ターンアラウンド180°

 

想定外の事は起こる

よもやっ・・ の展開に、己に愕然とするものの、程なくバックアップを考え、振り返ってみれば、そこからのリカバリーはいい感じであったものと。

 

瞬時に、断ち切る力

ポイントは、瞬時にリセットして次に集中する切り替えと、立ち止まらず、動きながら考える事でした。

 

動き続けるは、鮫の如く

締切りがあると余計な事を排除して、やるべき事に集中しやすくなり、世に言う「締切り効果」を再認識。全般、低調な感じに推移していきましたが、動いているうち良くなっていたのも、立ち止まらなかった効用、と思ふ。

 

先日、読了した外務省のラス・プーチンと称された佐藤優さんの著作(人に強くなる極意)でも、「明日できることは今日やらない」の項目の中で、上記に類似した指摘があったと記憶。

何かをなくせば・・ 何かを得ることができる。

有るに溢れた今

「ない世界」を読了。ケータイのない世界・・ 怒らない世界・・ 行きつけのない世界・・ 等々、著書の選択した12のシチュエーションで、様々な気付きがシェアされた一冊でしたが、

失って得られる「何か」

個人では、冒頭「はじめに」で記されていた 「何かをなくせば何かを得ることができる。」の一文が読んで数日した今も脳裏に焼き付いた感覚です。

誰しもに捨て去る時期

経営コンサルタントとして有名な神田昌典さんも、ある時期(確か40代前半と記憶していますが)が訪れると、一旦、身に付けたものを全て捨てねばならないといった事を言われていたかと思いますが、

記憶では、確かそれが40代前半。自分の今と重なりますが、とかく捨てると捨てた事、マイナス部分に意識がいきがちですが、失って、代わりに入り込んでくるモノ。

その視点、心に留めていたいです。

声も、その人を表現する手段なり

その道に伝説あり

直行で本日オープンを迎える商業施設の最終現場確認。徐々に明りが灯って行く感じになるのですが、後続のテナントさんは夜の銀座では名を馳せられた人で、初日には財界等の錚々たる方々がお店に顔を出されるとか。

 

袖触れ合う瞬間は唐突に

で、午後、直通電話にかかってきた電話を取れば、その方からの電話。契約に絡んでの事で、ご丁寧に手順の確認で、物腰の柔らかさに何となしに引き寄せられる感覚を。

 

我に当てはめてみると・・

事前のインプットが多分に影響していたのでしょうが、せっかくなら声を通じてのみでも、相手に好感を持たれるのは身に付けたい術であるなと。その前に流れる人物評も、大きく影響する事が、今日の経験を通じて分かります。

一人一日ファン(自分を応援してくれる)を作る心掛けなんて、面白そうですね。

 

なくしてから得られる感覚

 

ない世界

今、読んでいる本は、確かVISAの会報誌で知った「ない世界」。今朝の通勤時、読み進めていたところから・・

携帯電話であったり、怒りであったり、日常的なものから敢えて距離を置いたところで著者の江口宏志さんの感じたところが綴られています。

 

寝るからスタートする一日

「明日のない世界」という章で、時計のない世界を試みたものの早々に断念を強いられるも、規則正しい生活を心掛け、毎日寝る時間を決めてから、

何時に起きると過ごしやすいかの時を探って行ったところ、一日のリズムが好転したそうな。因みに、江口さんは00:00就寝の6:30起床。

 

寝る時間を決める

更に、週次管理にも意識が及んで、日曜午前に教会へ礼拝に行ってみたところ新しい感覚を味わえたそうな。

章の結論で「何時に起きる。じゃなくて何時に寝る。」と記されていますが、この視点、新鮮ですね。さて、現在23:28・・ 目標00:15 zzz

 

 

New World WordPress

enter the WordPress

元来ブログを日々綴っている期間が長かったものの、特にFacebookをやり始めてから、反応の得やすさから、すっかりブログに対する情熱が失せてしまいましたが・・

長い目で考えると、記事がフローされてしまうFacebookよりも、ストックされるブログの方に魅力を感じ始め、夏ごろよりWordPressの習得を目論んでいたものの

入門書の読み込みであったり、後回しを連続させてしまったりで、出だし躓き。

 

師事を乞う

このままではならぬと、その道のエキスパート井ノ上さんのWordPress入門セミナー開催を知り、先延ばしに決着。晴れて、舞台作りを昨日終えました。

WP-1130

 

 

新たな基盤作りを

Facebook、Twitter、ブログと情報発信の手段は様々ですが、今週末をキッカケにブログを上手く自分自身の拠点として育ててゆきたく思っておりますので、こちらをご覧の皆さま!

お付き合いのほど、宜しくお願いします。

「冒険」に出たものだけが、大きな果実を手にすることができる