「Christopher Nolan」カテゴリーアーカイブ

クリストファー・ノーラン製作で帰ってきたスーパーマンと、その世界観:『マン・オブ・スティール』鑑賞記

 

このところマイ・ブームの クリストファー・ノーラン作品から『マン・オブ・スティール』を鑑賞。

IMG_6798

IMG_6799

本作での(クリストファー・ノーランの)役割は、監督ではなく原案/製作者。

続きを読む クリストファー・ノーラン製作で帰ってきたスーパーマンと、その世界観:『マン・オブ・スティール』鑑賞記

クリストファー・ノーラン監督が描く日常に潜むダークサイドへの誘惑:『フォロウィング』鑑賞記

 

夜間の空き時間に急遽、3日連続でクリストファー・ノーラン(監督作鑑賞)〜

1日目 >> クリストファー・ノーラン監督が描く現実と夢が交錯する世界:『インセプション』鑑賞記 <<

2日目 >> クリストファー・ノーラン監督が描く記憶が失われた世界での苦悩と葛藤:『メメント』鑑賞記 <<

今回はデヴュー作『フォロウィング』。「急遽」というのは『メメント』を返しに行った際に、「あるかな・・」と店内の端末で検索してみたところ・・

1本の在庫がある事を発見して、レンタルに至った次第。 続きを読む クリストファー・ノーラン監督が描く日常に潜むダークサイドへの誘惑:『フォロウィング』鑑賞記

クリストファー・ノーラン監督が描く記憶が失われた世界での苦悩と葛藤:『メメント』鑑賞記

 

連日でクリストファー・ノーラン監督作品を鑑賞。今回はデヴュー2作目との『メメント』。

IMG_6709
今回も在庫3本「貸出中」ながら、返却されたタイミングの1本を貸出

IMG_6701

前日 >> クリストファー・ノーラン監督が描く現実と夢が交錯する世界:『インセプション』鑑賞記  <<

続きを読む クリストファー・ノーラン監督が描く記憶が失われた世界での苦悩と葛藤:『メメント』鑑賞記

クリストファー・ノーラン監督が描く現実と夢が交錯する世界:『インセプション』鑑賞記

 

予定無き夜は、『インセプション』をレンタルしてきて視聴。

IMG_6700
別パッケージには「こんな面白い作品は久々」といったような評価が掲載され、期待度⤴️

IMG_6701

続きを読む クリストファー・ノーラン監督が描く現実と夢が交錯する世界:『インセプション』鑑賞記

新宿ミラノ座閉館に感じたノスタルジー。自分史で思い出の場所がまた一つ消えていく

 

前回投稿の『インターステラー』を鑑賞した動機の大きな要因に、上映館が年内で閉館となる新宿ミラノ座であった事。

>> クリストファー・ノーラン監督が壮大なる宇宙空間を舞台に描いた家族の絆:『インターステラー』鑑賞記 <<

IMG_6521
2014年12月31日で閉館となる新宿ミラノ座

IMG_6520

勝手なもので、確か前回ミラノ座で映画を観たのは昨年春頃の『シャッターアイランド』であったと記憶。

映画自体は観に新宿へ足を運んでいたものの、ミラノ座はとんとご無沙汰で、無くなると聞くと急に郷愁の念に駆られました。

続きを読む 新宿ミラノ座閉館に感じたノスタルジー。自分史で思い出の場所がまた一つ消えていく

クリストファー・ノーラン監督が壮大なる宇宙空間を舞台に描いた家族の絆:『インターステラー』鑑賞記

 

身近のところで話題となっていた『インターステラー』を劇場体感してきました。

『インターステラー』予告編

話題のロードショーとなっているかもしれませんが、最初は公開直後に友人のFacebookの投稿で知り・・

内容に興味を持ったはいいが、上映時間(169分)の長さに尻込み(笑)

それでも、鑑賞しようと思っていたのは、上映館が年内に閉鎖となる新宿ミラノ座であった事。 続きを読む クリストファー・ノーラン監督が壮大なる宇宙空間を舞台に描いた家族の絆:『インターステラー』鑑賞記