「et cetera」カテゴリーアーカイブ

続、脱SNS依存の幸福論

前回、読了記をアップロードした ↓

<< 2017年7月17日投稿:画像は記事にリンク >> 橘玲さんが紐解く「幸福の条件」を実現する人生設計:『幸福の「資本」論』読了

『幸福の「資本」論』の中で、人と人の結びつき、在りように関して興味深い記述があり・・

” 日本の社会における「友だち」を定義しましょう。それは、たまたま学校で同じクラスになったという偶然から生まれる人間関係のことです。

・・中略・・

たまたま友だちになったとしても、学校が変われば友だち関係はリセットされます。

私立学校に進学したり、大学で地元を離れればそれまでの友情は摩滅していくでしょう。異なる友だち関係はお互いを排除しあうのです。

地球上には何十億人ものひとが生きていますが、私たちはこのきわめて限定的な条件を満たしたひととしか友だちになれません。

そのうえ仮に友だちになったとしても、それを維持するのはもっと難しいのですから、「友だち」がいること自体がひとつの奇跡です。

こうして、40代を過ぎた頃から友だちは急速に減っていきます。”(p190-191)

「これかー」と、この一文にFacebookをはじめとするSNSが隆盛を極めた一因を感じた思いがして印象に残りました。

続きを読む 続、脱SNS依存の幸福論

はや暑さに圧倒されそうも、暑さを楽しめる2017年の夏に

「しかし、7月って初めからこんな暑かったっけかなー」と、梅雨入り宣言後、雨降りは殆どないし、

6月中からエアコンが必需品となり、犬を散歩に連れ出せば、熱中症?を疑ってしまうような軽い違和感(頭痛?)を覚えたり、、

と、年のせいか?すっかりへたりモードですが、夏といえば・・

続きを読む はや暑さに圧倒されそうも、暑さを楽しめる2017年の夏に

かくして過ぎていった、2017年の誕生日

7月9日は、年に一度の誕生日。

まずもって平穏無事に、この日を迎えられたことに感謝です。先日の竹原慎二さんに、

<< 2017年7月6日投稿:画像は投稿にリンク >> 竹原慎二さん登壇の講演会で闘病時の心構え、命を守る上で大切なことについて学んできた:『見落とされた癌』刊行記念 竹原慎二さん X 川島朗先生 講演会 参加記

先月の高田文夫さんに、

<< 2017年6月14日投稿:画像は投稿にリンク >> 高田文夫さん登壇の「新潮講座笑学部PRESENTS 高田文夫『また出た私だけが知っている金言・笑言・名言録 ②』出版記念講座」がめちゃ楽しかった ^^

死を覚悟した闘病された方々のお話しを直に聞き、また、昨年には同級生を不幸で失っていたという一連の巡り合わせから、

当たり前のように享受できている尊いことに意識を振り向けることが大事と思っています。

多くの方からのお心遣い

Facebookをやるようになって迎えた7回目の誕生日で、メール、メッセンジャーを含め、多くの方からお祝い頂けことも感謝。

続きを読む かくして過ぎていった、2017年の誕生日

菅付雅信さんに導かれる、モノが買われなくなった時代の未来:『物欲なき世界』中間記

書店にいる際、タイトルに反応して購入した『物欲なき世界』を読み始めて

半分あたりのところまで来たので、そこまでのおさらい。

全部で6章あり

1. 生き方が最後の商品となった

2. ふたつの超大国の物欲の行方

3. モノとの新しい関係

4. 共有を前提とした社会の到来

5. 幸福はお金で買えるか?

6. 資本主義の先にある幸福へ

現在、4章の途中。いかに印象に残った箇所を引用すると・・

続きを読む 菅付雅信さんに導かれる、モノが買われなくなった時代の未来:『物欲なき世界』中間記

街中で音楽認識アプリSHAZAMを大活躍させてみた(SYSTEM OF A DOWN, ZZ TOP, A TASTE OF HONEY)

