「et cetera」カテゴリーアーカイブ

スパイク・リー監督が描いた、人種差別に体を張り潜入捜査で挑んだ男たちの実話録:映画『ブラック・クランズマン』鑑賞記

32年振りとの(1㎝以上の)積雪であった3月下旬の夜「何かあるかなー?」と amazonのPrime Video内を検索し・・

「これだー!」と、

出典:amazonプライム 画面をスクリーンショット *撮影は鑑賞後

Spike Lee:スパイク・リー監督の『ブラック・クランズマン』を鑑賞。

昨年(2019年)のアカデミー賞で本作が脚色賞を受賞した際、

続きを読む スパイク・リー監督が描いた、人種差別に体を張り潜入捜査で挑んだ男たちの実話録:映画『ブラック・クランズマン』鑑賞記

ハンス・ロスリングが誘(いざな)う、思い込みが解かれた事実に基づく真の世界:『ファクトフルネス 10の思い込みを乗り越え、データを表に世界を正しく見る習慣』読了

先週から読み進めていた『ファクトフルネス 10の思い込みを乗り越え、データを表に世界を正しく見る習慣』を読了。

<< 2020年3月14日投稿:画像は記事にリンク >> ハンス・ロスリングが誘(いざな)う、思い込みが解かれた事実に基づく真の世界:『ファクトフルネス 10の思い込みを乗り越え、データを表に世界を正しく見る習慣』中間記

中間記⬆︎後は、

 第9章 犯人捜し本能

 第10章 焦り本能

 第11章 ファクトフルネスを実践しよう

に加えて、著者ハンス・ロスリング(医師、Gapminder:ギャップマインダー財団 設立者)の子息オーラ・ロスリングが本書刊行に至った背景に触れた「おわりに」など。

その「おわりに」では、

続きを読む ハンス・ロスリングが誘(いざな)う、思い込みが解かれた事実に基づく真の世界:『ファクトフルネス 10の思い込みを乗り越え、データを表に世界を正しく見る習慣』読了

リーマン・ショックの舞台裏に迫ったドキュメンタリー:『リーマン・ブラザーズ 最後の4日間』鑑賞記

予定なき一日、しかも午後から雪が舞い、外で出る気力削がれる状況下、

夜、端末に向かい「何かあるかな?」とamazonの PRIME VIDEO内のライブラリーを検索すれば・・

出典:amazonプライム 画面をスクリーンショット *撮影は鑑賞後

『リーマン・ブラザーズ 最後の4日間』と題されたタイトルを発見。

2008年以来の経済危機?

2020年を迎え、期せずして新型コロナウイルスの感染拡大による経済的損失を計る基準として、

しばし比較対象されるリーマン・ショックですが、サブプライムローンなど一部用語について承知している程度で、

事実関係については殆ど知らなかったため、視聴することに。

上映時間52分というのも(視聴の)引き金になりましたが、尺が限られる分、サブプライムローンについては

続きを読む リーマン・ショックの舞台裏に迫ったドキュメンタリー:『リーマン・ブラザーズ 最後の4日間』鑑賞記

ハンス・ロスリングが誘(いざな)う、思い込みが解かれた事実に基づく真の世界:『ファクトフルネス 10の思い込みを乗り越え、データを表に世界を正しく見る習慣』中間記

週中に、読み始め記⬇︎をアップロードした

<< 2020年3月12日投稿:画像は記事にリンク >> ハンス・ロスリングが誘(いざな)う、思い込みが解かれた事実に基づく真の世界:『ファクトフルネス 10の思い込みを乗り越え、データを表に世界を正しく見る習慣』読み始め

ハンス・ロスリング著『ファクトフルネス 10の思い込みを乗り越え、データを表に世界を正しく見る習慣』を読み進め、

(第5章〜)第8章まで、読み終えたので、その間のおさらい。

章名に冠されたのは

 第5章 過大視本能

 第6章 パターン化本能

 第7章 宿命本能

 第8章 単純化本能

といったことで、印象に残ったところでは

” 多くの人は「最低限の暮らしに必要なものが手に入る人は、世界の人口の20%だけ」と考えているようだ。正しい答えは約80%で、ものによって90%になる場合もある。”(位置 No.1924/39%)

