「politics」カテゴリーアーカイブ

手嶋龍一さん講演会「トランプ政権の針路を探る 〜日米同盟と東アジア情勢〜」参加記

外交ジャーナリストで作家として著作も多い手嶋龍一さんの「トランプ政権の針路を探る 〜日米同盟と東アジア情勢〜」と題された講演会に参加。

難しくなりがちな話題を身近な例で引用し分かりやすく、更にユーモアを交え、終始和やかな雰囲気に包まれて進行した講演会でした。

先ごろ行われたドナルド・トランプ大統領の一般教書演説で示されたニューディール政策以来の大型投資に、

巨額の国防費増額(10%増)から一時的には経済のカンフル剤になるであろうと予測。

続きを読む 手嶋龍一さん講演会「トランプ政権の針路を探る 〜日米同盟と東アジア情勢〜」参加記

鈴木宗男、佐藤優両先生登壇の勉強会で話題の証人喚問と日露関係の進展について学んできた。:「東京大地塾」参加記 ⑤

昨年(2016)年11月から参加している新党大地主催の勉強会、東京大地塾に参加。

場所は、いつもの衆議院第二議員会館。

開始前の雑談で鈴木宗男新党大地代表が、世間的に注目度の高い森友学園 籠池理事長の証人喚問と日程が重なったため、

参加者数を気にされていたそうですが、結果として通常通りの開催規模。

本来設定されていたテーマは、先日開催された日露外務次官級協議でしたが、

冒頭は雑談形式といった形で証人喚問の話題が取り上げられ・・

続きを読む 鈴木宗男、佐藤優両先生登壇の勉強会で話題の証人喚問と日露関係の進展について学んできた。:「東京大地塾」参加記 ⑤

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ターンブル首相とトランプ大統領の電話会談、なぜ揉めたのか?

ターンブル首相とトランプ大統領の電話会談、なぜ揉めたのか?

日本を含め世界を駆け巡ったマルコム・ターンブル首相とアメリカ合衆国大統領が決裂した電話会談ですが、

その事実は広く知られていると思いますが、なぜ揉めたのか?はよく知られていないと思い、

NHKで経緯を説明した記事があるので、以下に紹介(抜粋)したいと思います。

“「問題となっているのが、オーストラリアとオバマ前政権が結んだ難民に関する合意です。

合意では、中東や東南アジアから船でオーストラリアに入国しようとして拘束された人1,200人あまりのうち、難民として認められた人をアメリカが受け入れることになっています。”

” オーストラリアは、年間およそ1万人の難民を受け入れてきました。

不法な手段で入国しようとした人たちもオーストラリアに定住させてしまうと今後も同じような船が増えてしまうんじゃないか、

ということで、こうした人たちに関しては、難民と認められても国内では受け入れない方針を打ち出しました。

そこで去年(2016年)11月、代わりにアメリカに受け入れてもらうことで合意したんです。”

” ところが、ワシントン・ポストによると、先月(1月)28日、ターンブル首相との電話会談の中で、トランプ大統領はこの合意に激怒しました。

“最悪な合意だ。爆弾犯をアメリカに送るつもりか”などと、難民の中にテロリストが紛れ込んでいる恐れがあると非難しました。

結局、“最悪の電話会談だ”と会話を打ち切り、当初1時間だった会談は25分で終わったということです。”(出典:NHK

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ターンブル首相とトランプ大統領の電話会談、なぜ揉めたのか?

