「Rugby:ラグビー」カテゴリーアーカイブ

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:元ワラビーズ ダン・ヴィッカーマンの訃報に接して

元ワラビーズ ダン・ヴィッカーマンの訃報に接して

週末、Facebookのタイムラインを漫然と眺めていれば・・

出典:Qantas Wallabies(画像は記事にリンク)

Wallabies:ワラビーズでも活躍したダン・ヴィッカーマン:Dan Vickermanの訃報に知ることに。

記事に目を通せば、若干37歳、、。

このところラグビー界では、(ニュージランド代表)All Blacks:オールブラックスなどで活躍した

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:元ワラビーズ ダン・ヴィッカーマンの訃報に接して

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ブリスベン・グローバル・テンズ 初代王者はチーフス

ブリスベン・グローバル・テンズ 初代王者はチーフス

” 今年初開催された10人制ラグビーの国際大会、ブリスベン・グローバル・テンズ最終日が12日、豪州・ブリスベンで行われ、

チーフス(ニュージーランド=NZ)が決勝でクルセイダーズ(同)を12-5で破り、初代王者に輝いた。

前日の1次リーグA組で2勝したパナソニックは同組最終戦でチーフスに5-33で敗れ、2位で決勝トーナメントに進出。準々決勝でクルセイダーズに7-12で敗れ、4強入りはならなかった。

FB五郎丸歩(30)が所属するトゥーロン(フランス)は、1次リーグD組第3戦でハリケーンズ(NZ)に0-32で敗れ、3戦全敗で1次リーグで敗退した。”(出典:SANSPO.COM

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ブリスベン・グローバル・テンズ 初代王者はチーフス

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ブリスベン・グローバル・テンズ 開幕

ブリスベン・グローバル・テンズ 開幕

” 2月11日から2日間にわたってオーストラリアのブリスベンで開催されるラグビー10人制大会「ブリスベン・グローバル・テンズ」。

オーストラリア、ニュージーランドのスーパーラグビーチームとフランスのトゥーロン、日本のパナソニックワイルドナイツなど世界のトップクラブ14チームが優勝を争う。

大会前日の10日、ブリスベン市内のサウスバンクで全チームの選手とファンが参加した「ラグビー・ヘブン・ファンゾーン」が開催された。

サウスバンクはブリスベン市内を流れるブリスベン川沿いにある人気の観光スポット。全チームの選手が一堂に会し抱負を述べた後は、ファンとの写真撮影やサイン会なども行われた。

昨季、地元レッズでプレーした五郎丸歩は今回、トゥーロンの一員としてブリスベンに戻ってきた。ヨーロッパから唯一の参加とあって、移動は丸1日以上。

トゥーロンからパリまで電車で4~5時間。そこからドバイで乗り換えて7日に現地入りした。

10人制のラグビーがあることは今回初めて知ったが、実際に練習してみて「相当ハードですね」と気を引き締める。

「いろんな国からチームが参加している中にパナソニックがいて、僕もトゥーロンで参加する。日本人選手の活躍を応援してもらえれば。

大会の雰囲気とか、日本では味わえないものだと思う」。昨シーズンはホームグラウンドとして戦ったサンコープスタジアムで、久しぶりの雄姿を見せたい。

市内には至るところに大会を告知するフラッグが見られ、中心部にあるシティホールには参加全チームの旗が。

一番の繁華街クイーンズ・モールの歩道にも参加選手の看板があちこちに飾られて大会を盛り上げていた。”(出典:ラグビー・リパブリック

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ブリスベン・グローバル・テンズ 開幕

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:マット・ギタウ 、トゥーロン退団。日本で現役続行へ

マット・ギタウ 、トゥーロン退団。日本でプレーへ

” ラグビーフランスリーグ、トップ14のRCトゥーロン(RC Toulon)に所属するマット・ギタウ(Matt Giteau)は30日、日本で自身のキャリアの新たなページを開くため、今季終了後に退団する意向を発表した。

オーストラリア代表のプレーメーカーであるギタウは、自身のインスタグラム(Instagram)アカウントにフランス語で、「この決断を下すことは、自分のラグビー人生の中で最も難しい決断だったが、オーストラリアの近くにいることは私の家族にとって最良のことだ」と投稿した。

トゥーロンのヨーロピアンラグビーチャンピオンズカップ(European Rugby Champions Cup)3連覇に大きく貢献し、クラブのムラド・ブジェラル(Mourad Boudjellal)会長から「ザ・ボス」と評される34歳のギタウはまた、

