「20th Century Fox」カテゴリーアーカイブ

ジャック・バウワーからエリック・カーターへ、連休中に『24』シリーズ最新作を一気見した:『24:レガシー』鑑賞記

世の中的に体育の日を絡めた3連休、自分の場合は2.5といった感じでしたが、

目ぼしい予定もなく、まとまった時間を利用して『24:レガシー 』を一気見。

全6巻/12話を一気に

当初、タイトルに準じて24時間で24話は、各エピソードで経験済みも「(今さらながらに)長いなぁ」なんて思っていたものの

レンタル店に行けば全12話(12時間)と知り、これなら連休中に全部行けるぞと。

【FOX】「24:レガシー」予告編

土日月(10月7〜9日)と、程よくバラけて鑑賞出来ましたが、『プリズン・ブレイク シーズン5』の2巻を借りた時に

続きを読む ジャック・バウワーからエリック・カーターへ、連休中に『24』シリーズ最新作を一気見した:『24:レガシー』鑑賞記

マイケル・スコフィールドよもやの復活!で、評判も上々な『プリズン・ブレイク シーズン5』鑑賞記 ③(最終)

オールフリーな1日を迎えたところで「待ってました〜」 とばかり、

計3巻、5話=約225分

シリーズ(鑑賞)途中となっている『プリズン・ブレイク シーズン5』の残り3巻(全5話)を一気にレンタル。

*具体的な記述は控えているものの、以下、エンディングに対する感想を含みます(ご覧になっていない方へ、念のため)

中4日での鑑賞の割に「どの辺まで(進んでいたっけ)・・」といった感じでストーリーのグリップが曖昧であったものの、

目まぐるしく変わる状況・・

程なく感じを取り戻し、最初の頃に振られていた伏線が徐々に拾われ、

続きを読む マイケル・スコフィールドよもやの復活!で、評判も上々な『プリズン・ブレイク シーズン5』鑑賞記 ③(最終)

マイケル・スコフィールドよもやの復活!で、評判も上々な『プリズン・ブレイク シーズン5』鑑賞記 ②

世の中、シルバーウィーク前半?最後日は、先日見始めた ↙︎

<< 2017年9月9日投稿:画像は記事にリンク >> マイケル・スコフィールドよもやの復活!で、評判も上々な『プリズン・ブレイク シーズン5』鑑賞記 ①

プリズン・ブレイク  シーズン5』の続きを視聴。

1週間と2日のインターバルを経ての(第2巻)3、4話。

当初は一気に4話(2巻)見ようかと思えば・・

続きを読む マイケル・スコフィールドよもやの復活!で、評判も上々な『プリズン・ブレイク シーズン5』鑑賞記 ②

マイケル・スコフィールドよもやの復活!で、評判も上々な『プリズン・ブレイク シーズン5』鑑賞記 ①

24』に『バーン・ノーティス 元スパイの逆襲』に、私自身、海外ドラマを立て続けに視聴するようになったキッカケとなった

プリズン・ブレイク』の続編がリリースされたと知り、てくてくとレンタル店へ。

「あるかな〜」と思い棚を探せば、レンタル開始日から若干経過していた様子で、

ばっちり第1巻を確保。

続編を知ったのはFacebookのニュースフィードで、後追いでTVの情報番組で「オリジナルを上回る出来」と聞いていたこともあり、夕食を済ませさっそく視聴・・

続きを読む マイケル・スコフィールドよもやの復活!で、評判も上々な『プリズン・ブレイク シーズン5』鑑賞記 ①

ジャック・バウアーに燃えた5日間:「24 リブ・アナザー・デイ」鑑賞記 PART 3(完了)

延べ5日、3週間に及んだ「24  リブ・アナザー・デイ」の鑑賞を最終話まで終了。

>> ジャック・バウアーが還ってきた:「24 リブ・アナザー・デイ」鑑賞記 PART 1 <<

>> ジャック・バウアーが還ってきた:「24 リブ・アナザー・デイ」鑑賞記 PART 2 <<

IMG_7307
結果として、第1巻以外は、ストレスを感じる事なく思ったようにレンタルする事が出来ました。

IMG_7308

全体を振り返ると、一番手に汗握ったのは中盤で、5、6巻の主導権の切り替わりの激しさ、展開の目まぐるしさは・・

続きを読む ジャック・バウアーに燃えた5日間:「24 リブ・アナザー・デイ」鑑賞記 PART 3(完了)

