「politics」カテゴリーアーカイブ

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:テロ対策で内務省新設

テロ対策で内務省新設

” オーストラリア政府は18日、警察や情報機関、国境警備隊を束ねる内務省を新設すると発表した。

イスラム過激派によるテロ対策を念頭に、司法省と移民・国境警備省を統合する。ただ、モデルにした英国ではテロが続いており、早くも疑問の声が上がっている。

豪州では現在、司法省が連邦警察と情報機関を管轄し、移民・国境警備省が移民の受け入れや国境警備、税関を担当。

新省の設立は来年前半で、内務相にはダットン移民・国境警備相が就く見通しだ。

ターンブル首相は発表で「国内治安の改革では、この40年以上で最も重大だ」と強調した。”(出典:朝日新聞 DIGITAL

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:テロ対策で内務省新設

百田尚樹さんが文献から紐解いた日韓史:『今こそ、韓国に謝ろう』読了

百田尚樹さんの新刊『今こそ、韓国に謝ろう』を読了。

タイトルは、今までの百田尚樹さんの言動等から「え”?」なんてなりますが、

本書に関する百田尚樹さんのツイート(画像は百田尚樹さんのアカウントにリンク)

やはりというか 、そこは要求されている見立てに沿ったものではありません、

我々の日本人の先祖が良かれと思って韓国で行ったこと、本から引用すると

続きを読む 百田尚樹さんが文献から紐解いた日韓史:『今こそ、韓国に謝ろう』読了

古賀茂明さんに学ぶ、日本の現状、進むべき未来:『日本中枢の狂謀』刊行記念講演会 参加記

元 通商産業省(現・経済産業省)官僚で、現在は「改革はするが、戦争をしない」を基本理念に提唱されているフォーラム4を率いておられる古賀茂明さんの講演会に参加。

先日読了した『日本中枢の狂謀』刊行記念として実施されたもので、

<< 2017年6月15日投稿分:画像は投稿にリンク >> 古賀茂明さんが鳴らした日本国民への警鐘:『日本中枢の狂謀』読了

先着100名が早々に満員となる人気ぶり。

三省堂書店有楽町店内の告知
開演前の会場内

私達は本当のことを知らされているのか?

冒頭、古賀茂明さんが語られたのは、本の主たるテーマに「私たちは本当のことを知らされているか?」ということが据えられているということ。

続きを読む 古賀茂明さんに学ぶ、日本の現状、進むべき未来:『日本中枢の狂謀』刊行記念講演会 参加記

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ターンブル首相のブラックジョーク

ターンブル首相のブラックジョーク

” 米ホワイトハウスは、14日夜にオーストラリアのターンブル首相が毎年恒例のメディアとの夕食会でトランプ大統領をジョークの種にし、ロシアとの関連などに言及した発言について、重視していないとの姿勢を示した。

ターンブル首相は席上、「ドナルドと私は、作り物(フェイク)の調査でなく、現実の世論調査で勝っている。そう、オンラインでの調査だ。勝つのはとても容易だ。

私にはあのロシアの人物がいる」などと大統領の物まね口調も交えて話した。

本来オフレコのはずの発言だったが、あるオーストラリア人記者が、自分はパーティーに出席していないため守秘義務はないとして録音を公表した。

ホワイトハウス当局者は「誰も意に介さないと思う」と述べた。

ターンブル首相は後に、3AWラジオに対し、発言の公表は慣例違反と述べたが、これは「愛情ある気さくな」発言であり、自分を標的とした「うまい冗談」だったと語った。

キャンベラの米大使館は、冬の半ばに行われるこの夕食会は、ホワイトハウスで担当記者を招いて行う晩餐会と同様のイベントと認識しており、

こうした席では記者らと大統領が冗談をかわすのが恒例だとコメントした。”(出典:REUTERS

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ターンブル首相のブラックジョーク

古賀茂明さんが鳴らした日本国民への警鐘:『日本中枢の狂謀』読了

元 通商産業省(現・経済産業省)官僚で、現在は「改革はするが、戦争をしない」を基本理念に提唱されているフォーラム4を率いておられる

古賀茂明さんの新刊『日本中枢の狂謀』を読了。

先日アップロードした「読み始め↓は

<< 2017年6月11日投稿:画像は記事にリンク >> 古賀茂明さんが鳴らした日本国民への警鐘:『日本中枢の狂謀』読み始め

第三章まででしたが、以降、

第四章 日本人だから殺される時代

第五章 日本沈没の戦犯たち

第六章 蘇った原発マフィア

終 章 東京都知事選挙と民進党の全内幕

それぞれ「よく調べられているなぁ」と、裏付けなどとともに重たい現実を突きつけられました。

日本の現状を招いた分岐点

その中で、特に印象的であったのは、日本の現状を紐解いた

続きを読む 古賀茂明さんが鳴らした日本国民への警鐘:『日本中枢の狂謀』読了

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:マルコム・ターンブル首相インタヴュー

マルコム・ターンブル首相インタヴュー

BloombergにMalcolm Turnbull:マルコム・ターンブル首相のインタヴューがアップ(ロード)されていたので視聴(下掲の画像をクリックした先から視聴可)。

出典:Bloomberg(画像はサイトにリンク)

映像で見るのは新鮮な感じでしたが、内容は特筆すべきものはなく、

インタヴュアーの攻めに応じてアメリカとの緊密性を強調していることが印象に残ります。

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:マルコム・ターンブル首相インタヴュー

古賀茂明さんが鳴らした日本国民への警鐘:『日本中枢の狂謀』読み始め

元通商産業省(現在、経済産業省)官僚で、退官後、TV等で歯に衣着ぬコメントが強烈な印象を残す、

古賀茂明さんの新刊『日本中枢の狂謀』が

全七章あるうちの第三章まで読み終えたので、そこまでのおさらい。

現在、古賀茂明さんは「改革はするが、戦争はしない」を基本理念とするフォーラム4を提唱、その活動に注力されています。

日本を憂う直言苦言

章立ては、

第一章 総理大臣の陰謀

第二章 「報道ステーション」の闇

第三章 新聞テレビから漂う腐臭

第四章 日本人だから殺される時代

第五章 日本沈没の戦犯たち

第六章 蘇った原発マフィア

終章  東京都知事選挙と民進党の全内幕

と、直球的なヘッドラインが並びます。

続きを読む 古賀茂明さんが鳴らした日本国民への警鐘:『日本中枢の狂謀』読み始め

青山繁晴参議院議員参加の街頭演説会を行って、ちょろっとお話しすることも出来た

今週は夕刻時間があり、青山繁晴参議院議員参加の街頭演説を見学。

ブログでの告知↓を見ての反応で、

出典:青山繁晴道すがらエッセイ

1年に1度行くかどうかといった浅草に。

丸川珠代東京オリンピック競技大会東京パラリンピック競技大会や世耕弘成経済産業大臣もメンバーに含まれている参議員自由民主党の街頭演説会で、

開演10分前ほどに(東京メトロ)駅の改札を通過し、地上に出れば・・

「(雷門前の)会場はあそこか」といったのが一目で分かるかの如く、警備の方々に、人だかりに・・ といった光景が目の前に。

続きを読む 青山繁晴参議院議員参加の街頭演説会を行って、ちょろっとお話しすることも出来た