「Wallabies」カテゴリーアーカイブ

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ワラビーズ、フィジー代表を逆転で下し ラグビーワールドカップ2019 白星発進

ワラビーズ、フィジー代表を逆転で下し ラグビーワールドカップ2019 白星発進

” 前回準優勝のオーストラリアは1次リーグD組の初戦でフィジーを39―21で下し、白星スタートを切った。

前半は12―14で劣勢だったが、後半はFWを中心に巻き返し、底力を見せた。前半苦戦を強いられながらも勝利したフランカーのフーパー主将は「厳しい試合だった。パワーのある選手に対し、何とか立て直せた」と振り返った。

前半は力強いランに圧倒されたが、後半は運動量の落ちた相手に対し、速いパス回しと積極的な選手交代で主導権を握った。

後半16分、21分には立て続けにモールで押し込み、地力の違いを見せた。チェイカ監督は「(フィジーは)危険なチームだったが、とにかく勝てて良かった」と安どした。”(出典:Sponichi Annex via Yahooニュース

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ワラビーズ、フィジー代表を逆転で下し ラグビーワールドカップ2019 白星発進

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ワラビーズ、サモア代表を下し、いざワールドカップ

ワラビーズ、サモア代表を下し、いざワールドカップ

” ラグビーテストマッチは7日、各地で行われ、オーストラリアはほぼ2軍のメンバーで34-15とサモアを下し、

W杯日本大会(Rugby World Cup 2019)を開幕を良い状況で迎えることにはなったが、その勝利は納得いくものではなかった。

4年前のW杯イングランド大会(Rugby World Cup 2015)で準優勝を果たしたワラビーズ(Wallabies、オーストラリア代表の愛称)は、

約1年ぶりのテストマッチとなったデビッド・ポーコック(David Pocock)を中心にその場しのぎのメンバーで試合に臨んだが、前半はサモアに格の違いを見せつけた。

アダム・コールマン(Adam Coleman)、マリカ・コロイベッテ(Marika Koroibete)、アダム・アシュリークーパー(Adam Ashley-Cooper)、ルカン・サラカイアロト(Lukhan Salakaia-Loto)がトライを決めて22-3で前半を折り返したオーストラリアだったが、後半は守備が崩れた。

サモアは一時7点差までに詰め寄ったものの、ワラビーズはその後2トライを奪い、勝負を決めた。

ワラビーズのマイケル・チェイカ(Michael Cheika)ヘッドコーチ(HC)は、W杯本大会直前のけがのリスクを避けるべく、

マイケル・フーパー(Michael Hooper)やカートリー・ビー(Kurtley Beale)、サム・ケレヴィ(Samu Kerevi)、ロリー・アーノルド(Rory Arnold)ら主力を起用しなかった。

一方で、先発入りを目指しているバーナード・フォーリ(Bernard Foley)やジャック・デンプシー(Jack Dempsey)、ウィル・ゲニア(Will Genia)らには門戸が開かれたものの、特段目立つほどではなかった。”(出典:AFPBB News via Yahoo!ニュース

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ワラビーズ、サモア代表を下し、いざワールドカップ

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ワラビーズ、パースでオールブラックスに快勝

ワラビーズ、パースでオールブラックスに快勝

” 4年前のラグビーワールドカップで準優勝したあと、18勝24敗2分と苦しみ世界ランキングは6位まで下がっていたオーストラリア代表“ワラビーズ”だが、再びめぐってきたワールドカップイヤーに、王者を倒した。

8月10日、地元パースのオプタス・スタジアムに6万1241人の観客を集め、ワールドカップの前哨戦ともいえるザ・ラグビーチャンピオンシップ(南半球4か国対抗戦)の最終節でニュージーランド代表“オールブラックス”と激突し、47-26で快勝した。

長年のライバルである両チームの間には「ブレディスローカップ」のタイトルもかかっており、次週の再戦でもワラビーズが勝てば、伝統ある巨大なカップは17年ぶりにオーストラリアのものとなる。

序盤から果敢だったオーストラリアは前半7分にPGで先制し、10分には相手がインターセプトを失敗して空いたスペースを突き、WTBリース・ホッジがハーフウェイから独走した。