以前、一度記事にした音楽認識アプリShazam活用で第2弾.-

<< 2017年3月1日投稿:画像は記事にリンク >> マック(マクドナルド)で音楽認識アプリSHAZAMを大活躍させてみた

今回は、まず近所のロックテイストなアパレル店でBGMになっていた ↓

SYSTEM OF A DOWN  –  X  

バンド名に馴染みはありましたが、バンド名を意識して聴き込んだ経験はなく「こんな感じかぁ〜」 と。

重たいノリに、ザクザクとした切れ味良いサウンド、ドコドコ来る感じが奥に引っ込んでいた氣を引っ張り出されるような ^^

もう一曲、後日、同店舗を通り過ぎようとした際に耳にした軽快なナンバー

続きを読む 街中で音楽認識アプリSHAZAMを大活躍させてみた(SYSTEM OF A DOWN, ZZ TOP, A TASTE OF HONEY)

数量限定、大盛り、トッピング等々、飲食店で注文時に頭を悩ます選択の挙句

飲食店に立ち寄った際、定食屋だと大盛りに、ラーメン店だと替え玉など、注文時に選択を求められることが多いですが、

今日、初めて訪れた店でメニューに数種の盛りが提示されており、「食べたいけど、大丈夫かなぁ」と、頭を悩ます展開に・・。

しばし迷ってみた挙句、そこそこお腹が空いていたし「(食べ終わった時)少なかったら嫌だなぁ」と、(トッピング等)こだわりの感じられるメニュー+大盛りで注文。

続きを読む 数量限定、大盛り、トッピング等々、飲食店で注文時に頭を悩ます選択の挙句

蒲田春樹さんが誘う、ビジネスに示唆を与えるパワースポット京都の魅力:『そうだ 神さまに 訊こう』読了

書店内で「何か出てないかなぁ」と彷徨っていた際、タイトルを見て「!」となった、

『そうだ  神さまに  訊こう!  京都の神社仏閣に学ぶビジネスの極意』を読了。

本書が出版された経緯が、表紙をめくった「まえがき」に

” 実は、京都の社寺にはビジネスに示唆を与えるパワースポットがたくさんあります。

・・中略・・

本書で紹介している社寺は、静かに散策、思索できるところが多いので、観光だけではなく、ビジネスの極意、求めているものへの示唆、ときにはお告げが得られる場所といえるでしょう。

すでによく知られている名刹であっても、新たな見方を提案していますので、これまでとは異なる発見があると思います。”(p3-4)

と記されており、清水寺、伏見稲荷といったお馴染みの所から上賀茂神社、永福堂といった私自身が初めて知った所まで、

・「千客万来」の戦略とシステム化を清水寺でしっかり学ぼう

・「絆」を強く。陰陽石に触れ、上賀茂神社で固めよう

といった具合、全六章、二一話(+十二ヶ月)に渡って、ビジネスを切り口に京都の秘めた魅力が綴られています。

神社仏閣から得られる「閃き」

印象的であった件を引用してみると・・

続きを読む 蒲田春樹さんが誘う、ビジネスに示唆を与えるパワースポット京都の魅力:『そうだ 神さまに 訊こう』読了

Black Hole Sunが心に沁みる(追悼 Chris Cornell:クリス・コーネル)

先週は音楽界でChris Cornell:クリス・コーネル(SOUNDGARDENAUDIOSLAVE etc)死去というびっくりの知らせが世界を駆け巡りましたが、

出典:amass(画像は記事にリンク)

享年52歳。亡くなった日にも公演を行っていたことから余計に衝撃を受けました。

出典:amass(画像は記事にリンク)

報じられたところによると、死因は自殺のようで・・。

出典:amass(画像は記事にリンク)

訃報を知った時はZepp DiverCity TOKYOANTHRAXのライヴを見た後、

<< 2017年5月19日投稿:画像は記事にリンク >> ANTHRAXとMEGADETHが一緒にライヴすりゃ、そりゃ盛り上がる:MEGADETH JAPAN TOUR 2017 SPECIAL GUEST ANTHRAX 参加記(ANTHRAX編)

MEGADETHの登場を待っている状態でしたが、登場後、アンコールで急遽といった形でSOUNDGARDENの曲 Outshined で追悼を行い、

出典:amass(画像は記事にリンク)

長く印象に残るであろうワンシーンでした。

続きを読む Black Hole Sunが心に沁みる(追悼 Chris Cornell:クリス・コーネル)