ジャック・バウアーが還ってきた:「24 リブ・アナザー・デイ」鑑賞記 PART 2

先週末に続いて「24 リブ・アナザー・デイ」を鑑賞。

>> ジャック・バウアーが還ってきた:「24 リブ・アナザー・デイ」鑑賞記 PART 1 <<

店舗に訪れたタイミングと、第1巻以外は競争率が落ち着いているせいか、

ペース良く進み、本来土日で1本づつ(2巻&3巻)と思いきや・・ 続きを読む ジャック・バウアーが還ってきた:「24 リブ・アナザー・デイ」鑑賞記 PART 2

ジャック・バウアーが還ってきた:「24 リブ・アナザー・デイ」鑑賞記 Part 1

 

今週末の2作目は、海外ドラマシリーズのブームの火付け役、24シリーズの最新作「24 リブ・アナザー・デイ」.ー

「24 リブ・アナザー・デイ」予告編 

前日(「フューリー」)も、今回も本当は見る気満々であった作品があったものの

>> ブラッド・ピットが戦場での苦悩と覚悟を熱演した「フューリー」鑑賞記 <<

「おっ〜と」といった具合で知った新作であったり、今回はダメもとで眺めたコーナーに陳列された30〜40本同じタイトルが並ぶ中

「1本だけ、あった〜!」の幸運さによろめいて、手に取った次第。

続きを読む ジャック・バウアーが還ってきた:「24 リブ・アナザー・デイ」鑑賞記 Part 1

世の中、パターンで出来ている

touch-0118wp

ジャック・バウアー「24」に次ぐ、キーファーサザーランドのドラマ主演作

ゆっくり起きた朝は、家族に「これ買ってくれ」とねだった海外ドラマのTOUCH/タッチの視聴から。第1話は何かを購入したかレンタルの折に無料でDVDを貰ってきて、それを気に入って依頼、

9月頃からであったと思いますが、今月に入ってようやく先日発売と。世の中的には「24」シリーズのジャック・バウアー役が熱かったキーファー・サザーランドの次の主役ぶりに注目が集まっているようですね。

世の中をパターンで読み解く 海外ドラマ

世の中のあらゆる事はパターンに基づいて、本ドラマでは数列がキーとなって、謎が解き明かされていくストーリーで、今日見た第2話では、悪事を良い行いに改めた瞬間、

人生の流れが変わるなど、わざとらしくない感じで上手く演出されており、期待に応えてくれた感じ。自分に起こる事象も全て意味付けられているとの解釈も興味深いです。

心動かす文章を書くにもパターンがある

夜は日課と化している神田アカデミー。今は、神田昌典さん流の「本の執筆・出版する」項目。世に広まっている文章講座に止まらず、

脳のメカニズムに着目され・・ 「適切な質問をすれば、適切な答えが得られないことは、(1秒間に1,000万ビット以上の情報を24時間、365日処理し続ける)脳の構造上、不可能。」であるとして、

要は「何を書けばいいんだろう?」といった曖昧な質問を脳に投げかけている限り、曖昧な回答に導かれた、曖昧な文章に止まってしまう。

自身が望むべき状況を得られる最適な質問を脳に投げかける事で、文章力の無い人にでも「その人だからこその内容が書ける」

文章の究極のパターンとは・・

良い文章を書くコツとしては、「文章は情報を伝えるものではなく、感情を伝えるものだ」という点。確かに、良い文章は読後感から(感情にヒットして)行動に結びつくもの、だと思います。旅行記然り、映画評然り、書評然り・・。

世の中の事象は、一定の規則性(パターン)に基づいている

「TOUCH/タッチ」の設定から引用していますが、数あるスポーツの必勝法にしても、ハリウッド映画のヒット作の筋立てにしろ、一定の規則性を抑えれば

望むべく結果を呼び込みやすい。上手く行った(勝った、ヒットした etc)の裏側をあぶり出すと、規則性(パターン)が見えるであろうとの本日の学び。