「Banksy」カテゴリーアーカイブ

Banksy:バンクシー が仕掛けたニューヨーク舞台の壮大なアートプロジェクトを追ったドキュメント:映画『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』鑑賞記

イギリスの病院で新作を公開し⬇︎再び世界的な脚光を浴びた

出典:BBC NEWS JAPAN(画像は記事にリンク)

Banksy:バンクシーが、2013年10月、ニューヨーク市内で毎日ゲリラ的に作品を発表する模様を追った

出典:amazon prime video

バンクシー・ダズ・ニューヨーク』を視聴。

(2020年)2月参加のBanksyにフォーカスされたイベント↙️ で

<< 2020年2月19日投稿:画像は記事にリンク >> 毛利嘉孝教授×鈴木沓子さんが語ったバンクシーの実像:トークイベント「バンクシー 無名時代から現在地まで 」参加記

しばし(本作の)名が上がっていたことを思い出し、「これは見ておくべきマスト(必須)だな」と選択。

予想を上回るスケール、展開に「面白い」「面白かったなぁ」というのが、見ている最中、見終わった後での率直なる感想。

発表はBanksyのinstggramで毎朝行われたものの、場所の記載はなく、

映画の中でインタヴューされている人たちも発言していますが、「宝探し」的な感覚で、SNSで拡散された情報などを頼りに、

見つけられたり、既のところで消されてしまったり、或いは転売目的で持ち去られてしまったり・・

映画『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』予告編

街中を包んだ熱気に混沌に・・、政治、警察等の公権力を巻き込んでの前代未聞のアートプロジェクトで

31日中、1日はNYPDに察知され中止に追い込まれてしまったものの、30日=30作について、発表、反応、作品に込められた意図等々について取り上げられています。

駆使されたアートが秘める力

痛快であったのは期間中、露天商に自身の平均25万ドルとの作品を60ドルで販売させ、芳しい結果を得られなかった皮肉に、

New Yorkを席捲している最中、$60で販売されていたホンモノ

非営利団体が販売していた50ドルの絵画にイラストを加え、

ナチの将校が絵に加えられ跳ね上がった値段。加筆に込められた意図・・

同団体実施のオークションで61万ドルもの高値で落札された経過など

スケールの大きなイタズラでは捉えきれない、それぞれに絶妙な意図が隠されていて

作品が選ばられた場所に大いなる意図が。

謎多きアーティストBanksyの人間性に、活動の本質に迫れたような感覚を得られた作品でした ^^

毛利嘉孝教授×鈴木沓子さんが語ったバンクシーの実像:トークイベント「バンクシー 無名時代から現在地まで 」参加記

先月(2020年1月)に続いて下北沢にある本屋B&Bを訪れ、

2020年、1月8日の常盤貴子さん『まばたきのおもひで』刊行記念トークイベントに続いての本屋B&B

今回は「バンクシー 無名時代から現在地まで」と題されたトークイベントへ。

登壇は月初に読了していた『バンクシー アート・テロリスト』著者の毛利嘉孝教授と、

<< 2020年2月5日投稿:画像は記事にリンク >> 毛利嘉孝教授が迫った正体不明の匿名アーティストの正体:『バンクシー アート・テロリスト』読了

バンクシーに直接取材された経験をお持ちのライター、翻訳などを手掛けられている鈴木沓子さん。

もともと本イベントへの参加を決めていて、『バンクシー アート・テロリスト』を手に取っていた経緯でしたが、

話題は、まずお二人が出会われた頃のお話しで、鈴木沓子さんがバンクシーに取材出来たものの

掲載出来る媒体がなく、イギリス滞在中に知り合っていた毛利嘉孝教授の伝手でSTUDIO VOICEに掲載されるに至ったそうな。

続いて『バンクシー アート・テロリスト』を書かれた経緯について話題が及び・・

続きを読む 毛利嘉孝教授×鈴木沓子さんが語ったバンクシーの実像:トークイベント「バンクシー 無名時代から現在地まで 」参加記

毛利嘉孝教授が迫った正体不明の匿名アーティストの正体:『バンクシー アート・テロリスト』読了

先日、中間記⬇︎をアップロードした

<< 2020年2月3日投稿:画像は記事にリンク >> 毛利嘉孝教授が迫った正体不明の匿名アーティストの正体:『バンクシー アート・テロリスト』中間記

毛利嘉孝教授の『バンクシー  アート・テロリスト』を読了。

(中間記後の)後半は、

 第四章 メディア戦略家

 第五章 バンクシーの源流を辿る

 第六章 チーム・バンクシー

 第七章 表現の自由、民主主義、ストリート・アートの未来

という項目が並び、

” バンクシーが同時代のグラフィティ・ライターと決定的に異なる点は、グラフィティという領域を超えて、現代美術を中心に印刷物を通じて広範囲な読者を獲得したことです。”(p149)

という数多いる現代のアーティストの中でBanksyが突き抜けた評価に、そもそもグラフィティとは

続きを読む 毛利嘉孝教授が迫った正体不明の匿名アーティストの正体:『バンクシー アート・テロリスト』読了

毛利嘉孝教授が迫った正体不明の匿名アーティストの正体:『バンクシー アート・テロリスト』中間記

東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科 毛利嘉孝教授が、謎多きアーティスト バンクシーの全体像に迫った

バンクシー  アート・テロリスト』が

 第一章 正体不明の匿名アーティスト

 第二章 故郷ブリストルの反骨精神

 第三章 世界的ストリート・アーティストへの道

 第四章 メディア戦略家

 第五章 バンクシーの源流を辿る

 第六章 チーム・バンクシー

 第七章 表現の自由、民主主義、ストリート・アートの未来

と章立てされているうちの第三章まで読み終えたので、そこまでのおさらい。

バンクシーは、初監督作品との『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』をロードショー(2011年)で鑑賞して以来、

存在に、ニュースになれば関心を持って受け止めていましたが、次元としては名前に代表作を数点知っていた程度。

バンクシー who?

本書には、

続きを読む 毛利嘉孝教授が迫った正体不明の匿名アーティストの正体:『バンクシー アート・テロリスト』中間記