「ALBRI 2017」カテゴリーアーカイブ

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:オーストラリア・デー日付変更動議を地方自治体が可決

オーストラリア・デー日付変更動議を地方自治体が可決

” 1月26日にはオーストラリア・デーとして、「建国記念日」と同等の意味を持っているが、1788年のこの日にアーサー・フィリップ総督が、シドニー・コーブにイギリスの国旗を掲揚し、イギリス植民地を宣言した日であり、

オーストラリアの先住民族にとっては白人からの侵略があった屈辱の日と捉えられている。そのため、先住民族グループからは、すべての国民が祝える日に変更すべきとの主張がなされていた。

そのオーストラリア・デー日付変更に従来保守的な地方自治体から支持の声が挙がっている。ABC放送(電子版)が伝えた。

キャンベラで開かれていた全豪地方自治体連合会会議(ALGA)で、ホバート市議会提出の動議が64対62の僅差で可決された。

ホバート市議会代表のスー・ヒッキー市議は、「1月26日はすべての国民を代表しておらず、まして先住民族を排除する日付だ。動議が支持されてうれしい」と語っている。

ALGA幹部会は、来月の会合で行動方針を決定するが、日付変更を追求することがALGAの方針になるとは限らないとされている。

ヒッキー市議は、「連邦政府は地方自治体からの働きかけを真摯に受け止めるはず。

地方自治体は住民に一番近いところにある政府であり、住民の関心事を連邦政府に迅速に伝える機関として最適。日付はすべてのオーストラリア人にとって記念すべき日を選ぶべきだ」と語っている。

マルコム・タンブル連邦首相はすでに、オーストラリア・デー日付変更の要望を却下しており、報道担当官は、「連邦政府の方針に変更はない」と発表している。

また、移民国境警備省のアレックス・ホーク副大臣は、「国民のほとんどは日付変更を支持していないし、ALGAの票を見ても、意見は真っ二つに分かれている。

ALGAは、緑の党市議のようにごく少数派の意見が通りやすいが、このようなトップダウンの決定は国民のコンセンサスを得られるものではない」と語っている。”(出典:NICHIGO PRESS

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:オーストラリア・デー日付変更動議を地方自治体が可決

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:世界の国別ラグビー競技人口

世界の国別ラグビー競技人口

先日、調べものでラグビーの競技人口数について検索をかけたところ

国別のデータ↓に行き着き

出典:ラグビーHack(画像はサイトにリンク)

もともと調べていたのは日本ですが、視線は自然とオーストラリアにも向けられ・・

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:世界の国別ラグビー競技人口

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ターンブル首相のブラックジョーク

ターンブル首相のブラックジョーク

” 米ホワイトハウスは、14日夜にオーストラリアのターンブル首相が毎年恒例のメディアとの夕食会でトランプ大統領をジョークの種にし、ロシアとの関連などに言及した発言について、重視していないとの姿勢を示した。

ターンブル首相は席上、「ドナルドと私は、作り物(フェイク)の調査でなく、現実の世論調査で勝っている。そう、オンラインでの調査だ。勝つのはとても容易だ。

私にはあのロシアの人物がいる」などと大統領の物まね口調も交えて話した。

本来オフレコのはずの発言だったが、あるオーストラリア人記者が、自分はパーティーに出席していないため守秘義務はないとして録音を公表した。

ホワイトハウス当局者は「誰も意に介さないと思う」と述べた。

ターンブル首相は後に、3AWラジオに対し、発言の公表は慣例違反と述べたが、これは「愛情ある気さくな」発言であり、自分を標的とした「うまい冗談」だったと語った。

キャンベラの米大使館は、冬の半ばに行われるこの夕食会は、ホワイトハウスで担当記者を招いて行う晩餐会と同様のイベントと認識しており、

こうした席では記者らと大統領が冗談をかわすのが恒例だとコメントした。”(出典:REUTERS

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ターンブル首相のブラックジョーク

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:国民の90%が「世界が危険に」と認識

国民の90%が「世界が危険に」と認識

” 新しい世論調査で、オーストラリア国民の圧倒的大多数が、「世界はますます危険になっている」と感じており、

また、「アメリカが国際問題で建設的な役割を演じる」とする信頼感もドナルド・トランプ大統領就任以来激減している。シドニー・モーニング・ヘラルド紙(電子版)が伝えた。

