Michael Anthony、VAN HALEN復帰を否定 & John 5, Corey Taylor, Fred CouryとWhisky a Go GoでTake Your Whisky Home他を披露

昨年(2018年)末、突如といった感じで浮上したVAN HALENMichael Anthonyが復帰して

出典:BARKS(画像は記事にリンク)

Yankee Stadium(他?)でライヴが計画されているというDavid Lee Rothの発言に対して

Michael Anthonyが口を開き、

出典:amass(画像は記事にリンク)

昨年10月にVAN HALENのマネージメントから実際に照会があったものの、

そこから先の動きはなかったようで、2019年も4月中旬時点で再起動の気配は感じられず、、

John 5 feat. Michael Anthony, Corey Taylor, Fred Coury

そのような中、Michael Anthonyが、DLR BandでDavid Lee Rothとアルバム制作したJohn 5のステージにゲスト出演する形で

出典:amass(画像は記事にリンク)

SlipknotStone SourのフロントマンCorey Taylorをフロントマンに据え、Ds.にFred Coury(Cinderella etc)、

VAN HALENのレパートリー3曲をWhisky a Go Goでパフォーマンス♪(映像は上掲画像をクリックの上)

フルで演奏されたのはRunnin’ With The DevilにYou Really Got Meといった定番曲のほか、

John 5 – Take Your Whisky  Home w/Corey Taylor/Michael Anthony/ Fred Coury  – whisky a go go 4/6/2019

Women And Children First から Take Your Whisky Home といった通好みの選曲に ^^

Runnin’ with The  Devil 演奏前にはJohn 5が House Of Pain のさわりを演奏するなど、

ファンとしてはニヤリとさせられてしまうライヴ・パフォーマンスで、

本家再稼働の仄かな期待が失望に変えられた一方、ちょっと溜飲を下げてくれる映像でした ^〜^♪


Comments

comments