「オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所」カテゴリーアーカイブ

オーストラリア ライフスタイル & ビジネス研究所:(2018年6月)月内に人口2,500万人突破へ

(2018年6月)月内に人口2,500万人突破へ

” オーストラリアの人口が今月中にも2,500万人を突破すると予想されていることが、豪政府統計局(ABS)の調査で分かった。

ABSのウェブサイトによると、20日現在の人口は2,497万2,251人という。

2003年の人口は約2,000万人。13年の人口は2,300万人、16年には2,400万人で、1分24秒に1人増えている計算になるという。

先進国の中でも高水準の移民増加率で、100年前からは5倍に増加した。

現在の永住権取得者数は毎年19万人で、人道ビザを含むと20万人を超える。以前の移民受け入れは毎年平均7万人だった。

ワンネーション党党首のポール・ハンソン氏や実業家のディック・スミス氏は、以前の受け入れ人数に戻すことを主張している。

クイーンズランド州全体の人口は先月、500万人を超えた。ニューサウスウェールズ州シドニーでは既に16年に500万人を超えた。

■メルボルンで人口増加抑制
ビクトリア(VIC)州の野党自由党のマシュー・ガイ党首がこのほど、11月の次期選挙に向けて、メルボルンの都市計画におけるゾーニング(用途別の地域区画)関連の法律を改正すると公約した。

同氏は「メルボルンには700万人も暮らすことができない。方向を変える必要がある」と述べた。

現労働党政権は、ガイ党首がVIC州首相当時に制定したゾーニング規制を取り払い、25%の「ガーデンエリア」が維持されている限り、

400平方メートル以上のブロックで自由に住居を建てられるとしている。一方、ガイ氏は再び規制を行うことを提案している。”(出典:NNA ASIA

続きを読む オーストラリア ライフスタイル & ビジネス研究所:(2018年6月)月内に人口2,500万人突破へ

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:Socceroos、デンマークと引き分けて最終戦に望みを託す(2018 FIFAワールドカップ)

Socceroos、デンマークと引き分けて最終戦に望みを託す(2018 FIFAワールドカップ)

” 現地時間21日に行われたロシアワールドカップ・グループリーグC組第2節のデンマーク対オーストラリアは、1-1の引き分けに終わった。

初戦でペルーに勝利したデンマークと、フランスに敗れたオーストラリアの一戦。より勝ち点3が欲しいのはオーストラリアだったが、良いスタートを切ったのはデンマークだった。

立ち上がりから攻め込んだデンマークは、7分に幸先良く先制する。ペナルティエリア内でパスを受けたヨルゲンセンがうまく落とすと、フリーで入ったエリクセンがダイレクトで決めて1-0とした。

その後も主導権を握るのはデンマークだが、追加点のチャンスをいかせない。

すると、オーストラリアは前半のうちに追いつく。37分、レッキーがヘディングシュートを放つと、ボールは競り合ったポウルセンの手に当たった。

ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)で確認してPKとなり、イェディナクが2試合連続のゴールを決める。

後半はオーストラリアが攻め込む形に。前半から目立っていたレッキーのサイド攻撃やミドルレンジからのシュートで逆転弾を狙う。

だが、74分にナバウトが肩を痛めてプレー続行が不可能になるアクシデントに見舞われてしまう。

途中出場の19歳アルザーニがアクセントになるが、それでもあと一歩ゴールに届かない。

時間の経過とともにデンマークは引き分けでも問題ないという戦い方となり、オーストラリアは使えるスペースが限られた。

結局、試合は1-1のまま終了。オーストラリアは敗退決定を免れたが、求めていた結果は得られなかった。

26日のグループリーグ最終戦で勝ち点4のデンマークはフランスと、勝ち点1のオーストラリアはペルーと対戦する。”(出典:FOOTBALL CHANNEL

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:Socceroos、デンマークと引き分けて最終戦に望みを託す(2018 FIFAワールドカップ)

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:日本が「信頼できる外国の第2位」に選出

日本が「信頼できる外国」の第2位に選出

” オーストラリアのシンクタンク、ローウィー研究所は20日、日本が「信頼できる外国」の2位となり、

「信頼できる世界の指導者」でも安倍晋三首相がオーストラリアのターンブル首相(3位)を上回る2位だったとの世論調査結果を公表した。調査対象は1,200人。

「信頼できる外国」の首位は英国で、3位以下はフランス、インド、米国、中国の順。

「信頼できる世界の指導者」はメイ英首相がトップ。4位がフランスのマクロン大統領、5位が中国の習近平国家主席。トランプ米大統領は7位だった。”(出典:共同通信

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:日本が「信頼できる外国の第2位」に選出

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:オーストラリアのSNS映えスポットランキング PART 2

オーストラリアのSNS映えスポットランキング PART 2

” 第4位 エバーラスティング街道/パース
まるで絨毯のように大地を覆うワイルドフラワーの群生地として有名。毎年7月下旬~9月中旬に12,000種の花々が咲き誇る。

