ジム・コリンズに学ぶ、経営者の至高の資質:『ビジョナリー・カンパニー』読み始め

 

春くらいから著書名を耳にするようになって、ちらちらと気になっていた『ビジョナリー・カンパニー』を読み始め。

シリーズ化されている中で、手に取ったのは中でも最も評判良く聞こえた『ビジョナリーカンパニー② 飛躍の法則』

続きを読む ジム・コリンズに学ぶ、経営者の至高の資質:『ビジョナリー・カンパニー』読み始め

ピーター・ティールが起業家に問う「7つの質問」:『ゼロ・トゥ・ワン』読了

 

時代を動かす、「0から1へ」の原点

恐らく今、ビジネス書カテゴリーで話題の書、ピーター・ティール著『ゼロ・トゥ・ワン』を読了。

>> ピーター・ティールが描く、そこに広がる未来:『ゼロ・トゥ・ワン』読み始め <<

続きを読む ピーター・ティールが起業家に問う「7つの質問」:『ゼロ・トゥ・ワン』読了

ラーニングエッジ清水康一朗社長に学ぶ「富と衰退を分ける7つの力」

 

今週、ラーニングエッジ社の清水康一朗社長の『起業家・経営者に必要な「7つの力」』と題されたウェビナーがあり、内容への興味から2時間弱視聴しました。

IMG_6056
清水社長のウェビナーは3月以来で、懐かしい感じも

来月開催される秋のセミナーズフェスタのプロモーションで企画されたもの。

上手くいっている経営者の共通項

まず、清水社長が振り返って、上手くいっている経営者と上手く行かない経営者に明確な傾向があるとして、上手くいっている経営者は・・

1. 自分だけでやらない:仲間とやる、人と会って相談する、コミュニティに参加する

2. 学び続けている:本だけでなく、先人から学び続けている。解決すると次のステップに行けるようになる。

3. 7つの力を身に付けている

時代を推進する「富と衰退を分ける7つの力」とは・・

7つの力とは「富と衰退を分ける7つの力」とされ、下記のように整理される。

 1. ビジョンを描く力

 2. ストーリーの力

 3. マーケティングの力

 4. チームをつくる力

 5. 富を生み出す力

 6. 逆境を乗り越える力

 7.  時代を超える力

主な内容について言及すると「ヴィジョン」を描く力は、多くの人が前に進めないのは「ヴィジョン」がないため。

自分の中から涌き上がってくる思いに従って、まず(自分の)「ヴィジョン」を描く事。=人から聞いた事だけでは、人は動かない。

その「ヴィジョン」が「ストーリー」になっていると、人が付いて来たり、共感を生む源泉となる。

人は潜在的に物語の主人公、登場人物になりたと思っており、常に「ストーリー」を探している。

具体的には自分の未来が10年後、20年後と、どのようにしたいか、何をしているか、10年毎に何が出来たら良いかを紙に書き出す。

事業とは、それらを体現したもの。自分の未来を描く事で、価値観が明確になる。

 

待ち受ける逆境、鍵を見付けて開く扉

ヴィジョン、ストーリーが元になり、7つの中でも重要度の高い、「マーケティング」の力を働かせる事になる。

また、どのような企業、故松下幸之助さん創業のナショナル社しかり、時代を牽引するApple社しかり、

「逆境」に直面しない企業はないとして、やるべき事をしっかりやって、やってはいけない事をやらないようにする。

「逆境」とは、潜在的な問題を気付かせる機会となる。「逆境」に直面して鍵を見付けて、鍵穴に鍵を差して扉を開けていく。

3つのHを理解すれば、ビジネスの成功が訪れる

ウェビナーの後半では来たるセミナーズフェスタに登壇するカリスマ・コンサルタントのトム・ピーターズの映像の紹介もあり、

IMG_6057
世界的に知名度を有するコンサルタントのトム・ピーターズ

「ビジネスの成功に関して3つのHを理解すれば、それ以外は必要ありません」と題された1分程度のコンテンツ。

3つのHとは、スターバックス社のハワード・シュルツ社長、世界的ホテルチェーンのヒルトン、アメリカの格安航空会社サウスウェスト社の共同創業者の一人ハーブ・ケレハーの頭文字を取って表されたもの。

3つのHから抽出されたエッセンスが

 Stay In Touch : 連絡を絶やさないこと

 Sweat The Details : 細かいことを気にすること

 It’s Always The People! : 常に人が全てだということ

の3点に修練される。

人それぞれの物語が織り成す時代

といったところが、振り返っての個人の学び。特に、ヴィジョンとストーリーですね。

ストーリーの重要性は、先日紹介させて頂きました神田昌典さんと清水社長の対談動画でも主たる内容を成すものでしたが

>> 神田昌典さんが言い切る「全員成功するんです。成功しない理由が無いですね。」の時代背景 <<

改めて個人の物語、「ストーリー」の重要性が問われている時代だと再認識する機会となりました。

 

 

ピーター・ティールが描く、そこに広がる未来:『ゼロ・トゥ・ワン』読み始め

 

書店で見掛けて「良さそうだな」・・ 次いで、電子書籍版での発行を確認して・・ 仲間内の評価を確認して、かなり楽しみな感じで購入。

現在、3分の1程度まで来ましたが、案の定な感じでマーキング箇所がもりだくさん ^=^

続きを読む ピーター・ティールが描く、そこに広がる未来:『ゼロ・トゥ・ワン』読み始め

シカゴ・ベアーズ、敵地の逆転劇で3勝3敗:NFL 2014シーズン第6週

 

連休中で、すっかり時間の感覚が麻痺した感じ。これが幸い?して、日本時間5:20Kick Offのシカゴ・ベアーズ対アトランタ・ファルコンズがライヴ視聴出来てしまったという展開に。

TV放映の前の時間帯に、同地区のライヴァル(と思いたい)のグリーベイ・パッカーズの試合が中継されており、

ゲーム終了3秒前まで、対戦相手のマイアミ・ドルフィンズがリード。あと1プレーで「ドルフィンズ勝利!」の展開も

計ったかのような最後の最後での逆転劇で・・ どっと疲れが(苦笑)

続きを読む シカゴ・ベアーズ、敵地の逆転劇で3勝3敗:NFL 2014シーズン第6週

余命宣告を機に戦った男の実話「ダラス・バイヤーズクラブ」鑑賞記

 

劇場に足を運びたくなるような作品が、とんとご無沙汰で、レンタルで1本。

当初は「ラッシュ」を考えていたものの、結果として手が伸びたのは棚の最上段に並べられていた「ダラス・バイヤーズクラブ」。

IMG_6048

以下の内容、ネタバレを含みます・・

続きを読む 余命宣告を機に戦った男の実話「ダラス・バイヤーズクラブ」鑑賞記

入来祐作さんに学ぶ転機を捉え必死になる力:『用具係 入来祐作』読了②

 

以前エントリーした元読賣ジャイアンツ、現在、DeNA横浜ベイスターズ用具係の入来祐作さん著『用具係 入来祐作 〜僕には野球しかない〜 』読了記で書き切れなかったところ。

>>入来祐作さんに学ぶ「変わる力」:『用具係 入来祐作』読了 <<

続きを読む 入来祐作さんに学ぶ転機を捉え必死になる力:『用具係 入来祐作』読了②

「冒険」に出たものだけが、大きな果実を手にすることができる