最新のイプソス世論調査で、オーストラリア国民の89%が、「過去1年間で世界がますます危険になっている」」と感じており、2016年の調査に比べて8%増加している。

また、「国際問題でアメリカがおおむね建設的な影響力を持っている」と考える回答者も2016年には60%だったが、今回は37%と急減している。

イプソス・オーストラリアのローラ・デマシ調査部長は、「この信頼感急減は、2017年1月にトランプ氏が大統領に就任して以来続く行動が原因ではないか。

世界的に見れば、トランプの予測不能な行動が国民を神経質にしており、「アメリカ第一」のスローガンが現実に何を意味するのかを測りかねている。

イプソス・グローバル@ドバイザー調査は、25か国の18,000人を対象に行われた。

「世界が危険になった」とする回答率がオーストラリアは国際平均に比べて3%高く、イギリスやフランスのように最近になって大規模なテロ事件を経験した国と比べても、イギリスでは86%とオーストラリアに比べて3%ポイント低い。フランスも81%で昨年より6%低い。

また、世論調査でアメリカの立場が悪くなっている。世界的に見ても、「アメリカが建設的な影響力を持つ」と考えたのは40%程度で、2016年に比べて24%ポイントも下がっている。

もっとも建設的な影響力を持っているのはカナダが81%で最高、次いでオーストラリアが79%、ドイツが67%となっている。”(出典:日豪プレス

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:国民の90%が「世界が危険に」と認識

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:殺人発生率、過去最低を記録

殺人発生率、過去最低を記録

” 全国殺人事件監視プログラム(NHMP)の最新報告によると、オーストラリア国内の殺人発生率が過去最低を記録したことが明らかになった。

1989年から開始された同プログラムの報告によると、1989年から1990年に発生した殺人事件の被害者307人を下回り、2013年から2014年の被害者は238人だったという。

これにより、平均で10万人に1人が被害者となる数値に下がったことになる。

殺人の最も使われる凶器はナイフで、86件の殺人事件が発生しており、殴打による事件は37件だという。

2013年から2014年の1年間で、殺人事件の発生率が最多だったのは NT準州で、最小だったのは首都特別地域(ACT)で、アルコールが殺人事件の最大要因だとした。”(出典:JAMS.TV

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:殺人発生率、過去最低を記録

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ワラビーズ、シドニーでスコットランド代表に屈す

ワラビーズ、スコットランド代表に屈す

夕方、Facebookを眺めていたら・・

出典:Wallabies公式Facebookページ(画像はFbページにリンク)

「うわっ、負けちゃったのかぁ」と。Soctland;スコットランド代表とは一昨年のWorld Cupの時の不完全燃焼のゲームといい、

<< 2016年10月19日投稿分:画像は投稿にリンク>> ラグビーワールドカップ2015 ⑧

今回の敗戦といい、何となく合口が良くないですね。観戦した人のコメントを読んでも、稀にみる低調なゲームであったとか・・

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ワラビーズ、シドニーでスコットランド代表に屈す

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:アダム・アシュリークーパー 神戸製鋼コベルコスティーラーズ入団発表

アダム・アシュリークーパー 神戸製鋼コベルコスティーラーズ入団発表

” 昨シーズンのトップリーグで4位となった神戸製鋼の新加入選手として、オーストラリア代表キャップ116を保持するWTBアダム・アシュリークーパー(33)が加入することが16日、発表された。

アシュリークーパーはウィングだけでなく、CTBやFBもこなす万能型バックス。2005年にスーパー12(現スーパーラグビー)のブランビーズ(オーストラリア)に加入。

その後12年にワラタス(オーストラリア)に移り、15年にはフランスの最高峰リーグ、トップ14のボルドーに所属していた。15年のW杯決勝のニュージーランド戦にもフル出場した。

チームを通じ、「人生で初めてラグビーのツアーに出たのは18歳の時、シドニーのクラブ時代に日本で2週間滞在した時でした。

その時からずっと、私はこの国でもう一度プレーしたいと思うとともに、アメージングなカルチャーを体験し、そこで生活したいと思っていました。

新しいチームメートと出会い、トップリーグでベストなプレーヤーたちと対戦するという自分自身への挑戦を通じて、キャリアを積み重ねていくのを楽しみにしています。

もちろん、これからの経験はこれまでと全く異なるであろうことには間違いありませんが、見る景色が変わり、文化的な変化は新鮮さと新しい情熱をもたらしてくれると考えています」とコメントした。”(出典:スポーツ報知

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:アダム・アシュリークーパー 神戸製鋼コベルコスティーラーズ入団発表

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:失業率 − 2017年5月

失業率 − 2017年5月

” オーストラリア統計局が15日発表した5月の失業率(季節調整済み)は前月比0.2%減の5.5%に改善した。

市場予想は5.7%だった。就業者が同4万2,000人増加し、市場予想の1万人増を大幅に上回った。失業率は2013年以来、約4年ぶりの低水準となった。

フルタイム就業者が前月比5万2,100人増えた一方、パートタイム就業者は同1万100人減少した。労働参加率は前月比横ばいの64.9%だった。

予想より良好な雇用統計を受け、シドニー外国為替市場で豪ドルは1豪ドル=0.7580ドルから0.7631ドルに急伸した。”(出典:日本経済新聞

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:失業率 − 2017年5月