ワイルドフラワーとは、様々な自然環境下で自生する野生の花々のこと。他の大陸から独立したといわれる西オーストラリアでは、このエリア特有のユニークな花々がたくさん観られます。「ワイルドフラワー」をもとめて世界中から観光客が訪れる。

第5位 クレイドルマウンテン/タスマニア
世界遺産クレイドルマウンテン国立公園は、最後の氷河期に氷河の力によって作られており、

神秘的な自然美あふれる山と湖、人に慣れていない野生動物、手つかずの樹木など大自然の宝庫。オーストラリア本土では決して見られない植物も生息。

第6位 ブライトンビーチ/メルボルン
メルボルン中心部から南東に電車で30分ほど行ったところにあるビーチ。ブライトンの町はメルボルン近郊でも屈指の高級住宅地で、

町の名前はイギリスにある同名の海辺の町にちなんで付けられた。弓なりに続く美しいビーチと、その砂浜に並ぶ約90軒ものカラフルでフォトジェニックなビーチ小屋が特徴だ。

第7位 サ-ファ-ズ・パラダイス/ゴールドコースト
オーストラリア有数のリゾート地として有名な「サーファーズ・パラダイス」は数多くのホテル、レストラン、ショップが揃う、ゴールドコーストで一番の繁華街。

南北に全長57km続く白くサラサラな砂浜と透明な海のコラボレーションはとても美しく、朝日が昇る瞬間は息を呑む美しさ。1年中、世界各地から集まるサーファーや観光客で賑わいをみせている。

第8位 ブルーマウンテンズ/シドニー
シドニーの西約100kmに位置する雄大な景色の山岳地帯。地名の由来は、山々を覆うユーカリの葉から蒸発するユーカリの油滴が日光に照らされてブルーの霞をたなびかせている。

ブルー・マウンテンズのシンボルともいうべき「スリー・シスターズ」は自然の造形によってできた3つの奇岩。

美しい3姉妹が岩に変えられてしまい人間に戻れなくなってしまったという、アボリジニの伝説から名付けられたと言われている。

第9位 ピナクルズ/パース
大自然が長い歳月をかけて造りあげた砂漠の彫刻。パースの北に続く静かな海辺、ナンブング国立公園の中にあります。

ナンブング国立公園はまさに不毛の大地。黄色い砂の丘に風化作用でできた岩の塔ピナクルズが無数に突き出ている。

砂漠といっても、この公園があるのは青いインド洋の海辺。パースから北に伸びる静かな海沿いにあり、車なら約3時間で行ける。

第10位 カルバリー国立公園/パース
パースから北に約600kmの場所にある「カルバリー国立公園」はレッド・リバー・ガム(ユーカリの一種)や海食崖、うねるような砂丘、野生の花々が魅力です。

公園内にはところどころに壮大な大地を見渡すことができる展望台があり、「ザ・ループ」と呼ばれる岩の窓からみるマーチソン川はまさに絶景。

ごつごつとした赤い岩のイメージがあるカルバリー国立公園ですが、7月下旬~10月まで、バンクシア、グレビリア、カンガルーポーなど約800種類のワイルドフラワーが赤い大地に色を添える。

直近2年の日本人の海外渡航者数は増加傾向にあり、その中でも、日本からオーストラリアへの旅行者数の伸び率が高く、2017年には43万人に到達した(オーストラリア政府統計局より)。”(出典:DIME

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:オーストラリアのSNS映えスポットランキング PART 2

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:秩父宮みなとラグビーまつり2018  ワラタス、ブランビーズとも惜敗

秩父宮みなとラグビーまつり2018  ワラタス、ブランビーズとも惜敗

” ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会を盛り上げるためのイベントが17日、東京・秩父宮ラグビー場周辺で開かれ、

トップリーグ(TL)とスーパーラグビーのオーストラリア勢2チームによる親善試合で、TL2連覇中のサントリーがブランビーズに28―26で競り勝ち、NECもワラタスを29―26で破った。

イベントのためにスタジアム前の道路が一部規制され、W杯開催会場の各自治体によるPRブースや飲食屋台が出店、トークショーなども開かれた。

元日本代表のプロップ畠山(サントリー)は「ラグビーに対してポジティブな印象を持ってもらえたと思う。いいきっかけになる」と話した。

試合ではサントリーのFB尾崎ら新人が躍動した。新シーズンに向け、沢木監督は「若い選手が高いレベルを経験できたことはいい勉強になった」と満足そうに話した。”(出典:日本経済新聞

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:秩父宮みなとラグビーまつり2018  ワラタス、ブランビーズとも惜敗

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ワラビーズ、アイルランド代表に連勝ならず

ワラビーズ、アイルランド代表に連勝ならず

” 来年のラグビーワールドカップで日本代表と同組に入る欧州チャンピオンのアイルランド代表は6月16日、オーストラリア遠征の第2戦として、メルボルンで同国代表と対戦し、26-21で競り勝った。[