ラグビーチャンピオンシップ4連覇を狙うニュージーランドは13分、キック&チェイスでCTBアントン・レイナートブラウンがファイブポインターになり、

17分にはハーフウェイからHOデイン・コールズが突破し、SHアーロン・スミス、WTBリーコ・イオアネとつないで逆転トライを挙げた。

それでもゴールドジャージーのチャレンジャーは勇ましく攻め続け、28分にSOクリスチャン・リアリーファノがPGを決めて再び先行。

40分には、手の骨折から回復して戦列復帰したばかりの黒衣のLOスコット・バレットが危険なプレーをしたとして一発退場を命じられ、流れはオーストラリアに大きく傾いた。

ニュージーランドは後半、14人の数的不利となり、厳しい戦いを強いられた。

PGで加点し16-12で折り返したオーストラリアは46分(後半6分)、敵陣深くで10フェイズ重ねた連続攻撃をFLルカン・サラカイアロトが左隅にフィニッシュ。

その3分後には、CTBサム・ケレヴィがパワフルランでチャンスを作り、サポートしたSHニック・ホワイトがインゴールにダイブした。

追うニュージーランドは55分、敵陣深くに入り、背番号15をつけたボーデン・バレットがSOリッチー・モウンガのパスをもらい、軽快なフットワークでディフェンスを切り裂きトライ。

しかし、7点差に詰められたオーストラリアは62分、ラインアウト後、CTBケレヴィの力強い走りなどで敵陣深くに入り、

クイックリサイクルでフェイズを重ね、ゴール前の密集からWTBマリカ・コロインベテがインゴールに突っ込みリードを広げた。

オーストラリアはプレーのスピードが速く、ディフェンスもアグレッシブで、ブレイクダウンでは主将のFLマイケル・フーパーなどが奮闘。

SNS上での差別的投稿などを理由にオーストラリアラグビー協会から解雇されたイズラエル・フォラウに代わり、背番号15をつけたカートリー・ビールはエキサイティングな走りを何度も披露した。

また、6年ぶりのワラビーズ復帰から2戦目で背番号13を任されたジェームズ・オコナーもフル出場で機能。

オーストラリアの勢いは止まらず、69分にはWTBホッジがテンポのいい連続攻撃をフィニッシュ。

リスタート直後、ニュージーランドにトライを奪い返されたが、ワラビーズは最後まで集中力高く王者にプレッシャーをかけ続け、79分にはFBビールがチーム6本目のトライを決め、熱闘を締めくくった。

両チームは1週間後の8月17日、ニュージーランドのオークランド(イーデンパーク)で再び激突する。”(出典:RUGBY REPUBLIC

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ワラビーズ、パースでオールブラックスに快勝

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ワラビーズ、アルゼンチン代表を下し1勝1敗(2019 ザ・ラグビーチャンピオンシップ)

ワラビーズ、アルゼンチン代表を下し1勝1敗(2019 ザ・ラグビーチャンピオンシップ)

” スター選手だったイズラエル・フォラウが極端な宗教的見解を公に発信して多くの人々を傷つけ、オーストラリアラグビー協会から解雇され、戦力もイメージも大きく低下したといわれる同国代表ワラビーズ。

ワールドカップイヤーだというのに、今季国内初戦(7月27日)の会場となったブリスベンのサンコープスタジアムは空席が目立ったが、

16-10でアルゼンチン代表を下し、ファンの期待とワラビーズ愛を少しでも取り戻せたか。

反則もエラーも多く快勝とはいえなかったが、昨年のテストマッチは4勝9敗(勝率30%)と苦しんだだけに、選手たちにとって勝利は確かなエナジーとなる。

オーストラリアは前半11分、白血病を克服し、3年ぶりのオーストラリア代表復帰で10番をつけたクリスチャン・リアリーファノがPGを決め先制した。

3-3で迎えた32分には、敵陣10メートルラインのスクラムから展開し、SOリアリーファノとの連係にCTBテヴィタ・クリンドラニのおとりも機能してWTBマリカ・コロインベテがブレイクスルー、FBカートリー・ビール、WTBリース・ホッジとつなぎトライが生まれた。

10-3で折り返したオーストラリアは、後半早々にPGで加点し、50分(後半10分)にも、この日優勢だったスクラムでショットチャンスをつかみ、リアリーファノが連続成功で点差を広げた。

69分には、挫折を経て6年ぶりにゴールドジャージーを取り戻したCTBジェームズ・オコナーがフィールドに入り、新たな一歩を踏み出した。

終盤、アルゼンチンにトライを許し6点差に詰められたオーストラリアだったが、なんとかリードを守り切り、会場のファンから祝福の拍手が送られた。”(出典:RUGBY REPUBLIC

