「column:コラム」カテゴリーアーカイブ

とくに疲れている時なんぞ、電車内で地味に負けられない私的戦い

以前も同様のことを書いたような気しますが、電車内の移動時は本を読み進めたり、仮眠を取ったりといった過ごし方。

寝足りないと疲れていると感じている時は「この時間、寝れるな」といったことが、ささやかなモチベーションのようなものにもなったりしますが、

このところ気になり出したのが、電車内で感じる車輌の型式。

かつて、ニュースステーションの金曜チェックだかで、「電車に乗ったら端っこにいく」といったチェック項目があり、

正しく自分のことですが(笑)「(逆に)そうじゃない人もいるんだー」と。

電車内の過ごし方に話しを戻すと、電車に乗ったら立っているにせよ、座るにせよ、端っこの席を目指し(探し)、

JRの場合だと、まず横の区切りが密閉?されているものの

JRなど一般的な座席部分のエッジ

それが私鉄(小田急)になると旧式なのか、空間が  ↙︎

続きを読む とくに疲れている時なんぞ、電車内で地味に負けられない私的戦い

物欲から切り離されて久しい日々のケセラセラ

先週、調べごとをしていれば・・

出典:流通ニュース(画像は記事にリンク)

(2017/2018)年末年始に買い物される平均額が約8万円。

「幾ら使っただろうなぁ・・」と、大幅に下回っている確証はあり、

続きを読む 物欲から切り離されて久しい日々のケセラセラ

せっかくだから大事にしたい年末年始の過ごし方、お正月考

年末は30日にちょっと現場立会いを依頼されたので、年末年始の休暇(連休)期間は大晦日から(1月)3日まで。

昨年(2017年)夏にまとまって取っていなかったように思い、貴重な休み、休み、休み、休みの4日間でしたが、

このところ世の中的に話題となっているのが、元旦営業の是非論。一時は、年がら年中(営業)お構いなしといった感じで

街歩きしていても、節目(時期)を感じることは少なかったですが、

今年はさすがに元旦は(営業している店舗)半分程度といった体感で、閉まったシャッターに貼られた「新年の営業は*日から」といったお知らせに年が改まった感じを。

また、紙の年賀状も肯定派で、元旦などに届くと嬉しかったり、正月を感じるポイントです。

一部で話題となっていた1月2日のスーパームーン

さすがに2日になると、営業している店舗の数も格段に多くなり、正月の色合いも弱まり、

続きを読む せっかくだから大事にしたい年末年始の過ごし方、お正月考

あと数時間で2018年、そんな頃合い大晦日に振り返る2017年

もう間もなく、2018年を迎える大晦日。という段階で、2017年を振り返ると・・

4月のSteven Tylerに、

<< 2017年4月17日投稿:画像は記事にリンク >> STEVEN TYLER JAPAN TOUR 2017 大阪公演に行って、STEVENの優しさとロックの伝説の凄みを体感してきた

6月の高田文夫さんに、

高田文夫さんが残してくれた、悩んでいるのがバカらしくなる「笑言集」:『また出た 私だけが知っている金言・笑言・名言録 ②』読了

11月のアントニオ猪木さんと

<< 2017年11月5日投稿:画像は記事にリンク>> アントニオ猪木さんのトークイベントで、愛とスター性を存分に感じてきた(アントニオ猪木さんプレミアムカレンダー2018 発売記念来場イベント参加記 )

「(今年も)いろいろな人に会えたなぁ」と。

続きを読む あと数時間で2018年、そんな頃合い大晦日に振り返る2017年

橘玲さんの「好きなことにすべてつぎ込む」のメッセージにガツンとやられた

先週、Facebookを眺めていて、一番のインパクトのあったメッセージ ↓

出典:橘玲公式Facebookページ(画像はFROGGYの記事にリンク)