第1戦を落としていたがリベンジし、ツアー成績を1勝1敗とした。

先制したのはオーストラリアだった。前半1分、CTBカートリー・ビールが敵陣10メートルライン付近から突破し、ゴールへ駆け抜けた。

しかし6分、WTBマリカ・コロインベテが危険なタックルでイエローカードとなり、数的有利となったアイルランドは直後、

ラインアウトからFWのモールで前進したあと右へボールを振り、WTBアンドリュー・コンウェイがトライを決め流れを変えた。

欧州王者はその後、SOジョニー・セクストンのブーツで得点を重ね、16-7とリードを広げる。

だが、連勝を狙うオーストラリアは26分、モール攻撃でペナルティトライを獲得し、2点差に詰めてハーフタイムとなった。

後半の入りが良かったのはアイルランドで、42分、48分、50分とチャンスを作りながら得点できず、16フェイズを重ねたあと左隅にフィニッシュしたWTBキース・アールズの53分のプレーもトライとは認められなかったが、

ゴール前での攻撃は続き、54分、PRタイグ・ファーロングがタックラーを弾き飛ばしてインゴールに押さえ、ようやくスコアボードは動いた。

66分にはPGで3点を加え、26-14となる。

終盤、アイルランドはPRジャック・マグラスが故意の反則でシンビンとなり、相手PRタニエラ・トゥポウにトライを奪われるなどして5点差に詰められたが、辛くも逃げ切った。”(出典:RUGBY REPUBLIC

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:ワラビーズ、アイルランド代表に連勝ならず

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:Socceroos、フランス代表との初戦飾れず(2018 FIFAワールドカップ)

Socceroos、フランス代表との初戦飾れず(2018 FIFAワールドカップ)

” 2018 FIFAワールドカップ ロシアグループD第1節、カザンで行われたフランス代表とオーストラリア代表の一戦はW杯史上初めてVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)によって審判のジャッジが訂正された試合となった。

57分にアントワーヌ・グリーズマンがエリア内でジョシュ・リズドンと接触して倒れた。ウルグアイ人審判のアンドレス・クンハは当初そのプレーを流したが、フランス代表はリズドンのファールを主張した。

結果的に大会3日目でVARが登場する事となった。主審クンハはプレーを確認した後に自身のジャッジを変え、PKの判定とオーストラリア代表DFリズドンにイエローカードを提示した。

グリーズマンはそのチャンスを逃さず、フランスに先制ゴールをもたらした。これがロシアW杯から導入されたVARが初めて適用された瞬間となった。

試合はその後、FCバルセロナ所属DFユムティティの愚かなハンドによるPKをオーストラリアのジェディナクが決め同点に追いつくも、後半終了間際ポール・ポグバの決勝ゴールでフランスが2-1で勝利している。”(出典:SPORTS.es

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:Socceroos、フランス代表との初戦飾れず(2018 FIFAワールドカップ)

オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:オーストラリアのSNS映えスポットランキング Part 1

オーストラリアのSNS映えスポットランキング Part 1

“「世界で最も美しい海岸道路」と称されるグレートオーシャンロード、赤褐色の大平原に堂々とした姿を現しているエアーズロック、世界遺産グレートバリアリーフの真ん中に浮かぶハミルトン島など、オーストラリアには数多くの絶景スポットが存在している。

日本旅行は、SNSに敏感な20代の女性を対象に「“撮ってみたい”と思うオーストラリアのSNS映えするスポット」についてのアンケートを実施し、その結果をランキングとして発表した。

【あなたが”撮ってみたい”と思うオーストラリアのSNS映えするスポットランキング】

第1位 グレートオーシャンロード/メルボルン
メルボルンの南西に全長約250kmに渡って続くグレートオーシャンロード。

「12人の使徒」や「ロンドンアーチ」などの奇岩が連なる美しい海岸線やコアラと出会える国立公園は、メルボルン屈指の人気観光スポット。

個人で訪れるには行きにくい場所なので、日帰りバスツアーに参加するのが定番。CM等で数多く使用され、近年注目を浴びている。

メルボルン線が増便されている今、注目の場所として1位に選ばれた。

第2位 エアーズロック(ウルル)
「エアーズロック」は、周囲9.4km、高さ348mの世界最大級の一枚岩。世界有数の絶景スポットして名高いことは言うまでもない。

現在でも付近の先住民、アボリジニ・アナヌーの人々にとっては聖地であり、彼らはエアーズ・ロックをウルルと呼ぶ。

麓の洞窟にはアボリジニの伝説を表す壁絵が残されている。2019年10月に登山禁止になることが発表され、さらに注目を集めている。

第3位 ハミルトン島
世界遺産グレートバリアリーフの真ん中に浮かび、ウィットサンデー諸島の74の美しい島々に囲まれている。

ジェット旅客機の定期便を持つ空港がある唯一の島。アクティビティーの豊富さはウィットサンデー諸島の中でも随一!ぜひとも参加したいのが、ホワイトヘブンビーチに水上飛行機で訪れる「ドリームツアー」。

空の上からでしかその形が確かめられない、ハートの形をした「ハートリーフ」の観賞が楽しめる。

ハネムーンで訪れる方が多く女性の憧れの場所として3位にランクイン。”(出典:DIME

続きを読む オーストラリア ライフスタイル&ビジネス研究所:オーストラリアのSNS映えスポットランキング Part 1