鈴木宗男、佐藤優両先生登壇の勉強会で最新国際情勢の機微に触れてきた。:「東京大地塾」参加記 ④

東京で月に一度、開催されている東京大地塾に参加。

場所は、衆議院第二議員会館。

強い目的性は持っていないながらも、昨年11月以来続けて参加しているうち

期日が近づくと「また、今月も・・」といった心情に傾いている最中、

冒頭、自民党の部会参加問題で揺れる?鈴木貴子衆議院議員も挨拶。

今月は、マレーシアで起きた金正男暗殺という世界を騒然とさせたトピックが俎上に上げられ、

佐藤優先生の見立てに俄然注目が集まりました。

続きを読む 鈴木宗男、佐藤優両先生登壇の勉強会で最新国際情勢の機微に触れてきた。:「東京大地塾」参加記 ④

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ビショップ外相、ペンス米副大統領とホワイトハウスで会談

ビショップ外相、ペンス米副大統領とホワイトハウスで会談

” ペンス米副大統領は21日、ホワイトハウスでオーストラリアのビショップ外相と会談した。

発表によると、両氏は「緊密な友好関係の維持」で一致した。北朝鮮の脅威や、イスラム過激派組織「イスラム国」についても意見を交わしたという。

米豪間では先月28日、トランプ大統領がターンブル首相との初めての電話会談で、

難民の受け入れをめぐるオバマ政権時代の合意に不服を表明し、それ以降は首脳同士の接触がなく、関係がぎくしゃくしている。”(出典:読売新聞

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ビショップ外相、ペンス米副大統領とホワイトハウスで会談

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ターンブル首相、国民に経済的厳しい時期の到来を警告

ターンブル首相、国民に経済的厳しい時期の到来を警告

” オーストラリアのターンブル首相は1日のキャンベラでの演説で、有権者が政権に対する不満を示す状況で、経済的により厳しい時期が今後待ち受けていると国民に警告する。

ターンブル首相は「わが国は経済成長が続いた過去25年間は良好な状態が継続してきたが、オーストラリアの多くの地域の状況はそれほど順調でなく、雇用が減り、将来の見通しも従来ほど明るくないというのが現実だ」と訴える。

首相はまた、環太平洋連携協定(TPP)からの米国の離脱にもかかわらず、自由貿易による恩恵を強調し、「インドやインドネシア、欧州連合(EU)と現在進めている交渉や、やがて行われる英国との交渉を通じて、われわれが輸出市場の拡大に向けた取り組みを続ける理由はそこにある」と表明する。

昨年12月に公表された世論調査結果によれば、最大野党の労働党と与党保守連合のどちらを支持するかとの質問で前者の支持率が52%となったのに対し、後者は48%にとどまり、ターンブル首相自身の支持率も41%と2ポイント低下した。”(出典:Bloomberg

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ターンブル首相、国民に経済的厳しい時期の到来を警告

青山繁晴さんと百田尚樹さんが六時間に及ぶ対談で思いを込めた日本人へのエール:『大直言』読了

スカパーなどで視聴できる「真相深入り!虎ノ門ニュース」でコメンテーターを務められている縁から実現した

青山繁晴さん(参議院)と百田尚樹さん(作家)の対談本『大直言』を読了.-

第1章 憲法を議論する

第2章 外交を議論する

第3章 平和を議論する

第4章 戦争を議論する

第5章 メディアを議論する

第6章 政治家を議論する

第7章 領土を議論する

第8章 人生を議論する

という章立てで、各々濃い専門性が交差する議論が展開されています。

続きを読む 青山繁晴さんと百田尚樹さんが六時間に及ぶ対談で思いを込めた日本人へのエール:『大直言』読了

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ターンブル首相、トランプ大統領電話会談、難民引き取り問題で紛糾

ターンブル首相、トランプ大統領電話会談、難民引き取り問題で紛糾

 ” 米国のトランプ大統領は2日、難民の引き取りをめぐるオーストラリアとの合意を尊重するべきかどうかについて、改めて疑義を唱えた。

この問題に関してトランプ氏は先月28日にターンブル豪首相と電話会談したが議論が紛糾。トランプ氏が一方的に電話を切ったと報じられていた。

トランプ氏は2日午後、米国は同盟国を含む世界各国から「いいように利用されている」と難民引き渡し合意を批判。

ターンブル首相との会談について「わたしはただ、『なぜか』と聞いただけだ。質問したかっただけだ」と述べた。

その上で「前政権のやったことは尊重せざるを得ないが、『何でこんなことをしなくてはならないのか』と疑問を呈することはできるはずだ」と主張した。

この1時間ほど前、ホワイトハウスのスパイサー報道官は豪州の収容施設にいる1,250人の難民を米国が受け入れるというオバマ前政権下での合意が有効であることを確認。問題の火消しを図っていた。

同報道官は、トランプ大統領はターンブル首相に対する「敬意から」合意を尊重すると述べた。もっとも大統領本人は「信じられないほどがっかりしており」、「(合意を)気に入ってはいない」とも語った。

一方、ターンブル豪首相は2日の朝にラジオ出演し、「ワシントンで電話会談の詳細とされるものがリークされたことに非常に失望している」と述べた。

続けて「だが私の見解としては、大統領が電話を切ったという報道は正しくない。電話会談は礼儀正しく終わった」と語った。

また首相は、「彼は前任者(オバマ前米大統領)が結んだ合意を尊重すると確約した」「対話の雰囲気は、非常に率直で直裁的だった」と説明し、トランプ大統領が合意を尊重すると約束したことを明らかにした。”(出典:CNN.co.jp

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ターンブル首相、トランプ大統領電話会談、難民引き取り問題で紛糾