「ALBRI 2019」カテゴリーアーカイブ

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:サンウルブズ 2020年シーズン限りでスーパーラグビー除外

サンウルブズ 2020年シーズン限りでスーパーラグビー除外

” 世界最高峰リーグ「スーパーラグビー」(SR)に参戦している日本のサンウルブズが来季限りでSRから除外されることが決まった。

SRの運営団体「サンザー」などが22日、発表した。日本ラグビー協会は記者会見で、「経済的条件で折り合いがつかず、契約合意に至らなかった」と説明した。

SRは2021年から参加チーム数を現在の15から14に減らして総当たり制とする計画で、サンウルブズが削減対象となった。

日本側は、大会方式変更に伴う放映権料の積み増し分など約10億円の支払いを求められ、拒否したという。

サンウルブズは16年から参戦。日本代表に準ずるチームとして創設され、19年W杯日本大会に向けた代表強化に寄与してきた。21年以降もサンウルブズを存続させるかは今後検討する。”(出典:朝日新聞DIGITAL

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:サンウルブズ 2020年シーズン限りでスーパーラグビー除外

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:失業率 − 2019年2月

失業率 − 2019年2月

” オーストラリア連邦統計局が21日に発表した2月の雇用統計は、就業者数の伸びが続いたことで失業率が約8年ぶりの水準に低下した。

統計を受けて中銀による利下げの観測が後退し、豪ドルは大きく上昇した。

2月の失業率は4.9%と、2011年6月以来の低水準となった。

2月の就業者数は前月比4,600人増加。増加分は全てパートタイムだった。

2月の就業者数の伸びは1月(改定値)の3万8,300人と比べると小幅にとどまったが、労働市場の全体的なトレンドが引き続き好調であることを裏付けた。

豪就業者数は年率2.3%のペースで増加しており、人口増加率の1.6%を上回っている。

ただ、2月の労働参加率は65.6%と、1月の65.7%から低下した。

統計発表を受けて豪準備銀行(中央銀行)による利下げの観測が後退し、豪ドルAUD=D3は0.6%上昇した。(出典:REUTERS

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:失業率 − 2019年2月

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:移民受け入れ15%削減へ

移民受け入れ15%削減へ

” オーストラリアのモリソン首相は20日、都市部での人口集中の緩和に向け、年間の移民受け入れ人数を15%近く削減し、一部移民については3年間は主要都市への居住を認めない方針を示した。

同国では、住宅価格の上昇や人口過密に対して有権者の不満が高まっており、一部では人口増加がこうした問題を引き起こしたとの声が出ている。

モリソン首相は、年間の移民受け入れを従来の19万人から引き下げ16万人とすると発表。

キャンベラで記者団に「これはオーストラリア国民が対策を望んでいた問題だ」と語った。

首相は、新たな技能ビザで移住する最大2万3,000人も移民制限の対象で、永住権が取得できるのは主要都市以外に3年間居住した後になると説明。

コールマン移民相によると、人口に対しインフラが不足しているメルボルン、パース、シドニー、ゴールドコーストへの居住は認められない。

また、今後の永住権申請では要件を厳格化し、居住地と職場の住所を示す証拠の提出が必要となるという。

昨年9月のリーチテルによる世論調査では、シドニーに住む人の63%が同市への移民の制限を支持すると回答した。”(出典:REUTERS via Yahoo!ニュース

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:移民受け入れ15%削減へ

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:連邦政府、G20でのSNS規制強化を議題提起

連邦政府、G20でのSNS規制強化を議題提起

” 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は19日午前の記者会見で、ニュージーランドで起きた銃乱射事件に関し、

オーストラリア政府から6月に大阪で開く20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)で交流サイト(SNS)の規制強化について議論するよう求める書簡を受け取ったことを明らかにした。

菅氏は「サミットの個別具体的な議題は現時点で未定だが、テロの問題について議長国として参加国と緊密に連携しながら適切に対応する」と説明した。

また、「政府として今回の卑劣なテロ攻撃を非難し、ニュージーランド、オーストラリア、国際社会と連携してテロと断固として戦う決意だ」と強調した。

オーストラリアのモリソン首相は書簡で、ネット空間が「野放し」になっているとして「ネット企業が道義的責任を果たすよう国際社会が協力して取り組むことは避けられない」とした。書簡は18日付。

事件ではオーストラリア人のブレントン・タラント容疑者(28)が頭部に装着したカメラでモスク(イスラム教礼拝所)にいた人々を射殺する様子を撮影、

フェイスブック(FB)を利用して流し、ツイッターなどで拡散した。”(出典:産経新聞 via gooニュース

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:連邦政府、G20でのSNS規制強化を議題提起

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:カンタス航空、AI活用で航路を最適化

カンタス航空、AI活用で航路を最適化

” オーストラリアの航空大手カンタスが、人工知能(AI)を活用した、世界有数の新飛行計画システムを開発した。

クラウドコンピューティング技術を使用し、天候や飛行機の性能などを基に数千のルートを評価し、最良の飛行経路を割り出す。

飛行時間を短縮することで顧客満足度の向上を図り、経路の最適化により年間燃料費を4,000万豪ドル(約31億6,660万円)削減する。18日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

新システムは「コンステレーション(Constellation)」と呼ばれ、カンタスがニューサウスウェールズ州シドニー大学のフィールド・ロボティクスに関する研究所と連携し、自社専用にゼロから構築した。