「好きなことにすべてつぎ込む」

言葉の主は、しばしば取り上げている作家の橘玲さんで、メディア(FROGGY)の取材に応じた際の発言を出典としています。

その要旨を出典から抜粋すると・・

続きを読む 橘玲さんの「好きなことにすべてつぎ込む」のメッセージにガツンとやられた

高城剛さん、加藤一二三九段の何れもが著書で説いた「強く願う」ことの大事さ

最近、読了した本の中で、著者に関連性がないのだけれども、描いてあることが共通していることがあって、

一つは高城剛さんの・・

” 超最先端医療は「意識革命」だという医師も多い。「偽薬のプラシーボ効果が科学的に実証されているように、

効果ある薬をさらに強力に効果があると思い込めば、その効果は倍にならずとも、それなりにプラスになるのは間違いない」と話す。

これは事実として、すでに多くの論文データが示している。また、このような「強い意識」を持つことは、病気だけに限らず、ダイエットやトレーニングにも効果が高い。

このような「強い意識」は、よくスピリチュアル界隈で言われる、外界を変える「引き寄せの法則」とは違い、あくまでも自己の体内の科学的変化の要因を探る話だ。

「強い意識」を持つことが、脳を強力に働かせることに成功し、それによって各種ホルモンや神経伝達物質が物理的に動きはじめる未解明の人間の可能性について、世界中で研究や討議が繰り返されている。

だからと言って、脳がすべてではなく、外的な治療やトレーニング、たとえば投薬からジョギングなどと、強く思う「意識革命」とのかけ算が、想像以上に大きな効果を生むことも明らかになってきた。

「病は気から」とは、よく言ったものだ。まだまだ科学では解明できていない人間の「意識」や、おそらく体を取り巻く「気」のようなものを入り口にし、ニュートン力学では説明できない世界へとアクセスし、

今後は病気をコントロールするようになる時代が遠くないのかもしれない。さらには、人間の能力を大幅にバージョンアップする可能性があるのではないか、と僕は考えている。”(出典『不老超寿』p-179-180)

他方は、加藤一二三九段の

” 敗北に打ちひしがれている方、挫折を味わっている方にイエスの言葉を教えれば、何かの突破口になると私は信じています。

聖書はイエスの教えを集めたものですが、そこにある描写はインパクトの強いたとえ話、誇張法になっていることが多いのですね。

やはり強い印象を与えないと教えが残りませんから。教えをいくつか挙げますと、

「善行を自画自賛するな」

「とにかく粘り強く願え」

「人に願う姿を見せるな」

・・中略・・

また2番目の教えは「求めよ、さらば与えられん」という言葉につながります。これは努力の大切さを伝えている教えですが、「しつこく願う=努力」ということになるのです。

淡白さを美徳としている日本社会ではわかりにくいかもしれませんが、キリスト教の教えはそれとは真逆にあるのです。”(出典『負けて強くなる  通算1100敗から学んだ直感精読の心得』p212-213)

表現は違えど、また表現が生み出された切り口は高城剛さんの本は医療、加藤一二三九段はクリスチャンであるプロフィールに関連して聖書からと異なれども、

意識に強く働きかけることの重要性について説かれており、

誰でもやろうと思えば出来るけど、(おそらく)殆どの人が出来ていないであろう大事な心がけ、今一度、胸に留めておきたいことです。

因みに、格闘技界のレジェンド Rickson Gracie:ヒクソン・グレイシーが色紙に好んで書く言葉(座右の銘?)も、Strong Spiritですね。

 

いざ、細切れの時間。携帯電話に、読書に、或いは何もせずと、人それぞれそれですが

↑の写真は昼食時、よく立ち寄る行列の出来る人気店でのワンシーン。

大概30〜40分は並ぶので「丁度いいっか」と、列に並びながら読み始めた本を先へ先へと進めていましたが、

わざわざハードカバーの本を持ち込んでいった状況に次第に、やがて「(ちょっと)あなた浮いてますよ」的な空気を感じ、

周囲を見回してみると・・

続きを読む いざ、細切れの時間。携帯電話に、読書に、或いは何もせずと、人それぞれそれですが

続けるべき?中断すべき?旅行中の日々のルーティン考

夏休み2日目。

<< 2017年9月2日投稿:画像は記事にリンク >> カレンダーも周囲も秋めいてきたところで、ようやく夏休み(の小旅行)

前回の記事↑でも「非日常」と書きましたが、日常との距離を如何に取るかは自分の心がけ次第で、

昨日は宿泊先の部屋に戻った際、うっかりTVの電源を入れてしまい・・

続きを読む 続けるべき?中断すべき?旅行中の日々のルーティン考