「et cetera」カテゴリーアーカイブ

一日の大半を睡眠にあてての・・

 

人は一日に何時間寝れるのか・・

風邪っぴき生活3日目(だったかな・・)、休みであった事から、ひたすら床の上で過ごす。で、人は1日にどれくらい寝るのだろうと(風邪の場合と同じく)、調べてみたところ・・

12時間睡眠をとる人はロングスリーパーなのか?12時間睡眠の特徴 なるサイトが引っかかる。

 

日の半分を睡眠に当てると・・

こちらでは12時間を基準に、睡眠時間の長短について論じられていますが、

「12時間睡眠者のような睡眠時間の長い人はネガティブ思考だとよく言われます。物事に悲観的で、くよくよしたり、心配性だと言われています。実際に、ロングスリーパーだったアインシュタインも非常に神経質だったと言われています。」 とな。

 

つれづれなるままを経ての「やっちまった」的な後悔。

一日に12時間寝れる人は、それだけ時間に裁量のある人(最低8時間の会社勤めをしている人にとっては難しい)という事になりますが

今日の自分のように予定がないと、消極的な選択(目覚めた瞬間に起きる必要がナイ)から睡眠時間が結果として長時間化する事が考えられます。

今日の自分は累計で12時間以上寝ていたような気ぃしますが、起きてからの後味の悪さはネガティヴ思考者そのものでしたが(笑)

 

一日の計は朝、つまるところ朝日にあり

量より質だとの指摘は漠然と分かるようなところですが、このサイトを拝見していて「なるほどなー」と思ったのは、

「12時間睡眠や4時間睡眠に関わらず、朝の太陽の光にしっかり当たることも大切です。朝太陽にしっかり当たるなら体内時計がリセットされてさわやかに目を覚ますことができるでしょう。」の件。

確かに、人より先んじて動き始めた日の感じは「早起きは三文の得」に代表される爽快感。

しっかり睡眠取って体調回復に努めるのは正しい方法論も、時間帯によっての最有効活用。何より、朝日を体で感じる事が、身体に一番やさしい事なのかもしれません。

 

こんな日でもいい事はある

と、振り返ってダメダメな感じの一日ではありましたが・・ 先日、申し込む事を完全に先延ばししていて、完全に出遅れて「キャンセル待ち」をしていた

神田昌典さんの2014年度版の全国縦断ツアー に正式申込み。ふぅー

 

2013年版に出て星回りを含めて、その年の位置付けを断言し切る神田さんのアプローチ、説得力に魅了されて以来の神田ブームが持続して、2年目に突入した感じですが

昨年は、「頑張る人の時代は終わった」「拝金主義の終焉」「これからはコミュニティの時代」といった様々な提示がありましたが、とりあえず、体力温存した分より、今年も神田さんの世界観にダイレクト出来る事の効果が大きかったかも。

昨日のエントリーと絡めると、今日みたく何もない日でも、何かやった日の恩恵がこぼれてくる事があると。要は、好きな事、興味を持ったに取り組んでこその一日、一日ですね。されば睡眠は短くとも(・・ けど、寝たいけどね)

 

 

 

はじめの一歩にはじまるサクセスストーリー

ここのところ連夜、ヘッドフォンを耳に当て学習を進めている「神田アカデミー」の「24時間以内に、売る天才になる講座」から・・

 

行動を取る事が如何に重要か

「こちらの意図を正確に表現すれば、自然に人が集う / 自分の意図を明確にして、それを分かりやすい言葉で意志を発信した途端、直接的のみならず、間接的にも反応が得られるようになる」

「行動を取った事に対しては、確実に反応がある」

「どんな結果をもたらすか、それは絶対にマイナスにはならない」

 

思いを込めた言葉が運んでくるものとは

意図を結晶化して表現するということを伝えていくと、そのエネルギーというか、思いというものが次から次へとまた、ピンボールのように伝染していって、

半年から1年後になったときに、自分では達成し得ないような、達成するとは思えなかったような現実というものが押し寄せてくる。

つまり、願望が実現するわけではなくて、願望以上のものが行動によって訪れる、ということが言える。

 

全ては行動する事から始まる

以上が講義の一部分の抜粋。行動すると何かしら結果が得られるのは、よく腑に落ちるところ。得てして、想定外の反応を得られる(集まりであれば、来ないであろうと思っていた方からの応諾を得られたり)もので、

発信したからこその展開というのは導けるもので、それが重なって得られたアウトプットに改良を重ねて行けば、臨んだ結果を呼び込みやすくなりそうですね。

風邪っぴきで調べてみた 風邪に関するアレコレ

人は1年に何回風邪を引く?