「(一生ものの交友関係を持った)選手たち、指導者、会長、スタッフのみんなに大きな感謝を伝えたい。全員に大きな借りがある」続けた。

「そして、トゥーロンのファンのみんなにも感謝している。あなたたちはいつまでも私の心の中にいる」

ギタウは、昨年の南半球4か国対抗戦、ザ・ラグビーチャンピオンシップ(The Rugby Championship 2016)のニュージーランド戦で足首を骨折し、5か月ぶりに戦列復帰を果たしたばかりだった。

2011年に移籍したギタウは、トゥーロンでのプレー期間は「自分のラグビー人生の中で最高の時間だった」と振り返り、ファンに対して「この歴史的なクラブにタイトルをもたらすことが、今の自分の大きな目標だ」と語った。

ギタウはトゥーロンで2012-13シーズンからヨーロピアンラグビーチャンピオンズカップ3連覇、そして13-14シーズンにはトップ14制覇を経験している。”(出典:AFP=時事

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:マット・ギタウ 、トゥーロン退団。日本で現役続行へ

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:デイヴィッド・ポーコック、日本選手権決勝へ英気を養う

デイヴィッド・ポーコック、日本選手権決勝へ英気を養う

” ラグビーの日本選手権決勝は29日、東京・秩父宮で、2連覇を目指すパナソニックとトップリーグ(TL)に続く2冠を狙うサントリーが激突。

パナソニックは27日、群馬・太田市内で調整。豪州代表で世界的ボールハンター、デービッド・ポーコック(28)はNO・8で先発。

同じく先発するサントリーの元豪州代表FLジョージ・スミス(36)とのせめぎ合いはみどころ十分だ。

パナソニックはこの日、群馬・太田市のグラウンドで1時間余りの調整。寒波が緩み、真冬ながら気温12度を超える“陽気”のなかで、ポーコックの表情も温和だった。

「この1週間、いい準備ができた」

9月のリーグ戦で15-45と大敗したサントリーとの再対決。12月に加わったポーコックはこの試合に出ていないが相手には豪州代表の先輩・スミスがいる。

ともにタックル直後に相手からボールをもぎ取る“ジャッカル”の世界的名手。「スミスは偉大な選手の1人。この大舞台で戦えるのは楽しみ」と腕をぶす。

今月、豪州から家族が来日。末弟のスティーブンさん(24)とは「新しい土地へ行ったら川に飛び込む」と子供の頃から約束しており、2人で真冬の利根川へダイブした。

長野の温泉につかるサルを1人で見つけに行き自身のインスタグラムにあげるなど、日本の生活をアクティブに楽しむ。

決勝で勝てば、豪州代表が優勝した2015年の南半球4カ国対抗以来となるタイトル。「歴史のあるトロフィーを手に入れたいね」と必勝を誓った。”(出典:サンケイスポーツ

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:デイヴィッド・ポーコック、日本選手権決勝へ英気を養う

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ワラビーズ、2017年11月に来日し日本代表と対戦

ワラビーズ、2017年11月に来日し日本代表と対戦

” 史上初のワラビーズ来襲だ!日本ラグビー協会は15日、日本代表が来年11月4日に日本国内(会場未定)で世界ランキング3位のオーストラリア代表とテストマッチを行うと発表した。

「ワラビーズ」の愛称で知られるオーストラリア代表が、日本とのテストマッチで来日するのは初めて。19年W杯日本大会へ向けて、日本にとっては最高の腕試しの機会となる。

ワラビーズは昨年のW杯で準優勝。91、99年大会と2度の優勝も果たしており、実力、実績ともに申し分ない。

今年11月のテストマッチでは4戦2勝2敗と欧州の強豪にやや苦戦したものの、メンバーには今季パナソニックに加入したフランカーのポーコック、昨季リコーでプレーしたSOフォーリー、世界屈指のFBフォラウらスター選手をそろえる。

日本代表のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチは日本協会を通じて「ワラビーズのような経験値の高いチームと対戦することは、彼らの豊富な経験や高い能力から、常にとても大変なことです」などとコメントし、対戦を待ち望んだ。

(過去4戦全敗/) 過去の対戦成績は日本の4戦4敗(代表の下に位置するA代表との対戦を含めると8戦8敗)で、07年W杯では1次リーグでは3-91と完膚なきまでに叩きのめされた。

以来、対戦がなかったが、10年ぶりのテストマッチが実現したのも、昨年のW杯で南アフリカを破るなど歴史的3勝を挙げた日本の実力が認められたからこそ。

14日には来年6月に世界4位のアイルランドと2試合行うことが発表されたばかりのジョセフ・ジャパン。17年は過去最高のマッチメークで、19年へと準備を整える。”(出典:スポニチアネックス

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ワラビーズ、2017年11月に来日し日本代表と対戦

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:デイヴィッド・ポーコック日本デビューを飾る

デイヴィッド・ポーコック日本デビューを飾る

” トップリーグ第11節第1日(10日、花園ラグビー場など)3位からの逆転Vを狙うパナソニックが69-14でホンダに大勝し、7連勝した。

8日に合流したばかりの豪州代表FLデービッド・ポーコック(28)がTL初出場。

「世界最高のタックラー」と評される男は、激しいコンタクトで存在感をアピールだ。新人WTB福岡堅樹(24)もリーグの1試合個人最多に並ぶ6トライの奮闘。

首位ヤマハ発動機は連勝を11に伸ばしたが、まだまだあきらめない!