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ワラビーズ、アルゼンチン代表を下し1勝1敗(2019 ザ・ラグビーチャンピオンシップ)

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ワラビーズ、スプリングボクスに敗れる(2019 ザ・ラグビーチャンピオンシップ)

ワラビーズ、スプリングボクスに敗れる

” 前回のワールドカップでトップ4を独占した南半球の強豪4か国による「ザ・ラグビーチャンピオンシップ」が7月20日に開幕し、

ジョハネスバーグのエミレーツエアラインパークでおこなわれたオープニングゲームでは、ホームチームの南アフリカ代表が35-17でオーストラリア代表に快勝した。

ワールドカップ2019日本大会の開幕まで2か月となり、選手にとっては大舞台のスコッド入りへアピールの場ともなるこの大会。

南アは、23歳のSHハーシェル・ヤンキースが背番号9をつけて鮮烈デビューを果たし、2トライを含む活躍でマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。

南アは前半11分、NO8フランソワ・ロウがブレイクダウンでターンオーバーしたあと、

クイックハンズでボールを回し、WTBシブシソ・ンコシがタッチライン際を駆け上がり大きくゲイン、

サポートについていた身長167センチのSHヤンキースがパスをもらってゴールに持ち込み、先制でチームに勢いをつけた。

24分にはFLピーター=ステフ・デュトイが抜けてチップキックを放ち、

チェイスしたSHヤンキースがボールを手にゴール目前まで迫り、その後はFWがパワープレー、LOルード・デヤハーがゴールライン上に押さえた。

一方、18分にチャンスを作りながらスローフォワードでトライを逃していたオーストラリアだが、

29分に敵陣深くに入ると、パワフルランナーのCTBサム・ケレヴィが中央にディフェンダーを集め、すばやく右へ展開し、WTBデイン・ハイレットペティがタックラーをかわしてトライを決めた。

だが、オーストラリアは34分にもキック&チェイスでハイレットペティが連続トライのチャンスだったが、ゴール前でボールを拾い上げられず落球し、これがのちに響いた。

14-10で折り返し、54分(後半14分)に危険なプレーをしたオーストラリアのPRタニエラ・トゥポウにイエローカードが出て数的有利となった南アは、ゴール前で攻め続けてWTBンコシがトライ。

62分には敵陣深くのラックからショートサイドを突いたSHハーシェル・ヤンキースがインゴールに飛び込み、点差を広げた。

背番号10のSOエルトン・ヤンキースもプレースキック好調で、着実に加点。

追うオーストラリアは71分、後半から出場のFBカートリー・ビールがハーフウェイ中央から抜けてSOバーナード・フォーリーのトライを演出したが、

最後にゲームを締めくくったのは南アで、試合終了前、新鋭のハーシェル・ヤンキースに刺激を受けたに違いない途中出場のベテランSHコーバス・レイナーが俊敏な動きでトライを決め、南アの快勝となった。”(出典:RUGBY REPUBLIC via Yahoo!ニュース

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ワラビーズ、スプリングボクスに敗れる(2019 ザ・ラグビーチャンピオンシップ)

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:リッチー・マコウ氏、ワラビーズのサプライズを予言!?

リッチー・マコウ氏、ワラビーズのサプライズを予言!?

” ラグビーのニュージーランド代表「オールブラックス」で主将を務めた元選手のリッチー・マコウ氏は18日、

オーストラリア代表には9月に日本で開幕するワールドカップ(W杯)でサプライズを起こせるポテンシャルがあると評価した。

オーストラリアは昨年13試合中わずか4勝しか挙げていないが、W杯で2回優勝した実績を誇るマコウ氏はロイターに対して

「彼らはとても競争力があり、勝ち抜いていくために良い状況を作り出していくだろう。彼らは今、どこを相手にしても勝てる力があるので、過小評価はしたくない」と語った。

また、W杯に向けて世間があまりオーストラリアに注目していないことはサプライズを起こす上で重要なことだとする一方、

「ニュージーランドから見れば、彼らが活躍することに何の驚きもない」と評価した。

ただ、オーストラリアでは、同国年間最優秀選手に3回選出された世界的スターのFBイスラエル・フォラウが同性愛者への差別的行動などでオーストラリア・ラグビー協会から契約を破棄され、W杯出場が絶望的となっている。

マコウ氏はこの件に関する直接的なコメントは差し控えたが、

「誰が正しいとか間違っているとかではなく、ワラビーズ(オーストラリア代表の愛称)がやろうとしていることが話題にならないのはオーストラリアのラグビーにとって悲しいこと」と語り、W杯では純粋に競技面が話題になることを願っていた。

オーストラリアはW杯のプールDでフィジー、ウェールズ、ウルグアイ、ジョージアと対戦する。”(出典:REUTERS via Yahoo!ニュース

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:リッチー・マコウ氏、ワラビーズのサプライズを予言!?