不覚にも、風邪っぴき。周囲の状況なんかで、もっと引きそうな頃合いもあったというのに・・。人は1年にどれくらい風邪を引くのか調べてみたら・・

「日本の風邪事情」なるサイトに出くわし

何と2回未満が65%を占めるという。ホント?!個人では3、4回は引いている感じで、周囲の状況もそんな低いようには思えませぬが。

howmanycold-0115wp

 

風邪を引いたら、どうして直す?

高校生なんて若かりし頃は、風邪を引いた時はスポーツクラブのプールで泳いで~サウナに入って、即効力ある対処法でしたが、そもそも体力の違いであったり

好きな事に向ける時間が多かったり(=気持ちに張りが出やすい)、といった背景もありますかね。

昔、、お医者さんの場合、「薬飲んで、寝ている」といった話しを耳にした事があり、同サイトを見る限り、45%前後は薬の力に頼る状況と。60代が30%弱と低いのは、何でだろ・・

howtorecover-0115wp

 

風邪は何日で治る?!

そんな自分は、昼、夜と漢方薬を服用して、早めに帰宅して仮眠を取ってという初日の応急処置。齢を重ねると、風邪が治すのに要する日数に関心が行きますが・・

5日以内で59%。「(自分の場合)もっとかかちゃってるよなぁ・・」 松田聖子さんであったと思いますが、風邪薬のTVCMで「引きはじめが直し時」と言われていた事が

妙に耳に残っており、本日のブログはこの辺りで。皆さん、月並みですが手洗いに、うがいで引く前の未然の予防を~

howmanydayz-0115wp

一四〇字に限られた世界

どっちを選ぶ?

移動時に携帯をイジっていたら、フォローしているアカウントのリツイートから「上手いなぁ」と。下記ツイートが自身のタイムライン上に・・(因みに、A、Bは場所を意味しています。)

 

A:三度の食事が無料

B:一食だけでも自費

 

A:真面目に働けば早く出れる

B:真面目に働けば仕事が増える

 

A:専用トイレ

B:共用トイレ

 

A:経費は税金で支払われる

B:給料から税金が引かれる

 

A:見張りがいる

B:見張りがいる

 

実体が分かると・・

実際のツイートは、A、Bとも具体的に・・ Aが刑務所で、Bが会社と書かれていますが、人によってモノの捉え方は多様ながら、面白い捉え方をする人も居るという(笑)これは見事なブラック・ジョークですね。

tweet_0109wp

 

昔は 五 七 五(七 七) 、今は 百四十字

自分は140字に、自分の書きたい事を上手く落とし込めず、Facebookやっていない友人との連絡や気になるスポーツ(特にマイナーなもの)の模様をチェックする程度に用途が限られていますが

短い文章で、読んでいる人をクスッとさせるようなユーモアのセンスや「なるほど!」と思わせる含蓄に憧れます。

 

デザイン目線で視る

終わり良ければ?!

周囲がどんどん年末年始休暇に入る中、自身はラス前を終ゆる。明日の今頃に浸っているのは、解放感か疲労感か(笑)・・

フツ~人とデザイナーの境目

時計の針を朝まで戻して、読み始めた「考えなしの行動」は、デザインされた製品の見方・理解のし方、評価方法を説いたもので、カラー写真と共にデザイナー目線でのキャプションが添えられているといった構成。

design-1226

有るであろう固定化された視点

一年の中で時折、この手の本を読んでいますが、自分の中で眠っていた部分が目を覚ましますやら・・。モノの捉え方が固定化されていたり、決まった傾向があると思うので、そんな惰性には地道に風穴を空けていきたいところ。

情報発信で跳ねるには

週末(+α)の解放感は時計の針が外れる事から

24時過ぎの帰宅・・ 食事を経て・・ デイベッドで連休の解放感に浸っていれば、嫌な感じの地震に目を覚まさるる。そんなこんなで、現在 2:01。

周囲の雰囲気から年末年始色が色濃くなってきましたが、自由時間が多いこの時期の得難さを上手く「2014」につなげたいところ。今朝の通勤の友だった「スピード・ブランディング」から・・

続きを読む 情報発信で跳ねるには