4連覇に向けて、パナソニックの“最強の切り札”がベールを脱いだ。ホンダに完勝し、ポーコックは笑みを浮かべた。

「非常に楽しかった。チームメートが温かく迎えてくれた」

チーム11トライのうち前半7、29、36分の3つはモールで押し込んだ。そこに参加して得点に貢献すると、得意技のジャッカル(タックルで倒された相手からボールを奪うこと)も披露。

後半16分に交代するまで、猛烈なパワーとスピードでスタンドをわかせた。

「気持ちよかった。しっかり誰かがタックルを一発で決めてくれて、スペースがあったので入らせてもらった」

豪州代表キャップ65。昨年のW杯で母国を準優勝に導き「世界最高のタックラー」「世界最強のボールハンター」と称された。

豪州代表のテストマッチで欧州遠征していて、8日にチームに合流したばかり。それでも「試合に出てプレーして慣れるのが一番いい」と疲れを感じさせない。

ディーンズ監督は元豪州代表ヘッドコーチで、2008年にポーコックを代表デビューさせた恩師でもある。

指揮官は試合前「ラグビーを楽しみなさい」と声をかけた。「ゲームプランなど覚えなければいけないことがたくさんあったと思うが、始まってしまえば賢い選手なので体が動いていた。

間違いなく彼が引っ張っている」と、まな弟子の奮闘に満足げだ。

ポーコックは「一人の選手としてフィールド上で貢献したい。チームには若くて優秀な選手たちがいる。学びながら、教えながら成長していきたい」と話した。

首位ヤマハ発動機までは、残り4試合で勝ち点10点差。逆転優勝を狙うパナソニックの切り札となる。”(出典サンケイスポーツ

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:デイヴィッド・ポーコック日本デビューを飾る

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ワラビーズ、イングランド代表に4連敗を喫し2016年を終える

ワラビーズ、イングランド代表に4連敗を喫し2016年を終える

” ラグビーテストマッチが3日、英ロンドン(London)のトゥイッケナム(Twickenham)で行われ、イングランドは37-21でオーストラリアに勝利し、2016年の戦いを無傷の13連勝で締めくくった。

試合前には、自身の顔をピエロ風に加工した画像で母国の新聞からあおられていたイングランドのエディー・ジョーンズ(Eddie Jones)ヘッドコーチ(HC)だが、最後に笑ったのはジョーンズHCの方だった。

就任後13連勝を飾ったジョーンズHCは、「最初にちょっと謝らせてほしい。というのも、赤い鼻を忘れてきてしまってね。後で取りに行って、つけることにするよ」とコメントしている。

6月にオーストラリアで行われたテストマッチシリーズでワラビーズ(Wallabies、オーストラリア代表の愛称)に3連勝していたイングランドは、これで2016年のオーストラリア戦は4戦全勝ということになったが、この日は相手に大いに苦しめられた。

ジョーンズHCは、「オーストラリアは前半から激しく来た。それは予想できたことだし、彼らは非常にいいラグビーをしていた」と話した。

「とにかく耐えなくちゃならなかったし、実際にそうした。13-16でハーフタイムにこぎつけ、そこで回復し、少し前を向くことができた。後半は基本的なことが非常にうまくいった。後半の得点が24-5だったのは妥当な結果だ」

イングランドはこれで、チーム史上最長タイとなるテストマッチ14連勝の記録を達成した。

これは2003年、当時ジョーンズHCが率いていたオーストラリアを決勝で破り、W杯オーストラリア大会(Rugby World Cup 2003)で戴冠を果たしたときに並ぶ記録となる。

それでもジョーンズHCは、現W杯王者のニュージーランドから最強の称号を奪おうと思うなら、まだ課題は多いと話している。

「いい形で前進できているが、それにおごってはならない。世界一のチームになるには、まだまだ課題が山積している。選手は全員、そのことを理解している」

「しかしわれわれは、そこへたどり着きたいという思いを本気で抱くようになった。それは素晴らしいことだ」”(出典:AFP=時事

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ワラビーズ、イングランド代表に4連敗を喫し2016年を終える