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ワラビーズ 、ワールドカップ2019日本大会用ジャージーを発表

ワラビーズ 、ワールドカップ2019日本大会用ジャージーを発表

” 今年9月20日に開幕するラグビーW杯日本大会に出場するオーストラリア、南アフリカ両代表とオフィシャルサプライヤー契約を結ぶアシックスは11日、東京都渋谷区の「アシックス原宿フラッグシップ」でW杯本番で着用される新ジャージーの発表会を行った。

ともに3度目の世界一を目指す両国のジャージーに共通する開発コンセプトは「アンストッパブル(勢いを止められない)」。プレーヤーの動きを阻害せず、

また攻撃側の時には相手に止められないことを重視し、15年W杯後から本格的に開発をスタートさせたという。

特徴的なのは形状だ。15年W杯ではジャージーをつかまれた場合のタックル成功率が100%だったというデータを元に、よりつかまれにくい形を追求。

現役ラグビー選手の体を3Dで採寸し、「胸囲は大きいが、ウエストは小さい。

ギャップが大きいため、ウエスト周りに余分が生まれてつかまれやすい」(同社スポーツ工学研究所アパレル・エクィップメント昨日研究部アパレル機能開発チーム・小沢明裕氏)という答えをはじき出したという。

その結果、着心地やフィット感を保ちながら、ウエスト部分を絞った形状に。実際に両国の代表選手を研究所に招いて行ったテストでも、つかまれにくいという結果を得られたという。

その他にも軽量性、速乾性、強度など10以上の項目を設定し、全てクリア。素材も20種類以上を試作した上で、最も適したものを採用したという。

パスキャッチやハイボールキャッチがしやすいよう、グリッパーと呼ばれる滑り止めも配置。

両国のプレースタイルに合わせ、グリッパーの配置箇所を調整するなど、パンツ、ソックスを含めて細部にこだわった新戦闘服だ。

デザイン面でもリニューアル。オーストラリア代表用は「クラシック&モダン」、南アフリカ用は「レガシー&テクノロジー」がテーマだという。

特に南アフリカは、開催国として初出場初優勝した1995年大会のオリーブグリーンを再現。襟部分も以前よりも赤みがかった黄色となり、映画「インビクタス」でも描かれた栄光のジャージーの復刻版と言えるデザインに回帰した。

発表会に出席した元オーストラリア代表主将のスティーブン・ムーア氏は「アシックスのテクノロジーで毎回ジャージーが進化している。

選手にとっても誇りに思える」と絶賛。元日本代表主将の菊谷崇氏も「ジャージーをつかまれるのが一番厄介。それが解消されるのはいいこと」と話した。”(出典:Sponichi Annex

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ワラビーズ 、ワールドカップ2019日本大会用ジャージーを発表

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:イズラエル・フォラウ選手のRugby Australia解雇処分確定

イズラエル・フォラウ選手へのRugby Australia解雇処分確定

” 同性愛者への暴言を繰り返していたラグビーオーストラリア代表のイズラエル・フォラウ(Israel Folau)の代表からの除外が20日に正式決定した。

オーストラリアラグビー協会(Rugby Australia)が下した解雇の決断に対して、フォラウは72時間の期限内に異議申し立てを行わなかった。

ゲイやその他の罪人には「地獄が待っている」と発言したフォラウに対して、3人の第三者から成る審議会は「重大な」行動規範違反を認定し、協会が4年間の大型契約を打ち切ることを認めた。

フォラウには異議申し立てを行い、新たなパネルの下での別の審議会の開催を要請する権利があったが、その道を選ばなかった。

フォラウは協会の発表後にコメントを出し、「ラグビー界でやり残したことがたくさんある」と述べた上で、「考え得るすべての道」を検討していると明かした。”(出典:AFPBB News via Yahoo!ニュース

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:イズラエル・フォラウ選手のRugby Australia解雇処分確定