AIの学習には、10年間分の天候パターンが蓄積された巨大なデータベースを活用したという。

同社は、飛行機を最速の気流にのせることで、燃料費のほかにも二酸化炭素(CO2)の排出量を5,000万キログラム削減することが可能と見込んでいる。

カンタスのジョイス最高経営責任者(CEO)は「消費者やテクノロジー、飛行計画に恩恵をもたらすため、AIと自動化技術に着目した」と話し、「コンステレーションは世界をリードするシステムだ」との見方を示した。

■手荷物検査、最新X線で精度向上

南オーストラリア州のX線画像解析企業マイクロ・エックス(Micro-X)が、最先端のX線技術による、空港で機内持ち込み手荷物を検査するための高解像度画像解析システムを発表した。

消費者向け電子製品に隠されている爆発物を探知でき、将来的には手荷物検査場を通過しなくてもセルフサービス方式で荷物のスキャンを済ませることも可能になるなど、空港でのセキュリティーに改革をもたらす可能性があるという。

同技術は英国政府との契約の下で開発中で、今は試作品段階だが、ロンドンで行われた展示会では前途有望な革新的技術として紹介されている。”(出典:NNA ASIA

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:カンタス航空、AI活用で航路を最適化

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:10歳の少年が出した手紙へのカンタス航空CEOからの返信

10歳の少年が出した手紙へのカンタス航空CEOからの返信

” 香港(CNN)オーストラリアで航空会社の設立を志す10歳の少年が、カンタス航空のアラン・ジョイス最高経営責任者(CEO)に助言を求める手紙を書いた。

ネット上で公開されたこの手紙が、ジョイス氏からの返信とともに話題を呼んでいる。

カンタスは今週、ツイッター上でアレックス・ジャコ君からの手紙を紹介した。

ジャコ君はこの中で、すでに自ら「オセアニア・エクスプレス」という航空会社を立ち上げ、財務やIT、整備部門などの責任者を採用したと主張している。

必要な機種や便数、機内食などの検討も始めたという。

学校が休みの間は事業に時間を使えるので、ジョイス氏から全般的な助言をもらいたいと持ち掛けている。

さらにカンタスと同じく、シドニーやメルボルンとロンドンを結ぶ超長距離便にエアバスのA350型機を導入する予定だとしたうえで、25時間の飛行時間中に乗客は十分な睡眠がとれるのかと質問した。

カンタスは手紙の写真に添えたコメントで、「通常は競合相手からアドバイスを求められることはないのですが、航空会社のトップから連絡が来たら無視するわけにはいきません」と応じている。

ジョイス氏は返信の中で、自身もかつては飛行機に夢中な少年だったと振り返り、全般的な助言としては「安全第一」を強調した。

ロンドン便については、乗客が手足を伸ばして運動できるよう、客席の新デザインを検討していると明かした。

同氏はまた、ジャコ君に直接会って「ブレーンストーミング」の場を設け、カンタスのオペレーションセンターを案内したいと誘い掛けた。”(出典:CNN.co.jp via livedoor NEWS

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:10歳の少年が出した手紙へのカンタス航空CEOからの返信

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:レッズ、サンウルブズを下し今季初勝利

レッズ、サンウルブズを下し今季初勝利

” スーパーラグビー第5節最終日は16日、東京・秩父宮ラグビー場などで行われ、

日本チームのサンウルブズレッズ(オーストラリア)に31―34で競り負け、1勝4敗となった。レッズは今季初勝利(3敗)を挙げた。

サンウルブズは敵陣で素早くパスをつなぎ、前半に3トライを挙げて21―5で折り返した。

ミスが目立った後半は一転して流れを手放して4トライを許し、終盤に勝ち越しPGを決められた。”(出典:共同通信

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:レッズ、サンウルブズを下し今季初勝利

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:2019年3月 消費者マインド18ヶ月ぶりの低水準

2019年3月 消費者マインド18ヶ月ぶりの低水準

” ウエストパック・メルボルン研究所は13日、オーストラリアの3月の消費者マインドが、前月の103.8ポイントから4.8%下落の98.8ポイントとなったと発表した。

2018年は「慎重だが楽観的な」消費者の傾向が続いていたが、指数が100ポイントを切る「悲観」に転じ、18カ月ぶりの低水準に落ち込んだ。

消費者マインド指数は約1,200人を対象に、個人の財政状態や景況感、出費状況などについての質問から割り出した経済指標。

100ポイントを超えた場合は「楽観」が「悲観」を上回り、100ポイント未満は「悲観」が「楽観」を上回っていることを示す。調査は今月4〜8日に実施した。

主要指標は全て悪化した。家計への信頼感は、「前年比の家計」が5.6%、「今後12カ月の家計見通し」が5.9%、それぞれ悪化したほか、「今後12カ月の経済見通し」も6.9%、「今後5年間の経済見通し」も5.5%、悪化した。

今後12カ月間の失業者数の増加見込みを示す失業予測指数は、前月比8.9%上昇の130.6ポイントとなった。

一方で「住宅の買い時」は3.5%改善の116.6ポイントとなり、住宅価格予想指数は2.7%悪化の85.4ポイントだった。

ウエストパック銀行のエコノミストは、国内総生産(GDP)成長率がオーストラリア連邦準備銀行(RBA)の見通しよりも減速しており、

多くのメディアが景気後退と報道したことが消費者に影響を与えたとの見方を示した。

また政策金利については、RBAが19年末までに8月から段階的に利下げを行うと予想している。”(出典:NNA ASIA

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:2019年3月 消費者マインド18ヶ月ぶりの低水準