とデータが解き明かす知られざる実態に、一方で・・

続きを読む ハンス・ロスリングが誘(いざな)う、思い込みが解かれた事実に基づく真の世界:『ファクトフルネス 10の思い込みを乗り越え、データを表に世界を正しく見る習慣』中間記

ハンス・ロスリングが誘(いざな)う、思い込みが解かれた事実に基づく真の世界:『ファクトフルネス 10の思い込みを乗り越え、データを表に世界を正しく見る習慣』読み始め

2019年1月の日本語版出版後から書店で度々見かけていて、評判の良さから内容に興味を持っていた『ファクトフルネス  10の思い込みを乗り越え、データを表に世界を正しく見る習慣』を読み始め

 第1章 分断本能

 第2章 ネガティブ本能

 第3章 直線本能

 第4章 恐怖本能

 第5章 過大視本能

 第6章 パターン化本能

 第7章 宿命本能

 第8章 単純化本能

 第9章 犯人捜し本能

 第10章 焦り本能

 第11章 ファクトフルネスを実践しよう

と章立てされているうちの第4章まで読み終えたので、そこまでのおさらい。

本書は、サブタイトルの

” 10の思い込みを乗り越え、データを表に世界を正しく見る習慣 “

にある通り、

続きを読む ハンス・ロスリングが誘(いざな)う、思い込みが解かれた事実に基づく真の世界:『ファクトフルネス 10の思い込みを乗り越え、データを表に世界を正しく見る習慣』読み始め

伝説のマフィア ジョン・ゴッティの生涯に迫った『ゴッチ・ザ・マフィア/武闘派暴力組織』鑑賞記

先日、イタリアンレストラン『ウ・バドリーノ」を訪れた際、

<< 2019年11月15日投稿:画像は記事にリンク >> マリオ・ルチアーノさんのレストラン『ウ・パドリーノ』に行ってきた

オーナーのマリオ・ルチアーノさんとお話しさせて頂いた際に推奨のあった一『ゴッチ・ザ・マフィア/武闘派暴力組織』が、

Youtubeにアップロードされていることを友人から知らされ、さっそく鑑賞。

続きを読む 伝説のマフィア ジョン・ゴッティの生涯に迫った『ゴッチ・ザ・マフィア/武闘派暴力組織』鑑賞記

養老孟司先生が語った屋久島の魅力『SAUNTER Magazine Vol.01』刊行記念「養老孟司の旅、屋久島の多様な生き物について」

養老孟司先生登壇の『SAUNTER Magazine Vol.01』刊行記念

会場は 銀座蔦屋 BOOK EVENT SPACE

トークイベント「養老孟司の旅、屋久島の多様な生き物について」に参加。

一昨年(2017年)秋の京都⬇︎以来、

<< 2017年10月22日投稿:画像は記事にリンク>> 養老孟司先生に学ぶ、京都の魅力とたのしみ方:「京都の壁」養老流 京都の楽しみ方 講演会 参加記

久々の養老孟司先生登壇イベントということで楽しみに迎えた当日。

屋久島の魅力、自然への向き合い方 ・・

屋久島は、がんがん飛行機に乗っている頃は漠然と頭にあり、すっかり地上の人になってからは頭から遠のいていましたが、

続きを読む 養老孟司先生が語った屋久島の魅力『SAUNTER Magazine Vol.01』刊行記念「養老孟司の旅、屋久島の多様な生き物について」

クリント・イーストウッドの予期せぬ主演復帰のワケを実感できた DVD『運び屋』鑑賞記

週末、連日の雨交じりで、予定のないところでレンタル店に立ち寄り、

「何か、出ているかなぁ」と店内を覗いてみれば・・

映画『運び屋』特報【HD】2019年3月8日(金)公開

「おぉ、これがあったかー」と、一日のインターバルを置いて『運び屋』を貸し出し。

Clint Eastwood:クリント・イーストウッドの演技が再び見られるのはフィルモグラフィーを辿ってきた者の一人として嬉しい半面、

続きを読む クリント・イーストウッドの予期せぬ主演復帰のワケを実感できた DVD『運び屋』鑑賞記