「吉田豪」カテゴリーアーカイブ

吉田豪さんが迫ったワルそうなレジェンドたちの遍歴:『超人間コク宝』読了

先週、中間記⬇︎をアップロードした

<< 2020年11月7日投稿:画像は記事にリンク >> 吉田豪さんが迫ったワルそうなレジェンドたちの遍歴:『超人間コク宝』中間記

プロインタビュアー吉田豪さんの『超人間コク宝』を読了。

その浅からぬ

その(中間記)後、登場するのは

 HIRØ

 木下盛隆

 香山リカ

 みうな

 手島優

 坂口杏里

 川田利明

 高野政所

 クールス・佐藤秀光

 谷隼人

の10名(敬称略)。巻末の「あとがきにかえて」から拾うと

続きを読む 吉田豪さんが迫ったワルそうなレジェンドたちの遍歴:『超人間コク宝』読了

吉田豪さんが迫ったワルそうなレジェンドたちの遍歴:『超人間コク宝』中間記

プロインタビュアー 吉田豪さんの「ワルそうなレジェンド濃厚インタビュー集」のコピーが帯に踊る新刊『超人間コク宝』を読み始めてから半分程度のところまで到達したので、そこまでのおさらい。

本書は、雑誌『実話BUNKA超タブー』での連載が一冊にまとめられたもので、

吉田豪さんの取材対象となり、これまで読み終えたレジェンドは

 前田五郎

 敏いとう

 上條英男

 ハリー木村

 つのだ☆ひろ

 田代タツヤ

 竹熊健太郎

 シルク

 美勇士

の9名(敬称略)で、名前程度は辛うじて・・ そもそも名前すら・・ といった顔ぶれ主体ながら

続きを読む 吉田豪さんが迫ったワルそうなレジェンドたちの遍歴:『超人間コク宝』中間記

吉田豪さんがプロレス、格闘技系本に下した鉄槌と評価:『書評の星座 吉田豪の格闘技系本メッタ斬り 2005-2019』読了

プロ書評家 吉田豪さんの書評集『書評の星座』を読了。

先月(2020年7月)末に読み始め記⬇︎ をアップロードしてから

<< 2020年7月30日投稿:画像は記事にリンク >> 吉田豪さんがプロレス、格闘技系本に下した鉄槌と評価:『書評の星座 吉田豪の格闘技系本メッタ斬り 2005-2019』読み始め

程なく「(悪い意味ではなく)読んでも読んでも終わらないなぁ」といったボリューム感に圧倒されながらも、

“「あの試合はね、当初の契約段階では、ベイダーが『ダウンする』(最終的に負ける)ことに決まっていた。”(p285)

なる、その昔、真冬(12月)の神宮球場まで観に行った高田延彦対スーパーベイダー戦の舞台裏の言及が興味深く感じた『覚悟の言葉 ー 悩める奴らでてこいや!』(の回)に、

実際、自分が読んでいた ⬇︎

続きを読む 吉田豪さんがプロレス、格闘技系本に下した鉄槌と評価:『書評の星座 吉田豪の格闘技系本メッタ斬り 2005-2019』読了

吉田豪さんがプロレス、格闘技系本に下した鉄槌と評価:『書評の星座 吉田豪の格闘技系本メッタ斬り 2005-2019』読み始め

プロ書評家、プロインタビュアー、コラムニストなどの肩書きで独自の領域を築かれている吉田豪さんの『書評の星座  吉田豪の格闘技系本メッタ斬り 2005-2019』を読み始めてから、1から147まで項目立てされているうちの40まで読み終えたので、そこまでのおさらい。

春頃、吉田豪さんがラジオ番組に出演されているYouTube(音声のみ)を再生して以来、立て続けに選択していた時期があって、内容の独自性、興味引かれる感じから「サイン本があれば本を買ってみよう」と思っていて

巡ってきたサイン本入手機.-

若干のラグを経てサイン本に遭遇し ➡︎ 入手。

トンデモ本から掘出し物まで

本書は、

” 2005年から始まった『ゴング格闘技』の書評連載をまとめたものだ。”(p3)

というもので、実に481ページに及ぶカテゴリー(格闘技・プロレス)内での様々出版された書評のみをひたすら読み込んでいくといういまだかつてない経験で、ペースはスローながら着実に進んできました。

読み始めて2日目で印象に残ったのは、ろくずっぽ事実確認されていないトンデモ本に、UWFの暴露本の多さに、

頻繁に登場する前田日明さんの(良くも悪くも?)一貫した姿勢が際立っていたり、須藤元気さんの振れ幅の大きさであったり・・。

取り上げられている本の殆ど承知していなかった中、

続きを読む 吉田豪さんがプロレス、格闘技系本に下した鉄槌と評価:『書評の星座 吉田豪の格闘技系本メッタ斬り 2005-2019』読み始め