウイルス感染拡大防止に関する医師の会見で『感染列島』なる映画に関して例示があり、

「その映画あるかな?」と、amazon prime video内を検索すれば・・

出典:amazon prime video

見事、ヒット!

感染列島(プレビュー)

2009年公開とのことですが、

2009年公開ながら、2020年を予見したかの・・

今、この時期、TVで流したりなどしたら「良くも悪くも凄い反響だろうなぁ」と思わされる現実感で、

続きを読む 映画『感染列島』(2009年公開)で描かれた状況が、今を予見したかのリアリティさでガツン!とやられた

ロバート・デニーロが演じた史上最大の金融詐欺師の苦悩:映画『ウィザード・オブ・ライズ』鑑賞記

Robert DeNiro:ロバート・デニーロが、2008年に起きた史上最大の金融詐欺事件の主人公 バーナード・L・マドフを演じた『ウィザード・オブ・ライズ』を視聴。

週中、何となくamazon prime videoのライブラリー内を眺めていたところ・・

出典:amazon prime video

Robert DeNiro出演作と分かるヴィジュアル⬇︎を見つけ、

出典:amazon prime video サムネイル画像

週末の鑑賞を楽しみにしていたもの。

リーマン・ショックが明るみにした・・

予備知識無しで見始め。

続きを読む ロバート・デニーロが演じた史上最大の金融詐欺師の苦悩:映画『ウィザード・オブ・ライズ』鑑賞記

スパイク・リー監督が描いた、人種差別に体を張り潜入捜査で挑んだ男たちの実話録:映画『ブラック・クランズマン』鑑賞記

32年振りとの(1㎝以上の)積雪であった3月下旬の夜「何かあるかなー?」と amazonのPrime Video内を検索し・・

「これだー!」と、

出典:amazonプライム 画面をスクリーンショット *撮影は鑑賞後

Spike Lee:スパイク・リー監督の『ブラック・クランズマン』を鑑賞。

昨年(2019年)のアカデミー賞で本作が脚色賞を受賞した際、

続きを読む スパイク・リー監督が描いた、人種差別に体を張り潜入捜査で挑んだ男たちの実話録:映画『ブラック・クランズマン』鑑賞記

リーマン・ショックの舞台裏に迫ったドキュメンタリー:『リーマン・ブラザーズ 最後の4日間』鑑賞記

予定なき一日、しかも午後から雪が舞い、外で出る気力削がれる状況下、

夜、端末に向かい「何かあるかな?」とamazonの PRIME VIDEO内のライブラリーを検索すれば・・

出典:amazonプライム 画面をスクリーンショット *撮影は鑑賞後

『リーマン・ブラザーズ 最後の4日間』と題されたタイトルを発見。

2008年以来の経済危機?

2020年を迎え、期せずして新型コロナウイルスの感染拡大による経済的損失を計る基準として、

しばし比較対象されるリーマン・ショックですが、サブプライムローンなど一部用語について承知している程度で、

事実関係については殆ど知らなかったため、視聴することに。

上映時間52分というのも(視聴の)引き金になりましたが、尺が限られる分、サブプライムローンについては

続きを読む リーマン・ショックの舞台裏に迫ったドキュメンタリー:『リーマン・ブラザーズ 最後の4日間』鑑賞記

新海誠監督が描いた、ヒロインの眠りを解く約束の地への飛行:映画『雲のむこう、約束の場所』鑑賞記

一昨日の『言の葉の庭』⬇︎に続いて

<< 2020年2月23日投稿:画像は記事にリンク >> 新海誠監督が描いた雨降りを待ち望む高校生と女教師の心模様の行方:『言の葉の庭』鑑賞記

新海誠監督作品、2004年11月公開の『雲のむこう、約束の場所』を鑑賞。

夜、時間のあったところで「新海誠監督作品は・・」とamazonプライムのライブラリーを検索していたところ

出典:amazonプライム 画面をスクリーンショット

上映時間91分で手ごろかなと選択。

視界の遥か先の約束の地

5作目となる新海誠監督作品で、これまで3作の舞台は主として東京でしたが、本作の舞台は主に青森。

青森から北海道にかかる塔がキーとなり、主人公の男性二人と同級生の女性が一人、

戦時中で分断されてしまっている津軽海峡向こう側の地への飛行を巡って繰り広げられるストーリー。

続きを読む 新海誠監督が描いた、ヒロインの眠りを解く約束の地への飛行:映画『雲のむこう、約束の場所』鑑賞記

新海誠監督が描いた雨降りを待ち望む高校生と女教師の心模様の行方:『言の葉の庭』鑑賞記

先週末に続いての⬇︎

<< 2020年2月15日投稿:画像は投稿にリンク >> 新海誠監督が綴った、少年から大人になるまでの三つの恋物語の行方:映画『秒速5センチメートル』鑑賞記

新海誠監督作品鑑賞は、2013年公開『言の葉の庭』。

本作は小説版を⬇︎

<< 2020年2月15日投稿:画像は記事にリンク >> 新海誠監督が描いた孤悲ものがたりの行方:『小説 言の葉の庭』読了

読み終えて、まだ日が浅かったことから話の筋は粗方頭に入っていましたが、

(小説版の)「あとがき

続きを読む 新海誠監督が描いた雨降りを待ち望む高校生と女教師の心模様の行方:『言の葉の庭』鑑賞記

新海誠監督が綴った、少年から大人になるまでの三つの恋物語の行方:映画『秒速5センチメートル』鑑賞記

新海誠監督の三作目となる映画『秒速5センチメートル』をPCで鑑賞。

「秒速5センチメートル」予告編 HD版(5 Centimeters per second)

予定のない週末=レンタル日和、との刷り込みから、年末に読んでいた

<<2019年12月17日投稿分:画像は投稿にリンク >> 新海誠監督が綴った、少年から大人になるまでの三つの恋物語の行方:『小説 秒速5センチメートル』読了

『小説 秒速5センチメートル』読了記の最後

>小説で築かれたイメージが、映像でどのような表現されている>のか?

>そのギャップを感じてみることの出来る機会が楽しみとなりま>した。

ってなことを書いたことを覚えていて、

続きを読む 新海誠監督が綴った、少年から大人になるまでの三つの恋物語の行方:映画『秒速5センチメートル』鑑賞記

元旦に、あえて映画『ジョーカー』を観に行ってきた

年末年始は、だいたい決まった予定のその間の空き時間に・・ といった感じで、

元旦の午後は空いていることが多く、

「そういえば『ジョーカー』って、まだロードショーしているのかな?」と数日前に検索すれば・・

ちょうど隙間時間が埋まる感じの上映回を見つけ、すぐ(月内)にレンタル開始になることは知っていたのだけれども、

「(描かれている世界を)大画面で感じてみよう」と決断。

ストーリーで次第に明かされいく表情に隠された闇。劇場は4ヵ月振りの新宿ピカデリー

作品に興味を持ったのは手放しの絶賛ではないものの、作品に理解を示すレヴューを幾つか目にしていて、

後にRobert DeNiroの出演も把握していたり、

続きを読む 元旦に、あえて映画『ジョーカー』を観に行ってきた